夏祭クラシックス

真夏のクラシックイベント、夏祭クラシックスのブログです。 夏祭クラシックス2019は2019/8/17ミューザ川崎シンフォニーホールにてヴェルディ・レクイエムを中心に演奏します。

夏祭クラシックス2019は
ヴェルディ「レクイエム」&ポンキエッリ「エレジア」

日時:2018年8月17日 14:00開演予定
場所:ミューザ川崎シンフォニーホール

歌詞

ベートーヴェン!~第九合唱歌詞にも出てくる難しいvの発音~

毎回打ち上げにご登場いただいている、(えせ)ベートーベン先生ですが、
お名前”Beethoven”は日本語の音で表現するならば、
ベートーベンですが、正式な発音はベートーベンではないですね。


ベートーヴェン


あえてカタカナで書くなら「ベートーヴェン」!
この「ヴェ」という音は本来日本語にはない音です。


Beethovenの発音記号は下記のようになるそう。
英語 [beit(h)ouvэn]
ドイツ語 [be:t(h)o:fэn]
オランダ語 [be:tho:vэ(n) / beithouvэ(n)]
国と言葉によって、ベートーヴン、またはベートーフンって感じですかね。


この"v"(または”f”)の発音が日本人は苦手。
ひと昔前の(笑)英語の授業では、Vの発音は


「下唇を噛むように」
と習った人も多いと思いますが、実際、この空気が乾燥した季節に本気で噛むと・・・
流血します・・・・(((( ;゚д゚)))いやいや、前と後の発音が間に合わなくなります。

実際は、上の前歯を下唇に軽~く触れるくらいにあてて、
その間から「フッ」と息を出すのが”f”の音、
その状態で音を出すと「ヴ」という"v"の音です。
「ヴ」の時にちょっと歯と下唇が振動してかゆくなるような感覚があったら正解です。


この”f”とか"v"の音、第九の歌詞の中にも重要な場面で結構たくさん出て来るんですよ。
”Froude”とか”Welt”とかね。(ドイツ語ではWが英語の”V”の音)
ただでさえ、口の回らないところをいちいち下唇を噛んでいたら、
とても歌う速度にはついていけません。


発音と音程をいっぺんに最初からとるのは特に
初心者さんは頭がパニック(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?になると思うので、
発音は発音でしっかり練習しつつ、音程は最初は鼻歌チックな
感じから、家で練習を重ねて徐々に歌詞を歌うようにすると、
だんだん歌詞を音程とリズムにのせながら、歌えるようになっていくと思いますよ。 


ドイツ語には、日本語にない音がいっぱいあるので、覚えられるか
心配かもしれませんが、そこは繰り返し練習あるのみ、です。


ベートーベン先生のお名前も正しく発音できるようにしておきたいですね(・`ω´・)


↓これちょっと面白いかも。
いろんな国の言葉でベートーベン♪青いをクリックすると聞けます。
http://ja.forvo.com/word/beethoven/#de

大地讃頌の歌詞と想い

合唱曲である「大地讃頌」という曲は誰もが一度は耳にした事のある曲です。
もともと大地讃頌と言う曲は混声合唱とオーケストラのための「土の歌」(カンタータ)に含まれている終曲なのです。


「土の歌」というタイトルからわかる様に、この曲はいろいろな面から「土」について歌った作品となっています。
普段画から土と人は深い関係にあり、人が土を耕している様子や、ものすごいパワーを持った土への尊敬心、その土を踏みしめる様子、戦争の悲惨を伝えるメロディー、荒れた大地を鎮めるかのような祈りの曲調、それぞれが第1楽章から第6楽章までつづられているのです。


先述のように、「大地讃頌」はこれらの終曲にあたり、第7楽章に該当しています。
第一楽章から大地への畏敬の念と感謝、祈り、これらがすべて集約されていき、最後の「大地讃頌」となるのです。
歌詞の中にも「母なる大地」とありますが、その大地に抱かれている人々、土を大切にしようとする心、大地を愛でよう、たたえよう、そしてともに生きていこう、これが大地讃頌の壮大な歌詞の表現するところなのです。


第一楽章から第7楽章を総合して見てみると、土と人との関係を経てたどりついた、大地に対する心からの感謝と賛美が歌われているのです。



横浜ベイプロジェクトでは、「土の歌」をオーケストラと歌う企画で合唱団員を募集しております。
皆様のご応募、心よりお待ちしております。


http://goo.gl/9Lhecl

第九初心者の頃~4ヶ月で合唱できるようになりますよ~

横浜ベイコ―ル合唱団員兼スタッフのツァウベルです。
さて今回は昨年2013年、私が第九初心者(未経験者)だったときの話です。初心者の方はもちろん、経験者の方にとっても参考になればと思います。


2月 入団申込。
3月 練習参加。
4月 歌詞とメロディがだいたい頭に入る。
5月 曲の構成がだいたい頭に入る。
6月 本番出演。


2月入団申込した時点では第九がどんな曲かわからず、Web検索で「第九 ベートーベン 音源」と調べてみました。主題のメロディは有名なので何となく聴き覚えがありました。


3月に購入した「第九練習用CD」が大変役に立ちました。自分の歌うメロディと歌詞だけを教えてくれます。同じく購入したベーレンライターの楽譜を目で追いながらCDを聴いていました。


※ベーレンライターはドイツの出版社。楽譜など音楽関連の書籍を出版してます。


4月は歌詞とメロディがだいたい頭に入ってきました。複雑なメロディなど覚えにくいところは、そこだけ繰り返し練習していました。



5月は2月に聴いていた第九の音源を聴き直しました。曲全体の中で自分がどこを歌っているか、盛り上がるところなのか、抑えるところなのかを意識しながら歌えるようになりました。

そして6月本番出演。練習の甲斐あって初心者は卒業できたかなという感じです。しかし「歌詞の意味を理解する」「歌声を美しく響かせる」「コーラスとして全体と調和する」はできないままでした。


そのリベンジの舞台は今年8/3(日)川崎市教育文化会館。
このブログをご覧のみなさまもぜひ一緒に歌いましょう。
ご応募おまちしております♪

ドイツ語の勉強をはじめたきっかけ~第九歌詞読みから~

パンダです。よくさぼって挫折しながらですが、ドイツ語を勉強しています。
と言ってもNHKのラジオ講座からですけれど。
4月から開講のラジオ講座をはじめて、途中で挫折。
10月開講ので仕切りなおして、今ちょっとさぼり気味で危ういところです。
何とか、覚えるまでいかなくても、半年続けるだけは続けたいのですが・・・。


そもそも、私がドイツ語を勉強しはじめようと思ったのは、
6月にみなとみらいで歌った第九の歌詞がドイツ語だったからです。


今年1月第九練習の初日。右も左もわからず、いきなり
「じゃ、歌える人は歌ってみましょう。」
とマエストロが指揮棒を振ると普通に堂々と巻き舌つきの慣れた
ドイツ語で歌いだす周りの経験者さん達を見て撃沈したヽ(TдT)ノ
超初心者だったわたしと友人。
わたしなんて、楽譜さえ追えずにページをぱらぱらめくって
ひたすらおろおろしてました。


この練習後の夜、わたしは友人の家に泊まったのですが、
「いや第九マスターするのは、ほんとこれから大変だよね~。」
という話になり、友達がドイツ語歌詞の読み仮名(カタカナ)を
ふった楽譜を持っていたので、とりあえず、それを見ながら
発音してみようよということになったんですね。
ドイツ語がわからないなりにとりあえず歌詞を読んでみようかと。


・・・でそこで登場したのがiphoneの音声翻訳アプリ。
私達の今の発音がどんな風に訳されるか試してみようと。
(最初は大真面目だったんですよ・・・たぶんね・・・)


ドイツ語ってほんとに全然わからなかったんですけど、
自分の勝手なイメージとその楽譜のカタカナを合わせて、
それっぽく読んでみたところが・・・・。


どう訳されたか・・・は以下の結果です。
試してみたのはあの一番有名なMの部分です。


(`・ω・´)Freude .........Elysium


さぁ翻訳!


1回目「世界平和フォルカーフィンチだろう」
2回目「フォルケのドリンクを読んヴィーゼル絵」
3回目「ターゲット病気体重電話」


な、なんじゃこりゃ(☆゚∀゚)じゃ、続きをやってみよう。


(`・ω・´)Wir betreten.........Heiligtum


さぁ次はどうだ!


1回目「かなりまれな移動方向」
2回目「むしろ聖域をHilbring」


( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \
夜中に笑い堪えながら、続きを・・・
(もうすっかり勉強じゃなくて完全遊びになってます。)


(`・ω・´)Deine Zauber.........streng getilt.


つ、次こそ!


1回目「後ろにあなたの野生生物」
2回目「あなたの時間のためしかし裏で」
3回目「ヴェーざーのあなたのプロバージョン」


う、後ろに野生生物ですか(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?
ちょっと調子が出てきたから、次くらい普通の意味がでてくるだろう(゚∀゚)アヒャヒャ


(`・ω・´)Alle Menschen.........Bruder.
♪1回目「男性ハットフィールド」
♪2回目「マイケルはある」
♪3回目「恥ずかしい人間」


(`・ω・´)Wo dein .......weilt
♪1回目「あなたの乗車スターの学生の翼
♪2回目「おろかな時に銀河のためのあなたの全体な心」
♪3回目「暴力へのエア電話でブラックダリア殺人」( ̄▽ ̄;)!!ガーン


シラーさんごめんなさい。こんな詞じゃ、絶対無いよね。
後ろに野生生物なんてベートーベン第九の歌詞に出てこないよね。


と、こんな歌詞に聞こえては申し訳ないと、
ドイツ語の正しい発音を身につけようとこの後
参考書を買ってやる気満々で勉強をはじめた私ですが・・・・


ドイツ語はとっても難しい~ 少なくともこの当時より今は、進歩していることを願います。

歌詞の言葉を大切に歌うためのコツ~先生からのアドバイス~

先日の合唱練習でつぁべる作のクリスマスソングを歌った後、
先生からこんなアドバイスがあったのを思い出しました。
「素敵な歌詞なのに流れてしまっている。日本語の歌詞は一度、
歌詞を漢字を入れて縦書きに書いてみると歌い方が全然変わりますよ。」と。


その時は「ふ~ん、そういうものかなぁ。」と思いつつ、
「そんなこと位で、そんなには変わらないんじゃないの~Σ(=゚ω゚=;)」
と実は内心半信半疑だった私。(先生ごめんなさい。)


でも言われたことはとりあえず素直にやってみることに
しているので今日、実際にやってみました。 


これね、やってみると思っていた以上にすごいですw(゚o゚)w オオー!
Before Afterで歌詞への印象ががらりとかわります♪
団員さんでまだやってない方いましたら、すぐやってください。ほんとすぐっ!
まさにいつやるの?今でしょって感じでねっ!


ポイントとしては、まずどういう漢字を使うのか、自分なりに
考えながら、丁寧に手書きをすることですね。漢字には
意味があって、例えば、「悲しい」なのか「哀しい」なのかとか、
人によって漢字ではなくてイメージ的に平仮名をあえて
使いたいってところもあるでしょうし。


で、全部の詞を書き終わってから、はじめから終わりまで、
それを読んでみる。今まで歌っていた歌がこういう歌だったのか
って、やっと少しわかったような気がしました。
(今まではただ読み仮名を追ってたのかなぁ。)


と同時に文字の中に意味までもが含まれる
日本語表現の素晴らしさも実感しましたね。


作詞をする人は、一生懸命、歌にふさわしい言葉を選んで、
歌詞を考えるわけですから、歌う時にはその歌詞を言葉を
大事に歌いたいですよね♪♪♪


感じ方の違いが、ちょっと面白かったので、他の日本語歌詞の
歌もぜ~んぶ、一回縦書きにして書いてみようと思います。

最新記事
記事検索
夏祭クラシックス

夏祭クラシックスは、クラシックイノベートが立ち上げた夏のクラシック音楽の祭典です!2017年から3年かけて公募合唱公募オケによる3大レクイエムの公演を行う計画。2017年はフォーレ、2018年はモーツァルト、2019年はヴェルディに挑戦します!