夏祭クラシックス

真夏のクラシックイベント、夏祭クラシックスのブログです。 夏祭クラシックス2019は2019/8/17ミューザ川崎シンフォニーホールにてヴェルディ・レクイエムを中心に演奏します。

夏祭クラシックス2019は
ヴェルディ「レクイエム」&ポンキエッリ「エレジア」

日時:2018年8月17日 14:00開演予定
場所:ミューザ川崎シンフォニーホール

表情

第九合同練習4回目その3~フロイデな感じを出す~

前回の第九練習レポートの続きです。


細かなところを丁寧に返していった前回の合唱練習、私の所属するソプラノパートの最大の課題は「フロイデ(歓喜)」の感じを出すこと。


今までの記事の中でも何度か触れてきましたが、第九のソプラノパートはとにかく高くて長くて息が続く(続かない?)ぎりぎりの音が多く、苦手意識があると不安な感じが出てしまうし、一生懸命になると必死感が出てしまって、一番メインテーマのいいところを歌わせていただいているのにも関わらず、頑張れば頑張るほどに「フロイデ(歓喜)」の感じからどんどん遠ざかってしまうのですε=ε=(;´Д`)


私も今年こそは「苦悩の歌」を表現している感じから脱したいところ。


・・・でオカピ先生のお手本顔です。実はこの写真はちょっとシャッターチャンスを逃してしまい、歌うお手本顔の瞬間からはずれてしまいましたが、このニコニコ顔(・∀・)
フロイデな感じ歌う時に笑顔をつくるポイントは、顔の上半分で表情を作ること、声を100%出そうとせず、セーブしつつ「私、余裕よ。」という空気をちょっと出すくらいで歌うことだそう。
確かに、いつも私溺れる寸前状態だからな・・・。どんなシーンでも藁をもつかむ状況では自分を客観視する落ち着きなんてありませんからね~Σ(=゚ω゚=;)


それからクリスマスコンサートからずっと私は先生に言われてきていることなんですが「見られていることを常に意識して歌うこと。」も今回のポイントでした。自分をまさに客観視できるようになる余裕をもつということですね。


そして、練習の最後にピアニストの前田先生からのお言葉。
本番になったら「自分はスーパースター(o^∇^o)ノ」と思い込むことで、何かオーラのようなものが体から出て来るものなので、プラスの思い込みも大事とのことでした。


「完璧に第九を歌える」なんて自信はまだまだ持てないですけれど、自信のなさとか不安は、舞台ではもろに出てお客さんをも不安にさせてしまいますからね。あと一ヶ月やれるだけのことはやって、当日は
「私はスーパースターヾ(=^▽^=)ノ」でみんなで思いっきり「歓喜」を歌えるようにがんばりましょう。


あれ?今日は7月3日。
ということは、ちょうど1ヶ月後は本番の日


1ヵ月後の今日がご来場くださるお客様、そして団員全員にとっての
思いっきり素敵な歓喜の日になりますように(´∀`)

第九歌詞のFreude「歓喜」を本番で思いっきり出すには?

連休中、昔の知り合いに会い、第九をドイツ語で歌っていると言ったら「ダイネッなんとかなんとかかんとか~♪てやつでしょ。ちょっと歌えるよ。年末実はテレビ見ながら私一緒に歌ってるよ。」と言われ、ちょっと嬉しくなりました。第九を歌った経験があるお友達が身近にいて、ちょっとだけ教えてもらったそうです。


そういえば去年、友達から「第九って何をそんなによろこんで歌っている歌なの?」とある日聞かれました。「よろこびの歌」として小学校で習いますよね。


喜び、歓喜、つまりドイツ語歌詞でたくさん出てくる"Freude"の部分。「何がそんなに嬉しいの?」とズバッと聞かれて、急に聞かれるとまだ第九練習開始から間もなかった私は答えられなくて。練習でもおかぴ先生に「Freudeは歓喜という意味だからその喜びをもっと前面に出して歌って。」と言われてもピンと来ずあまり練習では出せなかった私。(喜びどころか、正しいテンポと音を追うのに必死のコワ~い形相になっていたはずでして・・・。)


「歓喜」感を出して歌うようには一応やってみるのですが、でも演技はど下手だし表情を出す余裕もないし、自分でピンと来てないとね、どうにもならなくて。第九の「Freude」という言葉には、この世に生を受けた喜びとかとかスケールがすごーく大きい深~い意味があるものでしょうが、まだ未熟人生半ばの私には、なかなか表現するには難しい。


・・・でなんとなくそんな感じのまま、昨年は本番の日を迎えました。
でもね、本番は意識せずとも自然に"Freude"になれたんですよ。(表情に出せていなかったかもしれないけど、気持ち的には!)第九経験ゼロの初心者からコツコツと半年練習して本番を無事迎えられた喜び、歌っている仲間達と一緒に舞台に立てたことの喜びとか (´▽`)つまり一生懸命コツコツ練習して、また団員さん同士と練習中に交流をたくさん持って仲間と歌うことが楽しくなればなるほど、本番で自然にFreudeな感じが出せることに気がついたんですヾ(=^▽^=)ノ


「みんなで歌える喜び」を今年も本番でたくさん味わえるように、練習中から色んな人と仲良くなろうと思います。チーム夏祭クラシックスをみんなで盛り上げて本番は全員が思いっきりFreudeを自然に感じながら歌えるようにがんばりましょう

最新記事
記事検索
夏祭クラシックス

夏祭クラシックスは、クラシックイノベートが立ち上げた夏のクラシック音楽の祭典です!2017年から3年かけて公募合唱公募オケによる3大レクイエムの公演を行う計画。2017年はフォーレ、2018年はモーツァルト、2019年はヴェルディに挑戦します!