夏祭クラシックス

真夏のクラシックイベント、夏祭クラシックスのブログです。 夏祭クラシックス2019は2019/8/17ミューザ川崎シンフォニーホールにてヴェルディ・レクイエムを中心に演奏します。

夏祭クラシックス2019は
ヴェルディ「レクイエム」&ポンキエッリ「エレジア」

日時:2018年8月17日 14:00開演予定
場所:ミューザ川崎シンフォニーホール

歓喜の歌

第九合同練習4回目その3~フロイデな感じを出す~

前回の第九練習レポートの続きです。


細かなところを丁寧に返していった前回の合唱練習、私の所属するソプラノパートの最大の課題は「フロイデ(歓喜)」の感じを出すこと。


今までの記事の中でも何度か触れてきましたが、第九のソプラノパートはとにかく高くて長くて息が続く(続かない?)ぎりぎりの音が多く、苦手意識があると不安な感じが出てしまうし、一生懸命になると必死感が出てしまって、一番メインテーマのいいところを歌わせていただいているのにも関わらず、頑張れば頑張るほどに「フロイデ(歓喜)」の感じからどんどん遠ざかってしまうのですε=ε=(;´Д`)


私も今年こそは「苦悩の歌」を表現している感じから脱したいところ。


・・・でオカピ先生のお手本顔です。実はこの写真はちょっとシャッターチャンスを逃してしまい、歌うお手本顔の瞬間からはずれてしまいましたが、このニコニコ顔(・∀・)
フロイデな感じ歌う時に笑顔をつくるポイントは、顔の上半分で表情を作ること、声を100%出そうとせず、セーブしつつ「私、余裕よ。」という空気をちょっと出すくらいで歌うことだそう。
確かに、いつも私溺れる寸前状態だからな・・・。どんなシーンでも藁をもつかむ状況では自分を客観視する落ち着きなんてありませんからね~Σ(=゚ω゚=;)


それからクリスマスコンサートからずっと私は先生に言われてきていることなんですが「見られていることを常に意識して歌うこと。」も今回のポイントでした。自分をまさに客観視できるようになる余裕をもつということですね。


そして、練習の最後にピアニストの前田先生からのお言葉。
本番になったら「自分はスーパースター(o^∇^o)ノ」と思い込むことで、何かオーラのようなものが体から出て来るものなので、プラスの思い込みも大事とのことでした。


「完璧に第九を歌える」なんて自信はまだまだ持てないですけれど、自信のなさとか不安は、舞台ではもろに出てお客さんをも不安にさせてしまいますからね。あと一ヶ月やれるだけのことはやって、当日は
「私はスーパースターヾ(=^▽^=)ノ」でみんなで思いっきり「歓喜」を歌えるようにがんばりましょう。


あれ?今日は7月3日。
ということは、ちょうど1ヶ月後は本番の日


1ヵ月後の今日がご来場くださるお客様、そして団員全員にとっての
思いっきり素敵な歓喜の日になりますように(´∀`)

第九合同練習第3回その4~ソプラノが楽に声を出す方法~

前回の第九練習レポから、ずいぶん経ってしまいましたが、中途半端にしておくのも気持ちが悪いので続きを書いておきま~す。


前回の記事通り、テノールさんが椅子を使って声を出す練習をしましたが、その後ソプラノの歌の練習でも椅子を使いました。何のために使ったかというと・・・前の列の椅子の背に肘をついて頬杖をついたまま、だら~っと歌うため。え゛~っ!!


第九のソプラノパートは高音で息が続かなくて、窒息寸前になりそうな所がとにかくいっぱい('A`|||)
でもそういう箇所って何回も歌っていると決まってくるから「(((( ;゚д゚)))わぁ、ここ苦手~。さぁ、くるぞくるぞ~。」と苦手意識で体も緊張して、がんばって歌わなきゃって変に力がどうしても入ってしまうんですね。変に力が入ると喉を余計にしめて、更に窒息しそうになっちゃう(; ̄Д ̄)。がんばり方を間違えちゃって、自分で自分の首を絞めるとは、まさにこのことε=ε=(;´Д`)


・・・でこれを解決するために、椅子に頬杖をついてだらっと歌いましょう練習です。力を入れずに気張らずに歌う練習というわけですね。あとは力が妙に入ると口を下に開けすぎてあごが落ちてしまうので、頬杖をつくことで口が開きすぎるのを防ぐ(・∀・)とということらしいですね。なるほどあくびをするつもりくらいの感覚で出すといいと先生に言われてもどうしても苦手箇所は力入っちゃうんです。


歓喜の歌が苦しみの歌にならないように、楽に歌う技術は身に着けないとですね。(去年は、「必死の苦悩の歌」になってた部分が結構あったかも・・・(/TДT)/


・・・と楽に歌う方法を模索しましょう
というところで、前回の練習は終わり。
前田先生からアドバイス最後にピアノの前田先生から
「自宅で練習するときにテンポを意識した練習をしてみましょう」
とのアドバイス。


自宅にメトロノームがなくても、無料アプリとかを使えたりするので、そんな便利ツールも家で練習する時に使ってみては?とのことでした。(私たまに使っています。)
ちなみにこんなのがありますよ↓
無料ウェブメトロノーム
http://tateita.com/metronome.html
シンプルメトロノームオンライン
http://simple.bestmetronome.com/


さて次回の第九練習日は6月28日。そしてその次の練習はいよいよオケ合わせです。 オーケストラも練習がはじまり、着々と準備が進んでいるようですよ。日之出交響楽団さんの素敵な演奏を素敵に彩る合唱ができるように、がんばりましょう。


(初心者の方はYouTubeなどで第九オーケストラ演奏を聴きながら、事前に歌い始めのタイミングをオケ合わせの前に確認しておくと安心かもしれません。)

最新記事
記事検索
夏祭クラシックス

夏祭クラシックスは、クラシックイノベートが立ち上げた夏のクラシック音楽の祭典です!2017年から3年かけて公募合唱公募オケによる3大レクイエムの公演を行う計画。2017年はフォーレ、2018年はモーツァルト、2019年はヴェルディに挑戦します!