夏祭クラシックス

真夏のクラシックイベント、夏祭クラシックスのブログです。 夏祭クラシックス2019は2019/8/17ミューザ川崎シンフォニーホールにてヴェルディ・レクイエムを中心に演奏します。

夏祭クラシックス2019は
ヴェルディ「レクイエム」&ポンキエッリ「エレジア」

日時:2018年8月17日 14:00開演予定
場所:ミューザ川崎シンフォニーホール

春に

ホワイトデーのご予定は? 定期演奏会のお知らせ

ホワイトデーのご予定はありますか?
横浜でデートして夜はコンサートなんていかがでしょう?
----------------------------
横浜ベイコール 第2回定期演奏会


2015年3月14日(土) 開演18:30 (開場 18:00)
横浜市開港記念館 講堂
(みなとみらい線「日本大通り駅」1番出口徒歩1分)


指揮  岡田 直樹/志田尾 恭子
ピアノ  前田 明子
曲目
【第1部】
団歌/そのままの君で/春に/走る川/金髪のジェニー/故郷の人々 他
【第2部】
男性メドレー/やさしさに包まれたなら/Hail Holy Queen/瑠璃色の地球/春の童謡メドレー/ 花は咲く 他


料金 500円(前売・当日)


お問い合わせ info.baychor@gmail.com 
  横浜ベイコール(池田) まで
  「前売チケット希望」など題名にご用件をお書きください


bf8b4bda.jpg

そこの歌い手さん、楽曲分析はいかがですか?~「春に」谷川俊太郎~

曲分析(アナリーゼ)。
詞や曲が音楽としてどう組み立てられているかを理解します。
すると「うまく歌うにはどうしたらいいか?」と必死で固くなっていた声が柔らかくなり
自然とお客様に伝わるようになります。
心の入った歌い方になるからです。


私はまず「春に」を楽曲分析してみました。


あなたにとって「春」とはどんな季節ですか?
谷川俊太郎さんの春ってどんな春なんだろう?

この気持ちはなんだろう
。。。と沢山出てきますね。
比喩表現が多い事にも気づきます。そして何を伝えたいのか?


作詞家の「伝えたい」を歌い手が理解し、お客様に「伝えられる」ように分析する。
この曲に興味を持ち、さらに好きになり、もっと歌いたくなります。
音楽、絵画、食。色々な事全てに言えることですが
「どうしたら喜んでもらえるだろうか?」
「こうしたら喜んでくれるかな?」
という心が入った歌が伝わると嬉しい気持ちになりませんか?


少し目線を変えて自主練に励んでみてください!

団長挨拶
最新記事
記事検索
夏祭クラシックス

夏祭クラシックスは、クラシックイノベートが立ち上げた夏のクラシック音楽の祭典です!2017年から3年かけて公募合唱公募オケによる3大レクイエムの公演を行う計画。2017年はフォーレ、2018年はモーツァルト、2019年はヴェルディに挑戦します!