夏祭クラシックス

真夏のクラシックイベント、夏祭クラシックスのブログです。 夏祭クラシックス2019は2019/8/17ミューザ川崎シンフォニーホールにてヴェルディ・レクイエムを中心に演奏します。

夏祭クラシックス2019は
ヴェルディ「レクイエム」&ポンキエッリ「エレジア」

日時:2018年8月17日 14:00開演予定
場所:ミューザ川崎シンフォニーホール

応募

第九合唱団にはじめて挑戦する初心者さんが参加申込する時期

「今年の年末のベートーベンの第九にはじめて挑戦して
みたかったけれど、初心者を募集しているところが、
探してももう見つからな~い。」 
と残念に思っている人もいるかもしれませんね。 


全く今まで歌ったことがない初心者が0から挑戦する場合には、
もちろん募集時期はイベント毎に異なりますが、
大体、本番で歌う日の8~9ヶ月位前を目処に
(これから挑戦する人は8ヶ月以降に本番を迎えるイベントを目処に)
情報を探してみるのがよいかと思います。


第九経験者の方の練習は大体3~4ヶ月前に始まるところが
多いのですが、初心者の方の場合、第九経験者と合流して
歌えるようになるまでに個人差はありますが、プラス3ヶ月くらいは必要です。


(初心者が参加できるイベントでは、最初の3~4ヶ月を
初心者用練習にあてているところが多いです。
実際、発音、音取りをして一通り歌えるようになるには、
必死で練習してもそのくらいの期間はかかります。)


そうすると練習期間だけで半年以上が必要となるのですが、
「初心者も申込可!」としているイベントは人気も高いので、
募集定員がすぐ埋まってしまう可能性もありますし、
自分の通える地域や都合に合う練習日程で
条件に合うところが、うまく見つからないこともあります。


初心者さんが余裕を持って申込、じっくり練習するには、
8~9ヶ月くらい前から調べはじめて申込むようで、
早すぎることはないのです。


一度、初心者としてどこかの第九イベントに参加すれば、
二回目からは、胸を張って経験者枠で応募することができます!
そうすると、応募できるイベントの範囲も広がり、また仲間内から
情報もたくさん入ってくるようになるので、
以降は色々なイベントに参加しやすくなるでしょう。


今年の年末に第九を歌うのに間に合わなかった方も
あきらめずに来年の年末には歌えるようになっているよう、
今から、年末に限定せず初心者でも参加できるイベントを探してみては?

→夏祭クラシックス2016第九合唱団員初心者も募集中です。 

第九の公募合唱団を探す方法

前回の記事を見て、
「今年の年末に第九を歌いたいと思っていたけど、出遅れたかも~」
と思った方もいるかもしれません。


7dbd71b5.jpg

今から年末の約3ヶ月ですと、全く0からの初心者さんだと厳しいかと思いますが、学生時代にとかでも歌ったことがある方であれば、あきらめずに粘り強く応募できるところを探してみると、年末歌える場所が、運がよければ!ですが、見つかる可能性もまだありますよ。
こればかりはタイミングと運、そして縁だと思うので
「絶対見つかります」とは断言できませんけれど。


横浜ベイコール合唱団の団員も第九演奏会への応募をきっかけに
合唱を始めたあるいは、学生時代以来の合唱活動を再開された方が多いです。


第九合唱に挑戦してみたい場合、誰しもとりあえずはインターネット検索で
「第九 合唱団 年末」とか「第九 合唱団 応募」とかのキーワードで
探してみるかと思います。


ものすごい数のウェブサイトが出てきて、自分に合ったところを探すのを
ギブアップしてしまうかもしれませんが、ある程度、参加したい地域や時期
(横浜とか川崎とか、2015年●月とか)も限定してキーワードに入れて色々試してみると
自分の条件に合ったものが見つかる可能性が高いかも知れません。


また、インターネット募集をかけていない合唱団でも
地域の地区センター等に募集チラシなどが貼ってある場合もあります。
近くの地区センター等も利用して情報収集してみましょう。


そして、初心者でも参加可能なのかどうか、経験者のみなのか、
日本語なのかドイツ語なのか、練習日と本番の場所や日程が
自分と合うかどうか、よくよく確認して検討しましょう。


ほとんどの団体は参加費用が必要です。
1万円~2万円前後とか、こういった会に初参加だと
「参加費用、高い!」と思うかもしれませんが、参加費用を
練習回数で割って練習一回を習い事1回分(本番費用込)と
考えてみるとそうでもないと感じられるかも。
(人それぞれの価値観なので何とも言えませんけれどね。)


もう9月後半となると年末の第九は募集締切をしている合唱団も多いです。


でも募集要項に「募集締め切りました」と明記されていないようであれば、
締切を少し過ぎたくらいでしたら、問い合わせ先にダメもとで
メールや電話で問い合わせてみると、運とタイミングがよければ
(募集人数に達していない場合)、受け付けてもらえる場合もあります。


ソプラノは大抵人気でどこも早く埋まってしまう傾向はありますが、
団によっては特に男声(テノール、バス)はなかなか集まりにくいところもあり、
募集締切を過ぎても個別に問い合わせてみると、意外と受け付けてくれることも。
(ただもう練習が始まっているところでは、その分の参加費用は返ってきませんし、
練習に参加できずに遅れた分は、自分で勉強、練習して追いつかなければなりません。)


大きな有名なホールでやるコンサートは、人気があり、団員は経験者のみ
だったり、オーディションがあったり、抽選だったりするところもあります
ので、最初は割とローカルな小規模な感じのところを選んで
問い合わせてみるとまだ年末に第九を歌える可能性はあるかもしれませんよ。


そして一度参加してみると、合唱団の仲間を通じて、
また他の団体の募集情報とかも入ってくる可能性が高くなりますので、
その後は色々なところで申込、参加がしやすくなります。


でも、もし今年の年末のコンサートの応募に間に合わなくても、
年末に限らず、2月や3月また夏祭クラシックス2014のように
真夏8月も第九コンサートをやっている団体も割と探してみるとありますので、
(→夏祭クラシックス2016合唱団員募集中です。)
(年中、第九を歌える団を探し歩いて、色々なところで歌っている人もいるようです。)
興味のある方は、まずは情報収集から!やってみましょう。

第九合唱団員インタビュー~第九参加2回目ツァウベルの巻~

第九合唱団員インタビュー、2回目はテノールのツァウベルです。
つぁうべるの自己紹介については、こちらの記事でご覧ください。
では、ツァウベルのインタビュースタート!!


最初に第九を歌うことになったきっかけは何ですか?
自らの歌唱技術向上のためです。
第九以前はバンドのヴォーカルやギターの弾き語りをやっていましたが、改めてゼロから歌を学びたいと考えました。また自分の音楽で大好きな横浜に貢献したいという想いがあります。
(昨年の横浜開港祭の第九合唱参加が初参加。)


第九を歌う楽しさ、魅力は何だと思いますか?
歌い手としてもっと成長したいと感じられること。壮大な歌詞とメロディにふさわしいヴォーカリストでありたいと思います。


第九を歌うのは夏祭クラシックスで何回目ですか?
また、何度も歌っていらっしゃる方は、何度も挑戦するおもしろさを教えてください。

昨年横浜開港祭以来、2回目です。
横浜ベイコール合唱団で普段学んでいる技術を生かす楽しみがあります。
昨年は力で押し出す歌い方でしたが、今年はやわらかく響かせるように歌うことが目標です。


夏祭クラシックス2014では8月の本番に向け、今、第九団員募集中です。これから参加しようかなという方へ宣伝やメッセージをお願いします。
最近知りましたが、「第九は年末に歌う」のが通例らしいですね。しかし夏に歌っちゃいけない理由はありません。参加大歓迎、お待ちしてます!


以上、ツァウベルインタビューでした。ツァウベルと私は前回の横浜開港祭で第九初心者で初参加でしたから、今回が2回目。第九同期って感じです。お互い今年は進化した第九にしたいですね。がんばりましょう。


次は誰かな?お楽しみに~。

1年前の今日からはじまった~第九合唱団参加のはじまり~

何気なく過去のメールを見ていたら、なんと1年前のまさに今日、
私は横浜ベイコールの第九合唱団に応募フォームを送っておりました(゚∇゚ ;)エッ!?


まさか、一年後にこうして合唱団スタッフまでしているとは思わずにね(笑)。


以前にも書きましたが、私が合唱団に入ったきっかけは横浜在住の友人。
学生時代に「いつか第九を歌いたいね」と言っていたのを覚えていて、
連絡をくれたのですが、わたし実は最初は断っていました。


「初心者は練習5回以上出席すればいいんだって。
5回以上なら埼玉から通っても何とかなりそうじゃない?」
その時、「5回も横浜まで!?無理無理無理」 なぜなら、
年末第九の誘いだと勘違いしていたから。12月末までに5回も通うって、
それ毎週でしょうって。


よくよく聞いてみたら、来年6月本番の第九の募集とのことで、
それならばと納得して申し込んだのが1年前の今日というわけです。
結局、5回じゃ全然歌えるようにならないとわかり、練習はほぼ皆勤でしたが。


この1年で何回横浜を往復したのだろう、私(゚ω゚=)(=゚ω゚)


応募フォームを送る時に「意気込みをどうぞ。」って欄があったので、
中途半端な意気込みだと振り落とされるのではないかと
友達と話しながら、一生懸命考えて書いた覚えもあります。
(結局その欄に書いた内容で選考とかはなかったらしい・・・(; ̄Д ̄)


まぁ、こんな経緯で今があり、こうしてこのブログを書き、
12月14日のクリスマスコンサートの舞台にものれるわけです


この1年間は、1年前には全く想像していなかったことばかりでしたなぁ。
またここから1年間は予測できないことが、いっぱい起きるのかな。


まぁ、そんなこの1年間の想いも乗せつつ、
12月14日は、めいっぱい楽しんで歌いますね。

最新記事
記事検索
夏祭クラシックス

夏祭クラシックスは、クラシックイノベートが立ち上げた夏のクラシック音楽の祭典です!2017年から3年かけて公募合唱公募オケによる3大レクイエムの公演を行う計画。2017年はフォーレ、2018年はモーツァルト、2019年はヴェルディに挑戦します!