夏祭クラシックス

真夏のクラシックイベント、夏祭クラシックスのブログです。 夏祭クラシックス2019は2019/8/17ミューザ川崎シンフォニーホールにてヴェルディ・レクイエムを中心に演奏します。

夏祭クラシックス2019は
ヴェルディ「レクイエム」&ポンキエッリ「エレジア」

日時:2018年8月17日 14:00開演予定
場所:ミューザ川崎シンフォニーホール

歌うコツ

第九合同練習5回目その3~ピアニッシモはフォルテッシモの先にある~

蒸し暑さでぼーっとしてたら、第九練習レポの続き書くのを忘れていました。いやいやこの暑さ。本番間近なのを日に日に感じさせますね。


さて大地讃頌で発声もウォーミングアップも十分した後は、第九の総仕上げなかなかハードではありましたが、前回のオケ合わせで小森先生に注意されたことを中心にひとつひとつ確認をしていきました。


もうここまで来ると、先生から注意されることは大体共通してきます。言葉をしっかり話すこと、子音をはっきり発音すること、口を開けすぎないこと等々・・・。


何度も同じことばかりを言われてしまって先生には申し訳ないのですが、実践するまでにはなかなか頭ではわかっていても体得するまでが難しく、また他の箇所で注意することがあって気がとられるとうっかり次のことを忘れてしまうことも多々ありで、
練習風景先生からのご指摘
とりあえずやってみて気がつく
何度もやってみてやっと理解する
うっかり忘れてしまう
メモを見てまた思い出してやってみる。
の繰り返しで頭であまり考えすぎないで、自然に素敵に歌えるようになるには、かなりのステップが必要ですね。第九に限らず、私、この一年、ずっとこんな感じです。本当の意味での暗譜(全ての注意等々含めて体で暗譜)までの道程は結構長いですが、まだ本番まで二週間あります。一歩一歩毎日少しずつでも体感して頑張りましょう♪


前回のオカピ先生の一枚はこれ「ピアニッシモはフォルテッシモの先にある!」のイメージ動作写真。 ピアニッシモは確かにフォルテッシモはだんだん盛り上がっていけば自然につくけれど、ピアニッシモの方が何となく小さくしていけばいいのかなとイメージがつかみにくかったりしますね。なんか無理やり声を小さくしぼませちゃって、変な感じになることもあったりして。


フォルテッシもで徐々に膨らませた音を今度、細い針の穴に糸を通すようなイメージで丁寧にピアノにしていくといいそうです。歌っている本人は、言われた通りとりあえず、やってみたので自分の歌声まではわからなかったけど、他のパートさんの反応的には、そう意識してやってみたことで聞こえてくる声がずいぶん変わったようでした。ちょっとの意識ですごく変わる声って面白いですね。


さぁ、もう今日はガラ・コンサートのオケ合わせ。 ベートーヴェン「第九」&ガラコンサートの本番も二週間後と迫ってきました。
暑さに負けず気合を入れてがんばるぞ(・`ω´・)

そうそう、団員の皆さんも今から体調管理には十分お気をつけくださいね。がんばりすぎて、当日ダウンするわけにはいきませんから。

第九合同練習第3回その4~ソプラノが楽に声を出す方法~

前回の第九練習レポから、ずいぶん経ってしまいましたが、中途半端にしておくのも気持ちが悪いので続きを書いておきま~す。


前回の記事通り、テノールさんが椅子を使って声を出す練習をしましたが、その後ソプラノの歌の練習でも椅子を使いました。何のために使ったかというと・・・前の列の椅子の背に肘をついて頬杖をついたまま、だら~っと歌うため。え゛~っ!!


第九のソプラノパートは高音で息が続かなくて、窒息寸前になりそうな所がとにかくいっぱい('A`|||)
でもそういう箇所って何回も歌っていると決まってくるから「(((( ;゚д゚)))わぁ、ここ苦手~。さぁ、くるぞくるぞ~。」と苦手意識で体も緊張して、がんばって歌わなきゃって変に力がどうしても入ってしまうんですね。変に力が入ると喉を余計にしめて、更に窒息しそうになっちゃう(; ̄Д ̄)。がんばり方を間違えちゃって、自分で自分の首を絞めるとは、まさにこのことε=ε=(;´Д`)


・・・でこれを解決するために、椅子に頬杖をついてだらっと歌いましょう練習です。力を入れずに気張らずに歌う練習というわけですね。あとは力が妙に入ると口を下に開けすぎてあごが落ちてしまうので、頬杖をつくことで口が開きすぎるのを防ぐ(・∀・)とということらしいですね。なるほどあくびをするつもりくらいの感覚で出すといいと先生に言われてもどうしても苦手箇所は力入っちゃうんです。


歓喜の歌が苦しみの歌にならないように、楽に歌う技術は身に着けないとですね。(去年は、「必死の苦悩の歌」になってた部分が結構あったかも・・・(/TДT)/


・・・と楽に歌う方法を模索しましょう
というところで、前回の練習は終わり。
前田先生からアドバイス最後にピアノの前田先生から
「自宅で練習するときにテンポを意識した練習をしてみましょう」
とのアドバイス。


自宅にメトロノームがなくても、無料アプリとかを使えたりするので、そんな便利ツールも家で練習する時に使ってみては?とのことでした。(私たまに使っています。)
ちなみにこんなのがありますよ↓
無料ウェブメトロノーム
http://tateita.com/metronome.html
シンプルメトロノームオンライン
http://simple.bestmetronome.com/


さて次回の第九練習日は6月28日。そしてその次の練習はいよいよオケ合わせです。 オーケストラも練習がはじまり、着々と準備が進んでいるようですよ。日之出交響楽団さんの素敵な演奏を素敵に彩る合唱ができるように、がんばりましょう。


(初心者の方はYouTubeなどで第九オーケストラ演奏を聴きながら、事前に歌い始めのタイミングをオケ合わせの前に確認しておくと安心かもしれません。)

第九初心者稽古5回目で習った発声などのポイント

第九初心者練習最終回、前回の練習で撮った写真を見ていたらこんな写真が残っていました!さて、これは何でしょう?


楽譜 サイン前回の第九練習のホワイトボード。参加者の皆さんは覚えていますかね?
「楽譜に歌う注意など書き込む時は、言葉ではなく視覚的に瞬時に捉えられるような記号を工夫したほうがいい」という説明の例でしたね。指揮者をよく「見る」と書くよりは目の絵を、拍数も数字で書くよりは、線で区切ったりして視覚的にわかりやすく書いた方がよいとのアドバイスでした。
私も文章で細々楽譜に言葉で書き込む方で、クリスマスコンサートの楽譜を見ると「ここは命をかけて歌う!」とか書いてあったりして、後々細かすぎて自分でも何が書いてあるかわからない箇所もあります。自分なりの工夫が必要ですね。


ゴールデンウィークもはさみ、しばらく第九の練習がないので、前回の先生からの他の注意事項も復習しておきましょう~♪


低くて出しやすい音程であっても、油断して体を緩めずにきちんと高い音の時と同じように体勢を保って音を出すこと。
音を自分のところに戻すのではなく、一番奥の客席の人に最後まできちんと音を届けることを意識すること。(伝えるということ)。
食道のところに太いパイプが一本通っているイメージで、猫背にならないように姿勢に気をつけること。
音を長く伸ばしている時に次の入りがもう決まってしまうので、できる限り楽譜を先読みして先を歌う準備をできるようにすること。


細々とは色々あったけど、大きくまとめるとこんな感じですかね~。


次回の第九の練習は5月17日。いよいよ第九経験者さんもそろった合同練習第1回。経験者さんも加わり賑やかな練習になりそうで楽しみですね。


第九初心者さんは経験者さんに負けずに歌えるように、次回の練習までに復習をしっかりとしておきましょうね~。

第九練習方法のコツ2~なるべく家でも立って練習~

前回の続きな感じで、家での第九の合唱練習方法についてです。


車内練習ではそうは行きませんが、家などで第九を練習する場合は短時間でもできるだけ立つようにして、姿勢などにも気をつけながら、歌ったほうがいいかもしれませんよ。


私は特に飲み込みが遅く、先生に注意されたことを合唱練習の短時間の中でマスターすることがなかなか出来ないので、練習の場ではなんとなくやりながらメモだけとって、家で実践しながらゆっくり理解していくケースが多いです。発声方法も家で何度も試しながら徐々に会得していきます。毎日やっているうちに意識しなくてもその姿勢が癖になっていくので、逆に変な癖をつけないためにも、家で歌うときは姿勢を常に意識した方がいいかな~と思いまして。


先生に教えていただいた通り、ああでもないこうでもないと実践しながら、微妙な力の入れ具合だとか姿勢を変えてみつつ、声が出しやすい具合のところを模索。実際やってみてもいい状態が自分でわからなかった時は、次の練習日に解決することが目標になるのですが。


ベイコール合唱団と第九の練習で
今まで習ったことを書き出してみると、


足は開きすぎず、少しだけ開く
(両足の間隔、足ひとつ分幅位かな)
片足を半歩くらい前に出して、前に出した方に
重心を乗せることを意識しながら歌う。
お腹に息を吸って、お腹をへこませながらも息をキープするようにして歌う。(腹筋鍛えましょう!)
あごは下がり過ぎないように。大きく口は開けなくていいので、
魚の口のように縦を意識してあけることで音を響かせる(アの発音はオに近くなる)。頬骨を上げる感じでムンクの顔のような感じを意識して歌うとよく響く。 高い音ほど、上から下に落とす感じで。気張りすぎずにあくびをする感じで楽にだす。 100%出そうとして歌おうとすると辛いので、常に余力を残しておく。大きく声を出すことよりも響かせることを意識して声を出す。


こんな感じですかねぇ。
(上記全部、私の思いつく記憶からなので、間違っているところがあったらごめんなさい。)


こんなことを意識して試行錯誤しながら練習しますが、あとはできれば鏡で自分の顔とか姿とか見て歌うと自分の癖がわかってさらに良いかも~。ちなみに私は、歌っている最中、前のめりになる癖があるので、今度は壁に背中でもつけてみようかなぁと今考え中。


練習方法も十人十色だと思いますが、自分にあったやり方を日々模索しつつ、声の出しやすい姿勢等も模索するとこれからの自分自身の課題もわかって、練習日の3時間が更に充実するかと思います。私もまだまだ日々模索中です。


次回の第九合唱練習でお隣になった人にどうやって練習しているか聞いてみて、参考までに情報交換してみるのもいいかもしれませんね。

最新記事
記事検索
夏祭クラシックス

夏祭クラシックスは、クラシックイノベートが立ち上げた夏のクラシック音楽の祭典です!2017年から3年かけて公募合唱公募オケによる3大レクイエムの公演を行う計画。2017年はフォーレ、2018年はモーツァルト、2019年はヴェルディに挑戦します!