夏祭クラシックス

真夏のクラシックイベント、夏祭クラシックスのブログです。 夏祭クラシックス2020は2020/7/18ミューザ川崎シンフォニーホールにてカルミナ・ブラーナとベートーヴェン交響曲第7番を演奏します。

夏祭クラシックス2020は
「カルミナ・ブラーナ」&「ベートーヴェン交響曲第7番」+ ネッスンドルマ!

日時:2020年7月18日 14:00開演予定
場所:ミューザ川崎シンフォニーホール

地上の祈り

6/20 第8回練習(横浜市開港記念館)

こんばんは。
今日は気合を入れてメガネで行ったのにあんまり絡まれませんでした。
ショックw


さて、今回は横浜市開港記念館での練習である。
この会場、実は今回の夏祭にも出演している横浜ベイコールの定期演奏会に使用した会場だったのだ。
横浜方面の練習会場を選定するにあたり、一度は入れておきたかった素敵な会場なのである。
kaikouimg


歴史の趣いっぱいで写真を熱心に撮っている団員さんもチラホラ。
これだけでも来る価値があったというものである(言い過ぎw)


いつものように体操なのだが、先生がギリギリ到着だったのでピーチ君に仕切りをお願いし、準備運動である。
頼んでもいないのにネタを考えているあたり、将来有望な若者である。
 DSC00670


練習だが、鬼門の5楽章の復習に続き、6楽章の音取りである。
テナーは出番が少なく楽勝かと思いきや…。
他パートと合わせた時に結構持っていかれてしまった。
音がしっかりしていないとなかなか釣られずに歌うのは難しい。
バスは出番が少ないものの、お経みたいなところが光っている。
あれは超カッコイイ。
あのあたりのゆるやかなメロディは聞いていてファイナルファンタジーのワンシーンを連想してしまった。


土の歌という楽曲は初めて聴いて初めて歌うのだが、楽章ごとに雰囲気も変わっていて面白い曲だなと練習しながら感じている次第である。


最後は5~7楽章を通して終了。
前田先生のコメントにあったように、リズムをしっかり意識して歌おうと誓った練習でございました。
縦の線を引いてみよう。
(その前に音取りせぇよ!w)


練習後はいつものように団員さんと一献酌んで帰宅。
本日は馬車道に行ったのだが、女性陣はケーキを食べに行ったので残った男子で肉会である(笑)
DSC_0618


行ったのはここ
one's kitchen~ワンズキッチン~
http://ones-kitchen.com/

岩塩プレートに乗ったイベリコ豚が大変美味でございました。


1434816710770
ちなみに女性陣はこのような感じだったようですねー。


次週はなんと女子会だそうだ。
どうなる事やら。楽しみなような不安なようなwww



Allemenschen@じむきょくちょー

カンタータ「土の歌」とは

大地讃頌」は合唱曲として多くの学校で歌われています。
この曲の作詞者は大木惇夫、作曲者は佐藤眞。
この「大地讃頌」は、カンタータ「土の歌」という作品の最終楽章にあたります。
カンタータとは、ある一貫したテーマにそって歌われる大規模な声楽曲のこと。


第一楽章「農夫と土」には、自然の恵みのありがたさ、土への感謝が込められています。
第二楽章「祖国の土」は、人が土から生まれ土へ帰っていくという自然の摂理について描かれます。
第三楽章「死の灰」は、原爆について、また科学や人間の汚さについて描かれた歌です。
第四楽章「もぐらもち」は同じく原爆について、もぐらに例えて人間を批判する内容です。
第五楽章「天地の怒り」では天災の悲惨さや人間の無力さが歌われます。
第六楽章「地上の祈り」には、大地への想いや反戦への祈りが込められています。


そしてこの組曲が第七楽章の「大地讃頌」に繋がるのです。


学生時代に何気なく「大地讃頌」を歌ったという人も多いでしょう。


しかしその楽曲には、原爆を始めとする人間の残忍さや、人災の悲惨さ、平和への祈りという強いメッセージが込められているのです。
楽曲に込められた平和への希求を知ることで、もっともっと深く「土の歌」を味わうことができます。


横浜ベイプロジェクトでは、「土の歌」をオーケストラと歌う企画で合唱団員を募集しております。
皆様のご応募、心よりお待ちしております。


http://goo.gl/9Lhecl

最新記事
記事検索
夏祭クラシックス

夏祭クラシックスは、クラシックイノベートが立ち上げた夏のクラシック音楽の祭典です!2017年から3年かけて公募合唱公募オケによる3大レクイエムの公演を行う計画。2017年はフォーレ、2018年はモーツァルト、2019年はヴェルディに挑戦します!