夏祭クラシックス

真夏のクラシックイベント、夏祭クラシックスのブログです。 夏祭クラシックス2019は2019/8/17ミューザ川崎シンフォニーホールにてヴェルディ・レクイエムを中心に演奏します。

夏祭クラシックス2019は
ヴェルディ「レクイエム」&ポンキエッリ「エレジア」

日時:2018年8月17日 14:00開演予定
場所:ミューザ川崎シンフォニーホール

合唱

本番リハーサルGPが終わりました~いよいよコンサート本番は明日です!~

目の前に迫った夏祭クラシックス ベートーヴェン「第九」&ガラコンサート。昨日は本番リハーサル、GPでした。ソリストの先生も勢ぞろい。合唱団メンバーも平日夜にかかわらず、欠席はほとんどなく勢ぞろい。
28ebd019賑やかながら、緊張感の漂う最後の練習でした。昨年もそうでしたが、本番前の緊張感と楽しみの前のワクワク感、「そしてあとこのメンバーで歌うのも何回か」と思う少しさみしさの混ざったある種、複雑な心境の本番前です。
9edae9dbコンサートパンフレットも素敵に出来上がっていました!!団員名の中に自分の名前が見つかるとちょっと嬉しいですね(・∀・)つ
本番の並び通りに並び、第九第4楽章を通してリハーサル開始。 部分的に練習のために歌うのと、やっぱりオーケストラの音を通して聴いて歌うのでは、気持ちの盛り上がりがやっぱり違いますね。昨日はしっかり発声練習をする時間がなく、自分自身「まだまだ声出るかな~」ともどかしく感じる部分もたくさんあったので、本番ではもっともっと自信を持って気持ちよく歌えるはず。


そのために今日はしっかり復習しまーす。ピアノの繊細な音の持っていき方がまだまだ課題で難しいと感じたので、それも明日までの課題です。


そして本番の明日は、以前にピアニストの
前田先生がおっしゃっていた通り、
「私はスーパースターv( ̄∇ ̄)v」
と気持ちを盛り上げてステージは楽しむべし。
泣いても笑っても本番は一回きり。
過去最高のフロイデ(歓喜)!で歌いたいですね。


第九に続いて大地讃頌。楽しみにしていたオーケストラ演奏、思っていた以上にかっこよくて、ちょっと自分が歌うのを忘れそうになりました(*゚∀゚)っオーケストラの素敵な演奏の音に負けないようにしっかり歌わなくてはと思いました。大地讃頌は客席の皆さんとの全員合唱ですので、客席のみなさまもお楽しみに


そしてGP後半は、第一部ガラ・コンサートのリハーサル。素敵なソリストさんの歌声とそして、有志の合唱団の合唱と演出の一部を見て、(私は第一部は参加しないので)お客さんとして本番が楽しみになりました。本番は衣装付になりますので、もっとみなさんノリノリなのでしょうね。


私達の乾杯に参加したい方、夏の第九を堪能したい方、大地讃頌をオーケストラで歌いたい方、夏休みだからちょっとイベントに参加したい方、川崎市教育文化会館へ明日是非ぜひお越しください。暑い日に熱いメンバー達がお待ちしておりま~す。


演奏会にいらしてくださる皆様、そしてこの演奏会に 少しでもかかわった皆様にとって明日が
最高のふろいDayになりますように。

5be22271

オペラ・ガラコンサート合唱練習~優雅な舞踏会を演出します♪

横浜ベイコ―ル合唱団員兼スタッフのツァウベルです(テノール)
夏祭クラシックス2014 第九&オペラ・ガラ・コンサートは来週日曜。
オペラの名曲を歌うガラ・コンサートと「第九」「大地讃頌」!!
チケットのお買い求めは当ブログ左の欄イープラスよりお願いします!


さて、7/26(土)はオペラ・ガラコンサートの合唱練習。
「椿姫乾杯の歌」「メリーウィドーワルツ」「こうもりシャンパンの歌」といった演目に合わせそれぞれ本番を想定した入退場の動き、舞台上の並び順をシミュレーションしました。


特に「椿姫乾杯の歌」は背景が舞踏会♪♪♪


男性が女性をエスコートしつつ合唱するという高度な演出


もちろん動きと歌を両立させるのは大変ですが、曲の世界観を表現するため、そして何よりお客様に楽しんでいただくため、出演者一同、楽しみつつも真剣に取り組みます


ブログをご覧頂いているみなさま、コンサート本番は8/3(日)14:00開演。
ぜひぜひ川崎市教育文化会館でお会いしましょう(・∀・)つ♪
20140726ガラコン練習風景

第九合同練習5回目その3~ピアニッシモはフォルテッシモの先にある~

蒸し暑さでぼーっとしてたら、第九練習レポの続き書くのを忘れていました。いやいやこの暑さ。本番間近なのを日に日に感じさせますね。


さて大地讃頌で発声もウォーミングアップも十分した後は、第九の総仕上げなかなかハードではありましたが、前回のオケ合わせで小森先生に注意されたことを中心にひとつひとつ確認をしていきました。


もうここまで来ると、先生から注意されることは大体共通してきます。言葉をしっかり話すこと、子音をはっきり発音すること、口を開けすぎないこと等々・・・。


何度も同じことばかりを言われてしまって先生には申し訳ないのですが、実践するまでにはなかなか頭ではわかっていても体得するまでが難しく、また他の箇所で注意することがあって気がとられるとうっかり次のことを忘れてしまうことも多々ありで、
練習風景先生からのご指摘
とりあえずやってみて気がつく
何度もやってみてやっと理解する
うっかり忘れてしまう
メモを見てまた思い出してやってみる。
の繰り返しで頭であまり考えすぎないで、自然に素敵に歌えるようになるには、かなりのステップが必要ですね。第九に限らず、私、この一年、ずっとこんな感じです。本当の意味での暗譜(全ての注意等々含めて体で暗譜)までの道程は結構長いですが、まだ本番まで二週間あります。一歩一歩毎日少しずつでも体感して頑張りましょう♪


前回のオカピ先生の一枚はこれ「ピアニッシモはフォルテッシモの先にある!」のイメージ動作写真。 ピアニッシモは確かにフォルテッシモはだんだん盛り上がっていけば自然につくけれど、ピアニッシモの方が何となく小さくしていけばいいのかなとイメージがつかみにくかったりしますね。なんか無理やり声を小さくしぼませちゃって、変な感じになることもあったりして。


フォルテッシもで徐々に膨らませた音を今度、細い針の穴に糸を通すようなイメージで丁寧にピアノにしていくといいそうです。歌っている本人は、言われた通りとりあえず、やってみたので自分の歌声まではわからなかったけど、他のパートさんの反応的には、そう意識してやってみたことで聞こえてくる声がずいぶん変わったようでした。ちょっとの意識ですごく変わる声って面白いですね。


さぁ、もう今日はガラ・コンサートのオケ合わせ。 ベートーヴェン「第九」&ガラコンサートの本番も二週間後と迫ってきました。
暑さに負けず気合を入れてがんばるぞ(・`ω´・)

そうそう、団員の皆さんも今から体調管理には十分お気をつけくださいね。がんばりすぎて、当日ダウンするわけにはいきませんから。

第九オケ合わせその3~自らがお客さんにならないこと~

第九オケ合わせレポートの続きです。


最初は緊張していたオケ合わせも、小森先生の指揮に慣れるにつれて肩の力がうまく抜けて、楽しく歌えるように時間とともになっていきました。今回はひな壇ではなく何となく背の順に並んで歌っていたので、指揮の手が見えないこともありましたが、手が見えなくても先生の表情が見えれば、何とかついていける安心感を得て、どんどんノリノリで楽しく歌っていましたが・・・♪


ノリノリになってきて自分のペースで突っ走りすぎるとメリハリをきっちりつけて歌うことを忘れてしまうところも(; ̄Д ̄)。去年は私は余裕のない第九1年生の超初心者でしたから、出せるだけの声でガンガン歌ってたんですよノ( ̄0 ̄;)\オー!!ノー!!!!昨年はそれがもう手一杯で。でも今年は暗譜はできてるし、そこは何とか卒業したいところ。


そこで先生の「はっ(`・ω・´)」とさせられる一言。


オケ合わせ

「歌っている自分が自己満足してお客さんになってはいけないんですよ。」
「対象(お客さん)に何を届けたいかを意識して歌うことで、その気持ちで声は全然変わってくるんですよ。」と。


「気持ちで声が全然変わってくるw(*゚o゚*)w」
の一言が私には衝撃的でしたね。


この後、その場面場面の流れで重要な(伝えたい)単語を先生と確認しつつ、強弱メリハリをつけて歌う練習をしましたが、機械的に強弱だけで覚えるのではなく、しっかり言葉の意味を理解しながら気持ちの強弱をつけられれば、メリハリは自然についてくるものだなと少し手ごたえを得ました。


色々、学ぶところが多かったオケ合わせの
貴重な3時間もあっという間。
団員さんが撮ったオケ合わせの動画をちょっと公開します。
8月3日の本番までにはもっともっと進化を遂げているはず
(とハードルあげてみた)ですので、お楽しみに。



第九オケ合わせレポは、ひとまずこれにて終了ですが、
次回記事はオケ合わせ後の番外編で~す。

第九オケ合わせその2~小森先生指揮のドラマチックな第九~

前回、出し惜しんでいた(?)
第九オケ合わせレポートの続きです。


ちょっと緊張の中はじまった第九のオケ合わせ、指揮者の小森康弘先生の指揮に合わせて、練習がはじまりました。


以前に小森先生の指揮の第九コンサートは拝見、拝聴したことがあり、パワフルな指揮をされるので合唱団も歌いやすいだろうなと思っていましたが、実際先生の指揮を見ながら歌うのは今回が初めての経験(^_^)ニコニコ


昨年の第九のオケ合わせでは暗譜ができていない超初心者で、楽譜にかじりついて指揮をしっかり見る余裕がなく何度も指揮を見逃してしまっていたので、今回は先生の指揮を見逃さないようにしっかり集中(´・ω・`)
はじめは少し緊張もあって、先生の指揮よりもテンポを走って歌ってしまい、反省したところもありましたが、すごく大きな動きと表情でダイナミックに表現と指示を出してくださる先生の指揮を見て歌っていると、いつの間にか緊張と硬さも取れてリラックスして歌うことができるようになっていました.。゚+.(・∀・)゚+.゚


歌っている最中も体全体を使ってわかりやすく指示を出してくださるのですが、終わってから返しの時のご指示もとても明快で面白くわかりやすく、「はっΣ(゚д゚;)」させられたことも多かったです。


例えば一番有名なMの主題部分。
「ここはその前のオーケストラの演奏の流れから
とてもドラマチックな場面なのですよ。」
と小森先生。


Mの主題を歌う時は笑顔でフロイデな感じを表現しなくてはと思うことに今まで必死で、そんなドラマチックであることになんて気がつく余裕もなかった私。


そう言えば、以前に団長が第九インタビューの中で、「第九は、ひとつの物語になっている」と言っていましたが、まさにこのことですね。


まだまだ私の第九は部分部分のひとつひとつを歌うことに必死で、大きなひとつの流れができていないことに気がつきました。このドラマチックな流れに自然に乗っていけば、自然にフロイデな感じに歌えそうな感覚を得ました。(今までは無理やりフロイデな感じを作ろうとちょっと無理してたのかも~。)

まだ書きたいことがあるので、また次回に続きます~。

最新記事
記事検索
夏祭クラシックス

夏祭クラシックスは、クラシックイノベートが立ち上げた夏のクラシック音楽の祭典です!2017年から3年かけて公募合唱公募オケによる3大レクイエムの公演を行う計画。2017年はフォーレ、2018年はモーツァルト、2019年はヴェルディに挑戦します!