夏祭クラシックス

真夏のクラシックイベント、夏祭クラシックスのブログです。 夏祭クラシックス2019は2019/8/17ミューザ川崎シンフォニーホールにてヴェルディ・レクイエムを中心に演奏します。

夏祭クラシックス2019は
ヴェルディ「レクイエム」&ポンキエッリ「エレジア」

日時:2018年8月17日 14:00開演予定
場所:ミューザ川崎シンフォニーホール

土の歌

6/13 第7回合唱練習

みなさまこんばんは。
金曜日、職場の飲み会で死ぬほど飲み、テンション低いまま参加していた事務局長です。
少年Aに太った?と腹をドツかれ、少女Bになぜメガネでないのかと責められ、少年Cにはサボっていたところを咎められました(笑)
なんという虐待w


さて、今回もまた新会場。吉野町市民プラザである。
練習回数を増やすと場所の確保も結構大変で、今回もいろんな会場を渡り歩く事になっているのである。
参加者の皆様ご不便かけてすみません。


本会場は18時オープンの22時クローズ。10分前まで入れないようでしばし皆で待機したのち慌しく受付設置。
いつもどおり体操、発声とすすんで、5楽章の続きから練習開始である。
モーニング部分は終わったはずなのに、女声が残っており付き合うはめに。
二日酔いに高音連打は死ねる。。。


この曲、チョット歌うと間奏が入るのだが、けっこう激しいのだ。
そして超カッコイイ!
ピアニストの間奏に聞きほれていると歌うのを忘れている(笑)
オケになるとどうなるのだろうか。ワクワクが止らない。


そうこうしているうちに5楽章も終わり、時刻は9時近い。
22時まで使える会場なのでギリギリまで練習継続するようだ。
なんとも死ねる。
1楽章をおさらいし、なんとかこの日を乗り切ったのである。


練習後は帰り道にあったお好み焼き屋で会食である。
二日酔いには迎え酒ということでビールで生き返り、ひたすらお好み焼きをヤキヤキ。
関西人には朝飯前である。
ついでに関東人ぶってもんじゃなんぞも焼いてみたり。
ワイワイガヤガヤと楽しい一時でございました。

DSC_0598

Allemenschen@じむきょくちょー
 

6/6 第6回合唱練習(川崎市中原市民館)

4月から開始した本企画も6月を迎え汗ばむような陽気になってきた。
まだまだ本番までは道のりも長い、そして8月は比べ物にならないくらい暑い。
体調管理には十分ご留意ください。


さて、第6回の練習である。
タイトルを書いていて気づいたが、なんと666だ。
特に幣団は某秘密結社とは関係ないのでご安心を(笑)


先週に引き続き、中原市民館。
受付も手馴れたもので担当スタッフがテキパキと準備してくれる。
すっかり事務局長は用済みなので練習に集中をさせてもらったのだ。


いつものように体操、発声と続いて恒例のお誕生日。
どうも先生が練習前の出張で買ってきたと思しきお土産があるそうで、お裾分け…
もとい独り占め企画である。



団員のミキさんおめでとうございます!

というわけで第5楽章突入である。
ここは先週やった第4楽章からの続きで、
「地上に出てみたら…激しさが表現され、原爆という未知の体験をし、色々とわからないまま人間が彷徨う様が書かれてます。 」
ということらしい。


音自体は繰り返しが多く、パターンを覚えてしまえばなんとかなりそうな感じではあるが、問題は早口言葉バリの歌詞であろうか。
短い時間で言葉数が多いので噛みそうになるし、ちゃんと歌おうとするとだんだん遅れてくるし、パート内でもずれが酷い。。。
これは大変である。
しかも、中盤は男声のWowWowの連発。
人生でこんなにwowを連発したのはモーニング娘。以来かもしれない


練習中盤以降は男声練習で時間を終えてしまったのである。
次回は5楽章続きになるのだろうか。悪夢は続くようだ。。。


練習後は先生の発案で少ない男声の結束を図るべく催された「男子会」である。
モーニング楽章で疲れ果てて飲むビールは格別である。
場所はこちら。
焼き鳥 串かん
http://r.gnavi.co.jp/ga4n900/map/
お値段も手ごろで美味しいので中原市民館の回にはまた寄ってみてください。


男子同士のアツいトークも炸裂し、非常に有意義な時間でございました。
参加された14名のみなさまありがとうございます!


0606
P.S.
どうもメガネマン2号は男子会に味を占めたようで、次は女子会を狙っているらしい。。。
さて、どうなる(笑)

 

5/30 第5回合唱練習(川崎市中原市民館)

皆様こんにちは。メガネマン1号です。


休みの日はメガネをかけてることが多いのですが、なぜか昨日メガネマンを拝命した次第である。
ちなみに2号はオカピだそうだw


さて、練習である。
久しぶりの中原市民館。高級なタワーマンションの1,2階を市民館にしているあたり中原区は気合が入っている。しかもそのおかげで災害にも強かったりする(後述)


いつものように体操、発声と進んで、4楽章の音取りである。
「もぐらもち」というお題が付いている。
先生曰く、
「火の槍に怯えるもの、死の灰に怯えるものは、土に生活する俺たちもぐらの真似をするんだぜ!」
だそうだ。
もぐらの立場で書かれた曲のようで独特のテンポやら寸劇ちっくなところとか非常に面白い。
「もぐらもぐら」はヘビロテ要素抜群かもしれない(笑)


しかし、楽譜を見てみると男子のパートがほぼ無い!
なんて楽勝。と思いながら音取り中に爆睡していたのはナイショ。。。


そんなこんなで気を抜いていると突然の地震速報である。
みんなのケータイは鳴っていなかったようなので、行政のシステムなのだろうか。
けたたましく鳴る割りになかなか揺れが来ない。
おそらく震源が遠いのでP波とS波に相当の時間差があるのであろうが、不気味である。
1分近く経ったであろうか、ホールがゆらゆらと揺れ始める。結構長かったが歩けるくらい揺れはたいしたことなかった。
避難も必要ないようで一安心して練習再開である。

練習後、記念に集合写真を撮り解散となった。


DSC00666_s

今年もすばらしいメンバーに恵まれて感謝!


Allemenschen@じむきょくちょー


P.S.
練習後は次週の「男子会」の下見と称して一杯。
スマイル王子を合唱団にスカウトしたりとなかなか楽しいひと時であった。


11011204_10206608089660210_8749221642064940732_n

余談であるが、地震の揺れが小さかったのはタワーマンションの制震構造にあるようだ。
たぶんあそこは練習会場の中で一番安全だな。
 

5/23 第4回合唱練習(神奈川公会堂)

皆様、こんばんは。
定番の事務局長でございます。

本日は第4回。場所は2回目の神奈川公会堂である。
先週は練習が無かったので2週間ぶりとなりましたが、勘が戻らない。
復習が足りないのだろうが…。


さて、練習日誌である。
いつものように体操、発声…と続くと思いきやまさかの自己紹介タイムであった。
受付を片付けながら急に声がしなくなったので何事かと思いきや…である。
思いのほか喋りが長い人が多く、間延びしてしまったようで申し訳ございません。
ま、隣で歌う人の人となりも知れてよかったと思います。


そういえば自分も自己紹介をしていなかったようなので、少し触れておこう。
生まれも育ちも、うどん県こと香川県。大学で4年間徳島に住み、また香川に戻り就職。
ひょんな事から転職し、みかん県(愛媛県)に移住し四国内で生涯を終える予定であったのだが。。。
これまたひょんな事から東京転勤となり川崎在住4年目となるのである。
合唱経験、楽器経験もなく、いまだになぜ事務局長なんぞをやっているのか謎なのだが、歌を始めるきっかけは過去記事「ふろいで合唱物語」を参照願いたい。
(ここに出てくる耳鉛筆が私です。筆者のふろいでという男の影響で2013開港祭の時に「アーレメンシェン」を拝命。アーレとかあーれちゃんとか呼ばれていますw)


脱線してしまったが、練習開始。HTMLタグ編集
第7楽章を歌ったのだが、いつもは発声代わりに適当に歌っていたものの、よくよく楽譜を見ると音が取れていない事が発覚。
テノールで歌い始めに良く出る「ファ」がまったく分からない。。。
中学生の時は普通に歌ってたんだけどなぁ。おかしい。
やっぱりタネちゃんがいないと…(ry


思わぬところで時間をロスしてしまい、第3楽章のおさらいである。
初っ端から音がわからない。
マジでやばい。
そしてまさかのテノール個人練習の巻
土の歌の難しさを知るのである。
第3楽章。暗くて嫌いという声もあれば、逆に一番好きという意見も多いようで。
先日、被爆体験者とお会いしたのだが、やはりこの3楽章は原爆を伝える意味でもキモになるように感じる。
練習中に先生が「火垂るの墓」の話をしていたが、子供の頃に見たテレビの記憶といえば、「はだしのゲン」だったように思う。
マンガ版は左翼的思想が問題になっており個人的にもどうかと思う部分は多いが、youtubeに映画版があったので興味があれば見ていただきたい。


被爆体験談。本当に興味深い話が聴けると思う。これは必聴です。
練習にも激励に来ていただけるように交渉中ですので、団員のみなさまもお楽しみに。


Allemenschen@じむきょくちょー


P.S.
帰り道。スタッフでアルト団員のI田さんと話していて、やはり第3楽章が一番好きだそうだ。
あまり目立たないアルトでありながら、美味しい箇所は「俺に任せろ」と力強いことを宣言していたので紹介しておこう。
要注目

雑用日和?

皆様こんばんは。今週は練習も無くごゆるりとされている方も多いと思う。
こんな日こそ、優雅に雑用が出来るのである(笑)


朝から、後援をいただいている川崎市の市民施設にチラシを置いてもらうために荷造りである。
20部だか30部ずつ、配布施設ごとに仕訳して箱詰め。
DSC_0575


結構面倒なのだが、去年のように足で全件歩いて交渉していた時とは雲泥の差。
後援取得しておいてよかったよかった。 


宣伝活動というのはいつも骨が折れるのである。
知名度もまだまだ低いのでチケット販売は本当に大変なのだ。
いつも手弁当で頑張ってくれるスタッフ達には本当に感謝感謝である。
というわけで、みなさんどんどんチケットを買ってください。そして売りまくってください。


http://goo.gl/Hsmp0V
団員に知り合いが居ないあなたも安心。なんと!イープラスでお買い求めいただけますよ。


しかも


スマチケなら発券手数料も無料!
これはお買い得
(紙発券でも、支払・受取方法をファミリーマートまたはセブンイレブンで揃えると手数料がお得です。)


 さて、夜は夏祭クラシックス2015のトークイベントの打合せである。
チラシにも掲載しているように、広島での被爆体験者(斎藤孝さん)が存命で、しかもお元気とあらばこれはお願いせねばと、横浜はみなとみらいまで出かけてきたのである。
横浜開港際にも係わっている方なのでご存知の方も多いかもしれないが、おもろいじいちゃんである。


開催時期やテーマなどでいろいろ心配もしていたが今日お話して杞憂であることがわかり一安心。
大人だけでなく学生さんにも是非聴いていただきたい本番になると思います。
乞うご期待


あ、なんと学生(高校生以下)は1,000円じゃないか 


雑用だけではない。
団員の手前、予習復習をしている事にしておかないとまずいではないか!
相変わらず、楽譜より帳簿とにらめっこしている時間のほうが多いのだが、息抜きにYoutubeで他団体の演奏などを見ていたのである。
男声の数は同じくらいだが、全体的に人数少ないな…。
うちは果たしてどうなるか。楽しみなような不安なような(笑)


 

Allemenschen@じむきょくちょー 

最新記事
記事検索
夏祭クラシックス

夏祭クラシックスは、クラシックイノベートが立ち上げた夏のクラシック音楽の祭典です!2017年から3年かけて公募合唱公募オケによる3大レクイエムの公演を行う計画。2017年はフォーレ、2018年はモーツァルト、2019年はヴェルディに挑戦します!