夏祭クラシックス

真夏のクラシックイベント、夏祭クラシックスのブログです。 夏祭クラシックス2019は2019/8/17ミューザ川崎シンフォニーホールにてヴェルディ・レクイエムを中心に演奏します。

夏祭クラシックス2019は
ヴェルディ「レクイエム」&ポンキエッリ「エレジア」

日時:2018年8月17日 14:00開演予定
場所:ミューザ川崎シンフォニーホール

前回の合唱練習後半レポ~団長バースデー&お父さん大活躍~

最近、第九のことばかり考えていたら、前回のベイコールの練習レポ後半を書くのをすっかり忘れておりました。前回どこまで書いたかも忘れてしまって・・・(前回記事を確かめるパンダ)。あ、そうそう、志田尾先生の練習前半まで書いたんでしたっけ。

ケーキ

練習半分が終わった頃、オカピ先生登場。と、、、突然ハッピバースディのピアノ演奏と同時にケーキが登場(o^∇^o)ノ


この練習日翌日(2週間も前ですけど)は、
われらが団長の3歳(ベイコール年齢?)の誕生日♪

集合写真「団長、おめでとう~♪」と盛り上がっていたところ、なんと団長バースディの翌日が団員Nさんのお誕生日であることがわかりWお誕生日をお祝いして再度歌をみんなで歌いました♪

どうやらベイコール団員、3月生まれが(他にもいるらしく)多いみたいです。お誕生日の仲間にお誕生日の歌をこんな大勢で歌うって、大人になったらなかなかないですよね。やっぱりこれは合唱団ならではの楽しみかなぁ。


ひとしきり盛り上がった後は、真面目に練習後半~!(ケーキは練習が終わった後、みんなでおいしくいただきました。)後半は、志田尾先生からオカピ先生の練習にバトンタッチ。


ここから今までいかにも「合唱曲」という感じの歌を歌ってきた雰囲気から、がらりと変わったちょっと変わった面白い歌に挑戦。「うるせ」というタイトルの詞を小学5年生が書いたという曲。速めリズムに追いつきながら、今までの歌うルールを守って、かつ滑舌をはっきりさせて歌うのはなかなか難しいっ(TДT)でも小学生の書く詞だけあって、ものすごく素直に(お父さんに対する)感情が現れている詞だから、歌っていて楽しい歌でしたね♪


途中、お父さんの「うるせ!」という台詞があるのですが、そこはベイコールのお父さんITジージさんが担当して、妙にそれがはまっていたのも面白くて(゚∀゚)アヒャヒャ。そして、関西の小学生が書いた詞ということでさらに感情を上手く出すためにあーれめんしぇんの関西弁指導もあり、なんだか今までとは全然違った空気の面白い練習でした。


口を開けて今まで滑舌よく発音できているつもり(たぶん実際はそう聞こえていないことが最近わかったんですが)でいたのが、口を開けすぎずともはっきり言葉は言えることがわかって、これをしっかりマスターできたら腹話術師にでもなれるかなと思ったりする今日この頃です。


さて明日は、第九の初心者練習~!ベイコール合唱団の練習で習ったことを存分に第九にも活かして去年より進歩した第九にすべくがんばるぞ~(o^∇^o)ノ

第九合唱とドイツ語の巻き舌の発音

今年の夏祭クラシックスの第九で2回目の第九合唱参加になる私ですが、最近「あれ?」と思ったことがあります。


それは・・・
「第九を歌っている最中に去年はできなかったはずの
巻き舌rrrの発音ができる回数が増えてきたことΣ('◇'*)エェッ!?


ドイツ語で第九を歌うとなると巻き舌が気になるところですが、先生は、「できなければ無理してやらなくても大丈夫ですよ」と。でも周りの第九経験者さん達がかっこよく巻き舌発音入りで歌っていらっしゃる声が聴こえるとどうしても気になっていたわけです。「やれたらかっこいいなぁ」と。


「はるるる」って何回も言う練習をしたら巻き舌が出来るようになるらしいよと友達から聞いて、「はるるる・・・(´・ω・`)」と試してみたものの、「はるるる・・・rrrr」と言う時はそれっぽく言えても、第九の歌詞になるとそうならないから、意味はなく。インターネットサイトで調べたら、ドイツ語の巻き舌は水なしでうがいをする感じで発音すると書いてあったのでみてやってみたものの、やっぱりしっくりいかず( ̄▽ ̄;)!!


あぁ、これは舌の長さが足りないから(私は少し舌足らずです。)、私の口の構造上できないようになっているんだろうなと半ばあきらめていたわけです。・・・で今年歌ってみたら・・・「あれれ?」と。
完全に100%できるわけではないのですが、自然に巻き舌の発音が入ってくる時があることに気がつき、「おぉぉっ(*゚▽゚*)できてるわ!」と。


なんで出来るようになったのか考えながら、色々調べてみたところ、
「巻き舌は舌に力が入っていると出来ません。」との記述を発見。「今までできなかった原因は、こ、これだぁっ(*゚▽゚*)


そう今までは、一言一言口をめいっぱい開けて全てに力みすぎて歌っていたから、舌にも力が入りすぎて巻き舌もできなかったのですね。口を開けすぎずにリラックスして歌うことで、巻き舌も自然に出来るようになったということか( ̄ー ̄)ニヤリッゆっくりではありますが、今までの歌の悩みがひとつひとつ解決されてきて、歌うのが前より楽しい今日この頃です。

インナーマッスルについて☆彡

昨日初めて更新しました、
未来の巨匠?…になれたらいいな、指導者岡田直樹です


横浜ベイ…と言えば、

横浜DENAベイスターズ


☆横浜ベイコール☆

実はベイスターズで今年終盤に飛躍した梶谷選手は僕の高校の後輩になりまして…。
本当、同じ横浜ベイを名乗る団体に所属していることに縁を感じます。


野球といえばイチロー選手がよく「インナーマッスルが重要」と言われます。
歌の世界でも同じように筋肉が必要と言われますが、歌の世界でも実際に必要な筋力というのはインナーマッスルであります。
早速ですが、イチロー選手清原選手ではどちらがパワーがありますか?
と聴くと大抵の人が清原選手と答えると思います。
ではイチロー選手清原選手どっちが速い球を投げますか?
と聴くと、大抵の方がイチロー選手と答えるでしょう。。。

筋肉がある方が速いイメージですが、でもイチロー選手の方が球が早いんです。つまり、ピッチャーが速い球を投げるために必要な要素の一つです。ということはいい声を出すために必要なトレーニングとして、同じようなトレーニングが必要ということが言えます。
それを可能にするインナーマッスルというものを知らない方、またはトレーニング方法を知らない方が結構多いのも事実です。

ではどのようなものか?というと、インナーマッスルとは、筋トレして鍛えられる表層の筋肉ではなく、深層部にある小さい筋肉のことです。実は、インナーマッスルを鍛えることで、メタボや隠れ肥満も解消できるのです。(⇒じゃあ、アンタもやりなさいと言われそうですが(; ̄Д ̄)

日本の昔の先生は腹筋をしろ、背筋をしろ…などと根性論に近い表面を鍛える筋トレをすることを勧められたもんです。私はどちらかといえば、イタリアで音声生理学を勉強していた過程から、合理的なトレーニングの重要性を皆さんに解いています。
歌は心ですが、心を活かす基礎トレーニングが欠かせないのは声楽家であっても、趣味で合唱する方でも一緒であります。ベイコールではこういう地道な基礎を積みながら、楽しい活動をしていますので、興味を持っていただけたら覗いていただけたら??なんて思います。

☆横浜ベイコール☆
最新記事
記事検索
夏祭クラシックス

夏祭クラシックスは、クラシックイノベートが立ち上げた夏のクラシック音楽の祭典です!2017年から3年かけて公募合唱公募オケによる3大レクイエムの公演を行う計画。2017年はフォーレ、2018年はモーツァルト、2019年はヴェルディに挑戦します!