夏祭クラシックス

真夏のクラシックイベント、夏祭クラシックスのブログです。 夏祭クラシックス2020は2020/7/18ミューザ川崎シンフォニーホールにてカルミナ・ブラーナとベートーヴェン交響曲第7番を演奏します。

夏祭クラシックス2020は
「カルミナ・ブラーナ」&「ベートーヴェン交響曲第7番」+ ネッスンドルマ!

日時:2020年7月18日 14:00開演予定
場所:ミューザ川崎シンフォニーホール

音とり

第九初心者の音とりの強い味方!

楽譜、音符が読めない初心者が、いきなりベートーベンの第九に
挑戦するのはとても難しそう!そう、とても難しいです。


私、一番最初に参加した第九合唱団の初回練習で
「歌えない人は聴いているだけでいいですが、
一応歌える人だけで通して歌ってみましょう。」
ということになり、 みなさんが歌っているのを聴きながら、
目で楽譜を追っていたつもりではあったのですが、


いつの間にか次のページに いや次の次のページに行っていて、
結局追いつけないまま、中途半端な楽譜のページを開いて、
最後まで合唱の通しが終わってしまっていたことがあります。あらら・・・。


これから練習についていくのは、とても大変そうだ
かなり落ち込みましたけど。


でも、第九合唱には「パート別音とりCD」という初心者に強い味方の
アイテムが売っています。とても月2回の練習だけでは、
練習に追いつけないので、その第九音とりCDなるものを購入して
楽譜を目で追いながら声を出しながら自宅で勉強するのですが、
なかなか最初はそれも難しいものです。


私が購入したCDは、最初から音とりではなく、歌詞の読み方、リズム読みから
練習できるようになっているものでした。(音とりCDにも色々あるようです。)
ドイツ語の読み方も全然わからない初心者でしたから、CDを聴きながら、
何度も復唱復唱。リズム読みと言うのは、音程にのせずにリズムのみで
歌詞を読む練習ですから、まるでお経のような・・・
おそらく、練習している部屋から聞こえる声は、何をしているのだか
わからない家族にとっては、異様に聞こえたかと想像されます。


音楽キャリアのない初心者にとっては、練習でリズムから音までとるのは、
大変なことなので、合唱練習でパニックに陥らないためにも
予習復習は必須となります。最初は少し大変ですが、そうやって
必死で練習について行くうちに、いつの間にか、何となく
口ずさんでいたり、鼻歌で第九を歌えるように・・・♪♪


まぁ第九に限らず、はじめて挑戦するものって、何でも
最初は必死にやらなければ身につかないものも多いですよね。


リズム読みまではないようですが、You Tube の動画でも
今は第九のパート別音とり動画があったりするようなので
色々検索して探してみると便利かもしれませんよ。
(歌詞の読み方と意味は「第九 歌詞 読み方 意味」とかで検索すればたくさん出てきます。)

第九初心者稽古終了~募集締切は5/15です~

です。GW前の土曜日、5回目の夏祭クラシックスの第九初心者稽古がありました。5回目ということは、初心者練習のなんと最終回♪♪♪第九経験者合同練習に入る前のラストスパートとして、ちょっとハードでしたが、みんながんばりましたよ。
ソプラノソリスト

今回はいつものオカピ先生がお仕事の都合でお休みだったため、本番ソプラノソリストの志田尾先生。ソプラノの私としては、素敵な高音を出す術を少しでも勉強させていただきたいなと自然に力が入ります。


簡単な体操と発声練習の後、初心者練習のこの日は、何が何でもとりあえず最後まで終わらせなければならないということで、最後のクライマックス部分をいくつかに区切って、丁寧に各パート音とりをしながら、合わせていきました。ここの部分テンポが速いし、ほんと初心者にとっては口が回らなくて大変なところですよねー。私も去年覚えるまでは、苦労しました


第九練習風景

去年は、とにかくついていくのにいっぱいいっぱいだったので、丁寧にこうして音とりをしながら、ゆっくりテンポをカウントして練習しなおしてみると、結構ごまかして歌っているところがあったなということに気がついた今回の練習。
一回くらいの第九参加で「歌えるようになった」なんて過信してはいけませんねぇまぁ、自分がまだまだ出来ていないポイントに気がつけたことが進歩なのかもしれません。まだまだ第九の道は深くて長い・・・ですね。
(だからこそ皆さん何度も何年も第九に挑戦されるのでしょうね。)
今回は休み時間もそこそこにみんなの集中力で、一応全体で合わせられる様になり一安心。


そして最後、時間の許す限り、今までやったところを一通り一回ずつ歌って合わせてみようということになりました。前の方はもう忘れかけてしまっているところも、各々あったかと思いますが、みんなで振り返ることで、ここは念入りに復習しておかなければと自分の苦手な箇所がわかったのではないかと思います。(もちろん私もね~~)


でも全体としてはそこそこばらばらにならずに歌えたように聞こえたので、みなさんおうちでの自主練がんばっておられるのでしょうね。前回の懇親会でちょっと団結力も出てきたのかもしれませんね。
私も皆さんの足を引っ張らないようにがんばらなければ~。5月から気合入れ直します。


5月中旬からは、いよいよ経験者さんを交えた合同練習。8月3日の本番に向けて突っ走れ~っ
・・・というわけで、第九団員募集も5月15日までと近づいてきました。お申込まだの方、あと周りのお友達誘ってみようかなという方はお急ぎくださいね。皆様のご参加お待ちしております。

音取り音源の違う使い方~クリスマスコンサートに向けて~

ひさびさ、家でゆっくりお掃除ができる休日を過ごしているところです。
ここ数週間、休日もバタバタしていて部屋がすごいことに・・・。
しかも、暑くなったり寒くなったりで、なかなか
すっきり整理できなかった衣替えがようやく今日できました。


お掃除がひとしきり終わったら、もちろん、今は合唱練習。
音取り音源があるので、近所迷惑など気にせず
(一応時間は気にしますけどね。)、今日の午前中は、
クリスマスコンサート第三部の曲を通して練習しました。


団員は、練習日以外は先生につくっていただいた
パート毎の音取り音源を頼りに各自自主練習をしています。
いままで、ソプラノの私はソプラノの音源しか使っていなかったのですが、
今日思い切って、テノールの音源をかけながら
ソプラノを歌ってみたんです。


これ、やってみるとかなりきついです
自分が歌えていないところがすぐわかります。


先日、テノールのあーれ&ふろいでと一緒に自主練習をした時に、
2テノール対1ソプラノでつられまくって大変だったんですよね。
それをヒントに試しにやってみたら、、、これかなりいい練習になること発覚。


団員の皆さんも是非ぜひやってみてくださいね。


独唱ではなく、合唱だから、やっぱり他のパートメンバーの声も
きちんと聴いて自分も歌わないといけないですけれど、
まだなかなか、そこまで余裕を持って歌えないところが課題です。


主旋律のソプラノといえ、他のパートの音との
ハーモニーですから、聴きながら歌えないと
「音を楽しむ」レベルまでなかなかいかないですよね。


さぁ、午後も今日はゆったり休日なので、
第一部の練習をやりまーす♪


家で練習していても、家族は知らん顔してますよ~。
家族の前でも恥ずかしいものお客様に聴かせられませんから、
しばらく本番まで我慢してもらいます(*゚▽゚*)

最新記事
記事検索
夏祭クラシックス

夏祭クラシックスは、クラシックイノベートが立ち上げた夏のクラシック音楽の祭典です!2017年から3年かけて公募合唱公募オケによる3大レクイエムの公演を行う計画。2017年はフォーレ、2018年はモーツァルト、2019年はヴェルディに挑戦します!