夏祭クラシックス

真夏のクラシックイベント、夏祭クラシックスのブログです。 夏祭クラシックス2019は2019/8/17ミューザ川崎シンフォニーホールにてヴェルディ・レクイエムを中心に演奏します。

夏祭クラシックス2019は
ヴェルディ「レクイエム」&ポンキエッリ「エレジア」

日時:2018年8月17日 14:00開演予定
場所:ミューザ川崎シンフォニーホール

高音

ベートーベン第九合唱の高音はとにかく高い!

ベートーベンの第九は年末に毎年聴いているし、
ソプラノなら主旋律で知っているから何とかなるだろうと思いきや、
歌ってみると思った以上に大変であることに気がつきます。


とにかく高音が高い!ベイコール合唱団で他の歌を
歌っていて、「この高音きついなぁ。」ってことがあっても、
「第九と比べれば全然低いから大丈夫だよ。」ってこともしばしば。
男声のテノールパートも結構な高音が出てくるのが第九です。


高音が出てくる前には「来るぞ来るぞ!」と身構えて
準備をして発声するのですが、どうもうまく行かず。
高音で長く伸ばす音になると更にうまくいかないことの
繰り返し。もう窒息寸前状態までがんばっちゃうんですね。


最初、初心者として第九合唱団に入った頃、
「難しいところは、がんばって無理をしすぎず、
経験者の方にお任せするつもりで、少し
ゆったり構えて大丈夫ですよ。」


みたいなことを言われた覚えがあるのですが、
その時は、先のことなどわからず、やる気満々ですから、
「いや、そんな他人任せだなんて申し訳ないから、がんばりますよ!!」
と思っていたのですが、数回経験した今だから、
ちょっとその意味がわかります。


がんばるといい声が出ないんです。
もちろん、練習は頑張らなければいけないのですが、
声を出すことをがんばろうとすると逆効果。


リラックスして喉をしめないようにして、
無駄なところの力を抜いて出す方が、
意外といい声が楽に出るんですね。


頑張って高音を出そうとした場合、
「出ないところだから頑張って出すぞ」
と思っている「出ない」前提の自己暗示がかかっているところが、
すでにダメなのかもしれませんが、その場合は、
体が緊張しすぎて、たいてい窒息寸前の苦しい状態で終わります。


割とぼけーと「やってみたら出るんじゃないかなぁ」
「高いし出なかったら経験者さんにお任せしよう」
くらいの心の余裕を持っているくらいのほうが、
体がリラックスして思いのほかうまく行くことが多いです。
参考:ソプラノが楽に声を出す方法

巻き舌も力が入りすぎるとうまくいかないし、
頑張り方を間違えてると、逆効果って感じ。
頑張ればいいってものではないんですね。


でも練習は頑張らないと歌えるようにはならないので、
適度に頑張らない加減を覚える練習を
頑張らなければならないのです。

第九合同練習4回目その3~フロイデな感じを出す~

前回の第九練習レポートの続きです。


細かなところを丁寧に返していった前回の合唱練習、私の所属するソプラノパートの最大の課題は「フロイデ(歓喜)」の感じを出すこと。


今までの記事の中でも何度か触れてきましたが、第九のソプラノパートはとにかく高くて長くて息が続く(続かない?)ぎりぎりの音が多く、苦手意識があると不安な感じが出てしまうし、一生懸命になると必死感が出てしまって、一番メインテーマのいいところを歌わせていただいているのにも関わらず、頑張れば頑張るほどに「フロイデ(歓喜)」の感じからどんどん遠ざかってしまうのですε=ε=(;´Д`)


私も今年こそは「苦悩の歌」を表現している感じから脱したいところ。


・・・でオカピ先生のお手本顔です。実はこの写真はちょっとシャッターチャンスを逃してしまい、歌うお手本顔の瞬間からはずれてしまいましたが、このニコニコ顔(・∀・)
フロイデな感じ歌う時に笑顔をつくるポイントは、顔の上半分で表情を作ること、声を100%出そうとせず、セーブしつつ「私、余裕よ。」という空気をちょっと出すくらいで歌うことだそう。
確かに、いつも私溺れる寸前状態だからな・・・。どんなシーンでも藁をもつかむ状況では自分を客観視する落ち着きなんてありませんからね~Σ(=゚ω゚=;)


それからクリスマスコンサートからずっと私は先生に言われてきていることなんですが「見られていることを常に意識して歌うこと。」も今回のポイントでした。自分をまさに客観視できるようになる余裕をもつということですね。


そして、練習の最後にピアニストの前田先生からのお言葉。
本番になったら「自分はスーパースター(o^∇^o)ノ」と思い込むことで、何かオーラのようなものが体から出て来るものなので、プラスの思い込みも大事とのことでした。


「完璧に第九を歌える」なんて自信はまだまだ持てないですけれど、自信のなさとか不安は、舞台ではもろに出てお客さんをも不安にさせてしまいますからね。あと一ヶ月やれるだけのことはやって、当日は
「私はスーパースターヾ(=^▽^=)ノ」でみんなで思いっきり「歓喜」を歌えるようにがんばりましょう。


あれ?今日は7月3日。
ということは、ちょうど1ヶ月後は本番の日


1ヵ月後の今日がご来場くださるお客様、そして団員全員にとっての
思いっきり素敵な歓喜の日になりますように(´∀`)

第九合同練習第3回その4~ソプラノが楽に声を出す方法~

前回の第九練習レポから、ずいぶん経ってしまいましたが、中途半端にしておくのも気持ちが悪いので続きを書いておきま~す。


前回の記事通り、テノールさんが椅子を使って声を出す練習をしましたが、その後ソプラノの歌の練習でも椅子を使いました。何のために使ったかというと・・・前の列の椅子の背に肘をついて頬杖をついたまま、だら~っと歌うため。え゛~っ!!


第九のソプラノパートは高音で息が続かなくて、窒息寸前になりそうな所がとにかくいっぱい('A`|||)
でもそういう箇所って何回も歌っていると決まってくるから「(((( ;゚д゚)))わぁ、ここ苦手~。さぁ、くるぞくるぞ~。」と苦手意識で体も緊張して、がんばって歌わなきゃって変に力がどうしても入ってしまうんですね。変に力が入ると喉を余計にしめて、更に窒息しそうになっちゃう(; ̄Д ̄)。がんばり方を間違えちゃって、自分で自分の首を絞めるとは、まさにこのことε=ε=(;´Д`)


・・・でこれを解決するために、椅子に頬杖をついてだらっと歌いましょう練習です。力を入れずに気張らずに歌う練習というわけですね。あとは力が妙に入ると口を下に開けすぎてあごが落ちてしまうので、頬杖をつくことで口が開きすぎるのを防ぐ(・∀・)とということらしいですね。なるほどあくびをするつもりくらいの感覚で出すといいと先生に言われてもどうしても苦手箇所は力入っちゃうんです。


歓喜の歌が苦しみの歌にならないように、楽に歌う技術は身に着けないとですね。(去年は、「必死の苦悩の歌」になってた部分が結構あったかも・・・(/TДT)/


・・・と楽に歌う方法を模索しましょう
というところで、前回の練習は終わり。
前田先生からアドバイス最後にピアノの前田先生から
「自宅で練習するときにテンポを意識した練習をしてみましょう」
とのアドバイス。


自宅にメトロノームがなくても、無料アプリとかを使えたりするので、そんな便利ツールも家で練習する時に使ってみては?とのことでした。(私たまに使っています。)
ちなみにこんなのがありますよ↓
無料ウェブメトロノーム
http://tateita.com/metronome.html
シンプルメトロノームオンライン
http://simple.bestmetronome.com/


さて次回の第九練習日は6月28日。そしてその次の練習はいよいよオケ合わせです。 オーケストラも練習がはじまり、着々と準備が進んでいるようですよ。日之出交響楽団さんの素敵な演奏を素敵に彩る合唱ができるように、がんばりましょう。


(初心者の方はYouTubeなどで第九オーケストラ演奏を聴きながら、事前に歌い始めのタイミングをオケ合わせの前に確認しておくと安心かもしれません。)

第九合同練習その3~前の椅子を使って楽に声を出す練習~

前回の第九合唱練習レポートの続きです。先生に注意されたことがたくさんありすぎて、記事には私の記憶だけでは書ききれないのですが、細かくは団員の皆様へ送られる練習メモでしっかり復習くださいね


前回の第九練習での岡田先生のベストショットは、この写真~
お手本この瞬間を捉えるのが難しかったぁ(・`ω´・)

何を説明中の写真か、出席していた団員さんは覚えていますか!?
これは、先生がテノールさんへ説明をしているところの写真です。 テノールさん、思い出しましたか?


高い音が出しにくい時は、写真の先生のような姿勢で(後ろにある足を少し浮かせて)前に重心をかけるように意識して声を出す練習をしてみると、声が出しやすいですよということでしたねこの姿勢を実践してみた後のテノールさんの声がほんとにその前と変わっていたので、びっくりw(゚o゚)w オオー!


テノール

こういうのが歌の練習のおもしろいところですね。ちょっとしたことではあるんですが、先生が「これやってみて。」と言われた通りやってみた後の声の変化が明らかに感じられると嬉しいし、楽しいし、「うぉぉ、声っておもしろいっ」っていつも思います。人体実験的な感覚で( ̄ー ̄)(あ、すみません。私の興味が人体科学なのでつい・・・)
特にオカピ先生は、練習中、こういうのやってみてとか、こういうイメージで歌ってみてとかの例えがかなり毎回面白いので、この一年で私も色々やってみたかなぁ。でもそのたびに「うぉぉっ」って瞬間があるのが面白いのです。


テノールの後は、ソプラノも椅子を使いました。また違う使い方ですが・・・。また長くなってしまったので、次回に続く・・・。(1回の練習レポで何回引っ張るんだか・・・無計画に文章書いているのですみませ~ん。)

第九初心者練習第3回~ミニベートーベン出席!?~

ベートーベン

先週の土曜日、
←小さいベートーベンさんがきちんとみんな練習しているかと睨みをきかせている中(笑)夏祭クラシックス第3回初心者練習が行われました。
練習3回目となるとさすが団員の皆さん、練習の空気に慣れてきて、練習前の準備、体操、発声練習の流れは前よりもずっとスムーズに、リラックスして楽しんでいる感じでしたね。


そしてメインの第九合唱練習の方はだんだん歌うのが難しいところに入ってきましたよ~(×ω×)強弱、気持ちを入れながら、でも言葉はきちんとはっきり、これがなかなか難しいですよね。練習風景私はソプラノですが、初心者はまず、とにかく高い音を出すことと息を長く続かせることに必死になってしまって、なかなか細かいところまで気をつけて歌うことができません。(私は、「歌い上げられるまでに短くても10年仕事だわ~」と思っています。)


去年の私は「高音が出た」「なんとか窒息寸前でも息が続いた~」ところで満足してたんだなということが今回の練習でよくわかりました。必死に声だしてたんですよ、去年は。(たぶん勢いだけで突っ走っていて軍歌みたいな歌い方になっていたと思う・・・)初回ソプラノってみんなそうじゃないのかなぁ。私は今年は2回目だから、もうワンステップ上にいかないとね(`・ω・´)


とおかぴ先生の今回のアドバイス。「なるべくあごを動かさない(落とさない)で、頬骨を上げる感じで。」「高い音ほど喉は楽に。あくびをする時と同じ感じで。」と。で、あくびイメージで出す練習をしてみたところ、、
「うぉぉ~、これならば高音でも果てしなく息が続きそう。こりゃできるなぁ~!」と。部分的に感触は得たものの、歌の中でそれを実行するとなるとなかなか難しいのですが。。。


初心者練習はあと残り4月に2回。経験者さんとの合同練習についていけるようになるために、しっかり自主練をがんばらないとですね。次回は4月12日とちょっと時間があきますので先生からの宿題とともに今回の練習の感覚を忘れないように復習がんばりましょう。私もまだまだですが、がんばりま~す。

最新記事
記事検索
夏祭クラシックス

夏祭クラシックスは、クラシックイノベートが立ち上げた夏のクラシック音楽の祭典です!2017年から3年かけて公募合唱公募オケによる3大レクイエムの公演を行う計画。2017年はフォーレ、2018年はモーツァルト、2019年はヴェルディに挑戦します!