夏祭クラシックス

真夏のクラシックイベント、夏祭クラシックスのブログです。 夏祭クラシックス2017は2017/8/12ミューザ川崎シンフォニーホールにてフォーレ「レクイエム」を中心に演奏します。

夏祭クラシックス2017は
フォーレ「レクイエム」&サン=サーンス「交響曲第3番オルガン付」&男声合唱

日時:2017年8月12日 14:00開演予定
場所:ミューザ川崎シンフォニーホール

川崎教育文化会館

8/23 夏祭クラシックス2015本番@川崎市教育文化会館

本番から2夜明けました。
そろそろ何か書かないと文句言われそうなので本番の顛末でも書き記していこうと思う。
GPの記事がないことにお気づきのあなた。かなりの夏祭中毒ですね(笑)


さて、本番である。
今回は昨年の反省を大きく生かし、団員の集合時間を遅くしたのである。
開館が9:00なのでスタッフと同時集合ではバタバタして収拾がつかないからだ。
特に、舞台設営には気を使って人員を取られるので少し落ち着いた10時とした。
昨年の記事はこちらからどうぞ。


今年は舞台責任者を志田尾先生にお願いしたのが功を奏し、昨年度激おこで超不機嫌だった舞台スタッフのおじさんも体育会系のノリが気に入ったのかニコニコ顔。
これで本番の95%は成功したも同然である(違)


音響調整やピアノの調律で想定外の事態が生じ、開場ギリギリまでセッティングに時間を要してしまったことは反省点である。が、合唱合わせ等はおおむねオンタイムで進行でき、ホッと胸をなでおろした。
さらに今年は会場中を走り回らずに済むように無線機をレンタルしたり、1部に出番がないので15時まで比較的余裕があったりと、昨年よりはだいぶラクだったなという印象である。
まぁ、手抜きの仕方を覚えてきたと言っても過言ではないが(笑)
DSC00715


例年の如く、受付周りのスタッフはヨコハマベイフィルハーモニーさんにお願いし、昨年の反省を生かし大幅増員も図った。
が、予想外に大勢のお客様を迎え開場前は外に並ぶお客様との壮絶な睨みあいになったと仄聞する(笑)
とは言え昨年のような混乱はなく、場外整理をきっちりしてくれたおかげで開場後はわりとスムーズに入場いただくことが出来た。
ありがたい仲間たちである。感謝!
DSC00718
↑ 開場20分前には長蛇の列が出来ていた。。。これ左側ずっと会場に沿って楽屋口のあたりまで並んでましたよ。


そしていよいよ夏祭クラシックス2015の開演である。
第一部はラフマニノフ、パガニーニの主題による狂詩曲である。
のだめカンタービレなどでお馴染みの有名な曲。これを横浜出身の若手実力派ピアニスト斎藤龍が弾く。
これは見ないと(聴かないと)!とファンも大勢駆けつけたようだ。さすがである。
DSC00722


第2部は被爆体験者、齋藤孝さんによるトーク。
生で全部聞けなかったのが残念だが相当リアルな話だったようで、涙ぐむお客様もチラホラいたようである。
相当貴重な経験になることだろう。


そして、いよいよ満を持して「土の歌」である。
約半年間の練習の成果が問われる瞬間である。
ほぼほぼオンタイムで舞台に上がり演奏開始。結果はあえて言うまでもあるまい。
本番に強い神話は健在であった。
被爆体験談からイメージを膨らませて聴いたおかげなのか、土の歌、大地讃頌のイメージが変わったという感想を多くいただいた。
爽快でおめでたい第九とは違って、涙しながら聴いていただいたお客様もいて、企画のコンセプトからすれば大成功と言えるだろう。
11902538_805512912880326_6496598391600928614_n
↑ 最後はお馴染みの「大地讃頌」を全員合唱でフィナーレ。ここで涙腺崩壊した方も多いようだ。


さてさて、2年間事務局長という大役を任せていただいて、正直骨の折れることしかないわけだが、本番後の団員さんの満足げな表情を見ると苦労も忘れる事ができる。
1年目は、前年のひどい有様に衝撃を受けた改革の年、2年目は収支の見えない企画を成し遂げた試練の年、3年目は飛躍の年にぜひしたいものである。
本企画にご賛同・ご協力いただいたすべての方々にこの場を借りて厚く御礼申し上げます。


Allemenschen@じむきょくちょー

P.S.
長くなったので打ち上げの模様はまた次回!

オペラガラコンサートのオケ合わせ~コンサート本番まであと10日です~

夏祭クラシックスベートーヴェン「第九」&ガラ・コンサートまであと10日となりました。少々焦っているところです。
先日土曜日は、第一部 オペラ・ガラコンサートのオーケストラとの合同練習、オケ合わせでした。


私は第一部の方は練習に出られていないので残念ながら参加しないのですが、オケ合わせだけどんな様子か偵察に( ̄ー ̄)ニヤリッ行って来ましたよ。


ガラ・オケ合わせ

第一部オペラ・ガラコンサートの合唱参加は、横浜ベイコール合唱団&先日募集した第九に参加する方たちの中からの有志(・`ω´・)有志の中の有志ですからね、気合いが半端ありませんヽ(・ε・)人(・ε・)ノ ナカマ


合唱参加する曲は、椿姫乾杯の歌、メリーウィドーワルツ、こうもりシャンパンの歌、の3曲。私は椿姫乾杯の歌の稽古には最初出ていたのですが、イタリア語が追いつかずにかなり苦戦。でも第九の有志の方は合唱キャリアも長い方が多く、結構すぐにマスターされたそうです。すごいっ.。゚+.(・∀・)゚+.゚


ソリスト合唱参加の曲までは、知っていたのですが、実は全部のプログラムを知らなかった(事にこの時気がついた)私。実は、この第一部オペラガラコンサート他にも何曲もソリストが歌う名曲があって、結構贅沢なプログラムになっていたのですね。オペラ・ガラコンサートだけで8曲。皆さん一度は聴いた事がある名曲だと思います。オーケストラ&ソリストさんの美声に聴き惚れて、オケ合わせ偵察のはずの私もすっかりお客さん気分になってしまいました。(↑写真は素敵な美声のソリストさん達です。)


合唱の方も自分が歌う番ではないとなると気楽なもの~。すっかりお客さん気分 (´▽`)♪指揮者の小森先生との返しのやり取りで、短時間でもずいぶん歌の聴こえ方も素敵に変わっていきました。自分のことだとあまりわからないことも、客観的に歌を聴いてみると「あぁ、なるほど。」と思うことも多くて、勉強になりましたね。(第九に続き、「言葉をはっきり」ということを先生は言われていましたが、聴いてるだけの側になってみると確かに相当はっきり言葉を話さないと歌では言葉が流れてしまうのだなというのは感じました。)


あと一回、オペラ・ガラコンサートの練習はあるので、みなさん、がんばってくださーい.。゚+.(・∀・)゚+.゚楽しみにしていまーす。(←すっかりお客さん)


会議

終わってからは、出演者さんは何やら廊下で秘密の会議?素敵な演出があるようで、並び順とかの打ち合わせをしていたようです。演出も楽しみですね。


さて、コンサートまで残り10日。今日からカウントダウン
8月3日(日)ご都合よろしければ、是非ぜひ川崎市教育文化会館へ遊びにいらしてくださいね。
そして私達の乾杯に是非ご参加を


出演者一同、ご来場を心よりお待ちしておりますヾ(´ω`=´ω`)ノ

第九合同練習5回目その2~みんなで大地讃頌を歌いましょう~

第九合同練習レポの続き。体をよ~くほぐして、ウォーミングアップをした後は、発声練習。


発声かねてに大地讃頌をみんなで合唱♪


この大地讃頌、コンサートの最後にお客様と一緒に歌うお楽しみがあるのです。今から会場で大地讃頌を歌うのをとても楽しみにしているお客様もいるそうで、根強いファンがいるのでは、(大地讃頌は初心者の)私もいい加減に歌うわけにはいかないなぁと気合いも入りますね。しかも今回は、大地讃頌もオーケストラの演奏に合わせて歌うオーケストラバージョンと豪華。本番、どんな風になるのだか、私も楽しみ♪


オーケストラの素敵な演奏に負けないように、しっかりと盛り上がるところは盛り上げて歌わないとせっかくの企画が台無しになっちゃう。お客様も安心して歌えるように舞台上の私達ががんばらないとです。客席とオーケストラと一体になって歌える貴重な機会、楽しめるようにがんばりましょう。


来週の土曜日は、ガラ・コンサートのオケ合わせだそうですが、大地讃頌もオケ合わせをするそうです。(諸事情で7/19のオケ合わせはなくなったそうです。7/18修正)あと動画でオーケストラの演奏を聴き慣れておくとよいとのことでした。(オーケストラの大地讃頌はかなりの迫力でかっこいいそうです!)


ちなみに私達の練習風景はこちら↓

↑この私達と一緒に大地讃頌を歌いたい方は 是非ぜひ8月3日川崎市教育文化会館へご来場くださいね。


もちろん、大地讃頌合唱だけではなく、


第一部オペラガラ・コンサート
第二部ベートーヴェン第九


も素敵な演奏になるよう、頑張っております。


では、第九練習レポ、第九練習に続く・・・。

第九初心者の頃~4ヶ月で合唱できるようになりますよ~

横浜ベイコ―ル合唱団員兼スタッフのツァウベルです。
さて今回は昨年2013年、私が第九初心者(未経験者)だったときの話です。初心者の方はもちろん、経験者の方にとっても参考になればと思います。


2月 入団申込。
3月 練習参加。
4月 歌詞とメロディがだいたい頭に入る。
5月 曲の構成がだいたい頭に入る。
6月 本番出演。


2月入団申込した時点では第九がどんな曲かわからず、Web検索で「第九 ベートーベン 音源」と調べてみました。主題のメロディは有名なので何となく聴き覚えがありました。


3月に購入した「第九練習用CD」が大変役に立ちました。自分の歌うメロディと歌詞だけを教えてくれます。同じく購入したベーレンライターの楽譜を目で追いながらCDを聴いていました。


※ベーレンライターはドイツの出版社。楽譜など音楽関連の書籍を出版してます。


4月は歌詞とメロディがだいたい頭に入ってきました。複雑なメロディなど覚えにくいところは、そこだけ繰り返し練習していました。



5月は2月に聴いていた第九の音源を聴き直しました。曲全体の中で自分がどこを歌っているか、盛り上がるところなのか、抑えるところなのかを意識しながら歌えるようになりました。

そして6月本番出演。練習の甲斐あって初心者は卒業できたかなという感じです。しかし「歌詞の意味を理解する」「歌声を美しく響かせる」「コーラスとして全体と調和する」はできないままでした。


そのリベンジの舞台は今年8/3(日)川崎市教育文化会館。
このブログをご覧のみなさまもぜひ一緒に歌いましょう。
ご応募おまちしております♪

最新記事
記事検索
What's BayProject

演奏会企画集団:クラシックイノベートと合唱団横浜ベイコールのアカウントです/オーケストラと合唱をメインとした夏祭クラシックスを中心に、様々なイベントを企画しています/お気軽に絡んでくださいませ!共演希望や持ち込み企画なども大歓迎/ボランティアスタッフも随時募集中/横浜ベイコールは約20名のアットホームな合唱団/月2回横浜川崎地区で練習中。


友だち追加

Twitter