夏祭クラシックス

真夏のクラシックイベント、夏祭クラシックスのブログです。 夏祭クラシックス2019は2019/8/17ミューザ川崎シンフォニーホールにてヴェルディ・レクイエムを中心に演奏します。

夏祭クラシックス2019は
ヴェルディ「レクイエム」&ポンキエッリ「エレジア」

日時:2018年8月17日 14:00開演予定
場所:ミューザ川崎シンフォニーホール

本番

横浜コーラルフェストの本番が終わりました!その2~「そのままの君で」「風」を歌って~

です。前回の続き。いよいよEブロックも後半、われわれの出番が近づいてきて、ちょっと緊張しはじめてきましたしかも色んな合唱団を聴きなれてきたこともあって、後半の団はものすごく上手な団が多いように思えて、少々焦ってきました

横浜コーラルフェスト2でもね、本番前日から緊張するだろうなと心配になった時は、「ソチオリンピックに出場している選手に比べたら、なんてことないな。」って思うようにしていたんです。あんなに若い子達が、国のプレッシャーも背負って出場しているんだもの。今回の合唱祭はブラボー賞という賞はあるものの、順位がつくわけでもないし、気楽なもんよと自分にひたすら言い聞かせ。
先生も本番は、間違うことを恐れずに思いっきりやってきなさいとのことでしたしね。

ホールちょっと緊張しつつ待機、いよいよわれわれの出番がやってきました。壇に昇るまではそうでもなかったのですが、やっぱり舞台に上がると緊張するものですね。いつもの練習とは全然違う風景、客席が見えるんですから。「いつものように」歌うのはなかなか難しいわけです。

前回クリスマスコンサートの時は私は、「客席がよく見えないほうが緊張しないのでは?」と眼鏡を外して出場したのですが、お客さんが見えないほうが不安で緊張したので、今回は眼鏡をかけて出場。客席の空気も反応もわかった方が、なんとなく安心できると感じました。それに今回の課題は「お客さんに伝えられる歌を歌うこと」でしたからね。

司会の方が合唱団の紹介をはじめて、前田先生の伴奏がはじまってから、演奏が終わるまではあっという間でした。途中、テンポ走りすぎちゃったところあったかなとは思いましたが、自分では今まで歌った中では、一番の出来だったかなと思えて。まだまだ「思いっきり楽しむ」までの余裕はなかったけれど、クリスマスコンサートよりは、お客さんに伝えることを意識して、楽しく歌えた気がします。やれることはできた達成感は十分感じることができたかな

終わってから、気になるのはひたすら、「客席で私たちの歌がどう聴こえたんだろう」ということ。舞台からは想像つかないんですよね。今回のコーラルフェストは講評もつくということでドキドキでした。

本番を終えてからについては、またまた続きで・・・。

PANDA

横浜コーラルフェスト本番が終わりました!その1~本番当日リハーサルから出番まで~

コーラルフェストです。後出し報告ですが先週土曜日、横浜コーラルフェストが無事終わりました。私たち横浜ベイコールは、初出場Eブロック11番目の出演。クリスマスコンサート後から気合いを入れて自主練から、オカピ先生の厳しい練習特訓を経て、迎えた本番です。(練習についてはまたまた遡って後日別記事で)
本番当日は、少し早めに桜木町駅前の音楽スタジオに集合し、最終リハーサル。軽く身体をほぐして、なつかしのSilent and White Christmasで発声練習をした後、「そのままの君で」「風」を通し練習。前回の練習からの課題、集音を意識するのを忘れないように部分的に返し練習をした後、最終的な復習。みんなでの確認作業をして練習終了。会場入り時間までお茶タイム。普段練習中はゆっくり話せないメンバーとも色々お話した後、リラックスして会場入り。

着替えをすませた後、持ち時間15分の練習室での最後のリハ。横浜コーラルフェスト最終通しでまさかまさかのソプラノ全員歌詞がふっとぶ事件あり、でも再度やり直しで自信を何とか取り戻しひと安心。ホールへ移動して、あとは私たちの出番を待つのみとなりました。
まだみんなリラックスしてます。→

なんせブロックで11番目ですからね。ここから出演までが長いわけです。色々な団体の歌を聴いて、眠くなっちゃうこともあるかななんて思いましたが、自分が歌う立場として他の合唱団を見るのははじめての経験でしたから、色々勉強になることあり、他の演奏も楽しむことができました。お客さんにすっかりなっちゃって、自分出ることを忘れそうになったくらい・・・。

でも椅子に長~いこと座っていたので、体はやっぱりコチコチに
こんなんで声出るかな~とちょっと心配になってきたタイミングで、なんと発声タイムというのがあり、体操と発声をしました。他の合唱団のパワフルな先生のご指導で楽しい時間でした。

発声タイム後、4番目がわれわれ横浜ベイコール合唱団の出番。
体もほぐれてよしやるぞ~っと。長くなったので本番他次回記事へ~。

クリスマスコンサートの一日その5~第三部であたたかい手拍子が~

気がついたらクリスマスコンサートから、
風邪ひきの1週間を過ごしてましたパンダです。


今年の風邪は本当にしつこい。咳が長く残るのが
特徴らしく、私の風邪は典型的な症状みたい。
他の団員も今、喉をやられているとの連絡がありました。
みなさん気をつけましょう(´・ω・`)


さてまたまた続きですが、やっと本番れぽ第三部本番まで
たどりつきました~。もう、しばしおつきあいを。


第一部終了から第三部までは、フルート演奏の第二部を
はさんでいたので、結構ゆっくりできる時間があると
思っていたのですが、実際はあっという間(゚∇゚ ;)アッ!?


でも、みんなで写真撮影会をしたせいか、
オオカミをかぶったせいか、気持ちも
楽になって、さぁやるぞと舞台袖へ。


さぁ、われわれの出番。と舞台へ出たところ、お客さんの
あたたかい拍手ありそこへベートーベンオカピ先生
登場で、さらに和やかな楽しい空気になっていて、
歌いやすかったです。


第三部一曲目も自分としては第一部ほど緊張しすぎず、
なかなかいいすべり出しだったかな。
つぁうべるインタビュー

二曲目は、つぁうべるの
オリジナルクリスマスソング
で、歌う前にオカピ先生の
つぁうべるインタビュー。
このやりとりにかなりうけてしまったので、
緊張もとけてリラックスできていたんだと思います。
緊張しすぎることなく二曲目も歌えました。


この二曲目Silent&White Christmasを歌った後の
お客さんの反応もすごく嬉しかったです。合唱としては
初披露の歌を歌わせていただくわけですから、
特にこの歌はきれいに歌いたい、歌わなくては
責任重大って、私ずっと思っていましたから~。


さてさて、つぁうべるオリジナルクリスマスソングの後は
ディズニーメドレー。オオカミの登場はずっと
後半なのに、もう始まる前から、
「うぉぉ、いよいよオオカミ来るぞっ」って
私、そのことしか頭にありませんでした。


「くるぞくるぞ、やるぞやるぞ。」
と思いすぎて・・・前半一箇所失敗。
ふと横みたら同じソプラノの団長が歌っているのに、
私、歌ってない・・・。あ、、、私入り忘れたぁぁ・・・(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?


(すぐ気がついたので、何ごともなかったように
すぐ歌いましたけどね、ごめんなさ~い。)


ま、そんなこともあり、でもリラックスしていたので、
慌てることもなく、いよいよディズニー後半へ~。


緊張はだいぶ解けていたものの、タイミングを外しては
ならぬとドキドキはするものでして。でもそしたら
オオカミ出番の直前から、タイミングよくいい感じの
手拍子が客席からはじまって・・・。


これはありがたかったです。ほんとにうれしかったし、
そのおかげで楽しくオオカミミッション終了。
その後も、最後までとても楽しく歌うことができました。


お客さんに本当に支えられて、楽しい本番終了となり、
終了後の拍手もほんとにほんとに嬉しかったです。
アンコールを思いっきり歌える空気ができて、
最後もう一曲も心置きなく歌えました。

第三部

最後はね、みんなが集まった原点とも言える、
第九がベースの歌だったから、ほんとにほんとに
思いっきり歌えてみんながひとつになれた感じがして、
最初の緊張はどこかへすっかり吹っ飛んでました。


退場してからも楽屋まで戻る間、ずっとお客さんの
拍手が聞こえてきて、嬉しかったです。


あたたかい手拍子、拍手、ありがとうございました。


というわけで、長く続いた本番日レポート
でしたが、これにて終了~。


明日は団の忘年会、ふぁーてるぼーねん会です。


「ふぁーてるぼーねん」ってのも、第九の歌詞からの
引用なのですが、ふろいで幹事長とあーれ局長が
命名したそうで、普通の忘年会とはまた違う感じかもね~。


2014年はこの面白団員達に何が起こるのでしょうか?
来年もいい仲間と楽しく歌って、素敵なコンサートが
できるよう祈りつつ、明日は楽しい忘年会をしてきまーす。


来年、この面白団員達と第九を歌いたいという方は
是非、夏祭クラシックス2014にご応募くださいね。
お待ちしてまーす。詳しくは横浜ベイプロジェクトのHPまで。

クリスマスコンサートの一日その4~第一部終了から第三部開始まで~

スーパー、デパートどこへ行っても歌えるクリスマスソングが
かかっていて、心の中で歌うのに忙しいパンダです。


スーパーでかかっている「ママがサンタにキッスした」は
男声合唱の「サンタのっおじさんっ」「トゥトゥルッ」
の部分がないから、どうも物足りなくて
なんとなく気持ちが悪いって私だけ?
他の団員はそんなことないのでしょうかね(笑)。


さてさて、気がついたらもう本番から1週間、本番一日の
ことを書くのにだらだら一週間もかけてしまって申し訳なく。


ちょっと本番後、風邪を長引かせていたのもありまして、
皆さんも気をつけてくださいね。


前回の続き、今回は第一部終了時から、
第三部開始までの楽屋で~す。


第一部が終わって、休憩&フルート演奏の間は、
楽屋で着替えて第三部に備える時間。


第三部の服装はベイコールTシャツにジーンズ、
そしてサンタ帽とちょっと楽な服装になり、
気持ちもだいぶリラックスできました。


おおかみ

そして私はオオカミかぶりものをかぶり
スタンバイ。これをかぶると気持ちが落ち着くなと
(なんででしょうかね?)第三部は緊張せずに
できる予感がしてきました。
着替えたところで楽屋を周り、写真撮影会~。
記念写真1記念写真2
あ、あれ?オカピ先生がベートーベンになってる(゚∀゚)アヒャヒャ
こ、これはなつかしの6月の第九打ち上げの時のカツラ。
あーれ局長が持ってきていたそうで。
準備にぬかりない局長、さすがです。


ってか指揮者のオカピ先生がこれかぶってたら、
どんなに緊張してても笑っちゃうわ。しかも自分オオカミだしね。


もうこれは間違えても何でも楽しくやるしかないってね
オオカミかぶった自分見て覚悟を決めました(`・ω・´)
(って本番ほんと間違えちゃったんですが・・・Σ(=゚ω゚=;))


オオカミ任務だけはしっかりやるわ、あとは、楽しくやるっ
と決めて、フルートの素敵な音色を聴きながら待機・・・。


いよいよ次回、第三部本番~アンコールです。


明日には、書き終えますので、だらだらと書いておりますが、
どうぞもう少しだけお付き合いくださいまし~。

クリスマスコンサートの一日その3~緊張の本番第一部~

クリスマスコンサートの一日
前回の続き~、ここからいよいよ本番です。


ステージの声出しが終わって、楽屋で喉を潤した後、
いよいよ本番。舞台袖に待機してドキドキしながら
時間を待ちます。(この時間が一番緊張。)


ベルが鳴っていよいよ開演。袖から舞台に出る時に、
オカピ先生が「リラックスしてね~(*・ω・)ノ」と声をかけて
送り出してくださいましたが、おそらくこの時は一番緊張
していて(; ̄Д ̄)顔がこわばっていたかと思われます(笑)。

クリスマスコンサート本番1

一曲目、「Ave Maria」でしたが、緊張しすぎて正直、 あまり覚えていません。とにかく必死だったかな。
ほんと祈るような気持ちだった気がします。

一曲目を歌い終えて少しほっとした後の団長挨拶で
団長が「歌って楽しいんだよ♪」って言った時、 団長挨拶あぁそうだよ、そうだよ、
楽しまなくちゃねって思いつつも、
まだまだ緊張していて、気持ちも体も
ちょっと固まっていた私。
緊張でうわぁと思った時はちらちら
横目で団員仲間の顔を確認してちょっと
安心してました。一人じゃないぞと。


割とリラックスして歌えたのは
三曲目以降くらいからだったかなぁ。
と慣れてきた頃に、あっという間に一部が終了。


予想以上に緊張して、ちょっと出し切れなかった感が
あったけど、泣いても笑っても本番は一回っきり。


あとは第三部はふっきってやるしかないと(`・ω・´)♪


楽屋に戻った時に、他の団員が、
「一番前に座っている子供さんが、こちらがにこやかに
歌うと嬉しそうにしていて、コワい顔してると
つまらなそうにしているんだよねー。」と言うのを聞いて、
「あーっ、私コワい顔前半たぶんしてた。ごめんねぇ。」
とちょっと反省。


第三部はソロオオカミもあるし、
とにかく楽しくやるぞと決めました。
何度も舞台を踏んでいる団員さんは客席に知り合いを
見つける余裕もあり、全然緊張しなかったみたいです。
楽屋で聞いてさすがっと思いました。


初心者は緊張によわい~~~(((( ;゚д゚)))Σ(=゚ω゚=;)
場数を踏めば私も堂々と出られるようになるかなぁ~。


楽屋へ戻って、一息入れて、
第三部のお話はまた次回に続きで~。

最新記事
記事検索
夏祭クラシックス

夏祭クラシックスは、クラシックイノベートが立ち上げた夏のクラシック音楽の祭典です!2017年から3年かけて公募合唱公募オケによる3大レクイエムの公演を行う計画。2017年はフォーレ、2018年はモーツァルト、2019年はヴェルディに挑戦します!