夏祭クラシックス

真夏のクラシックイベント、夏祭クラシックスのブログです。 夏祭クラシックス2019は2019/8/17ミューザ川崎シンフォニーホールにてヴェルディ・レクイエムを中心に演奏します。

夏祭クラシックス2019は
ヴェルディ「レクイエム」&ポンキエッリ「エレジア」

日時:2018年8月17日 14:00開演予定
場所:ミューザ川崎シンフォニーホール

第九歌詞

一緒に歌いませんか? ~ドイツ語あだ名の由来~

こんにちは。昨日エリズィウムから紹介されましたフロイデです。
テノール担当しています。
今日は、昨日のドイツ語ネームについてお話します。


実はこのドイツ語ネーム、最初は僕がフロイデと名乗ったとこから始まりました。
ある日第九の懇親会があって、自己紹介することになりました。順番は後のほうだったので、
どうやったらインパクトがあるか≒どうやったら覚えてもらえるかを考えていました。


で、自分の番がやってきました。とっさに
「どうも、フロイデです」
と言った、言ってしまったのです。みんな優しい人達でして、結構笑ってくれました。
帰りに早速フロイデと呼んでくれる人もいたし、Face Bookで友達承認依頼が結構きたりと、予想以上の効果? でした。


ちなみに、去年初心者同士で第九を経験した盟友を、僕の自己紹介中に
「アーレメンシェン」と名づけたのも僕です。その後、自分で名乗りだす者もいて、
いい意味で何でも言い合える関係になって、結構楽しくやってます。
合唱始めてから、友達が増えました。


さあ、あなたも合唱一緒にやりませんか?
歌が好き、カラオケ好き、なんて人も大歓迎です。
みんな最初は初心者です。

さあ、次回は第九の歌詞についてとしますか。
それでは、次回の講釈で。

Freude

ベートーベン第九合唱からはじまった合唱団~ドイツ語のあだ名があります~

今の合唱団メンバーは、私が歌った2013年6月のみなとみらいホールでの
横浜開港祭ブラスクルーズの第九に参加したメンバーです♪♪
つまり今このメンバーみんなと一緒に歌えるのは、
すべてベートーベンのおかげってことか(・∀・)つ♪


ベートーベンさんありがとう (* ̄∇ ̄*)エヘヘ
さてさて、第九から始まったということから、われら横浜ベイコール
合唱団スタッフには、それぞれ、変わったあだ名がついております。

団長:フォルゴット   (れっさーぱんだ団長
副団長:ヴォルスト
事務局長:アーレメンシェン
営業企画部長:フロイデ
WEB担当部長:ツァベル
事務局長助手:エリズィウム(←これ私)
これ全部、第九の歌詞内のドイツ語からとってきてるんです。

それぞれの意味はフォルゴット(神の御前)ヴォルスト(快楽)
アーレメンシェン(全人類)フロイデ(歓び)ツァベル(魔力)
エリズィウム(楽園)ってな感じで。


練習当初はドイツ語の口も回らず泣きそうになる位、(´Д⊂)わけわからなかった
第九でしたが、こうやってあだ名にするほど歌詞に親しみ(?)がもてる
ようになり、今では本名の日本名よりドイツ語名の方が定着している
メンバーもいるくらいでして(* ̄∇ ̄*)エヘヘ
ベートーベンさんも喜んでくれてるかしらヾ(=^▽^=)ノ


12月のクリスマスコンサートでは「希望の歌」も
歌う予定ですが、この歌の後半部分、ドイツ語の部分は
全員安心して歌えるところかと思います。(ホント?)お楽しみに~ヾ(=^▽^=)ノ♪

われこそはドイツ語名を名乗りたいという方も、
是非ぜひ、横浜ベイコールにご入団ください。
ただしもうすでに使われている名前は使えませんのであしからず~。

最新記事
記事検索
夏祭クラシックス

夏祭クラシックスは、クラシックイノベートが立ち上げた夏のクラシック音楽の祭典です!2017年から3年かけて公募合唱公募オケによる3大レクイエムの公演を行う計画。2017年はフォーレ、2018年はモーツァルト、2019年はヴェルディに挑戦します!