夏祭クラシックス

真夏のクラシックイベント、夏祭クラシックスのブログです。 夏祭クラシックス2019は2019/8/17ミューザ川崎シンフォニーホールにてヴェルディ・レクイエムを中心に演奏します。

夏祭クラシックス2019は
ヴェルディ「レクイエム」&ポンキエッリ「エレジア」

日時:2018年8月17日 14:00開演予定
場所:ミューザ川崎シンフォニーホール

合唱練習

第九合同練習4回目その3~フロイデな感じを出す~

前回の第九練習レポートの続きです。


細かなところを丁寧に返していった前回の合唱練習、私の所属するソプラノパートの最大の課題は「フロイデ(歓喜)」の感じを出すこと。


今までの記事の中でも何度か触れてきましたが、第九のソプラノパートはとにかく高くて長くて息が続く(続かない?)ぎりぎりの音が多く、苦手意識があると不安な感じが出てしまうし、一生懸命になると必死感が出てしまって、一番メインテーマのいいところを歌わせていただいているのにも関わらず、頑張れば頑張るほどに「フロイデ(歓喜)」の感じからどんどん遠ざかってしまうのですε=ε=(;´Д`)


私も今年こそは「苦悩の歌」を表現している感じから脱したいところ。


・・・でオカピ先生のお手本顔です。実はこの写真はちょっとシャッターチャンスを逃してしまい、歌うお手本顔の瞬間からはずれてしまいましたが、このニコニコ顔(・∀・)
フロイデな感じ歌う時に笑顔をつくるポイントは、顔の上半分で表情を作ること、声を100%出そうとせず、セーブしつつ「私、余裕よ。」という空気をちょっと出すくらいで歌うことだそう。
確かに、いつも私溺れる寸前状態だからな・・・。どんなシーンでも藁をもつかむ状況では自分を客観視する落ち着きなんてありませんからね~Σ(=゚ω゚=;)


それからクリスマスコンサートからずっと私は先生に言われてきていることなんですが「見られていることを常に意識して歌うこと。」も今回のポイントでした。自分をまさに客観視できるようになる余裕をもつということですね。


そして、練習の最後にピアニストの前田先生からのお言葉。
本番になったら「自分はスーパースター(o^∇^o)ノ」と思い込むことで、何かオーラのようなものが体から出て来るものなので、プラスの思い込みも大事とのことでした。


「完璧に第九を歌える」なんて自信はまだまだ持てないですけれど、自信のなさとか不安は、舞台ではもろに出てお客さんをも不安にさせてしまいますからね。あと一ヶ月やれるだけのことはやって、当日は
「私はスーパースターヾ(=^▽^=)ノ」でみんなで思いっきり「歓喜」を歌えるようにがんばりましょう。


あれ?今日は7月3日。
ということは、ちょうど1ヶ月後は本番の日


1ヵ月後の今日がご来場くださるお客様、そして団員全員にとっての
思いっきり素敵な歓喜の日になりますように(´∀`)

第九合同練習4回目その2~細かいところをより丁寧に~

前回の続き、第九合同練習4回目レポです。
練習風景2オーケストラとの合同練習、オケ合わせを次週に控え、結構ハードではありましたが合唱部分全体を丁寧に復習しながら返していく練習でした。最初、とりあえず一気に合唱部分を全部全員で合わせて歌ってみたところ、時間にしたら20分ほどでしたが、体力的にはなかなかハード('A`|||)
というわけで、その後は休憩時間をこまめにはさみつつ・・・みんな喉がカラカラになるようで、(飲食禁止の)会場を出てその度に廊下へ出て水分補給。 私は休み時間中は、本番のチケット販売。というわけで、なかなか大忙しの3時間でした。(団員の皆さん、たくさんチケットお申込いただきありがとうございます。なかなか私の手際が悪くてすみません・・・)


こまめに休憩時間が入ったものの、なかなか濃い練習内容で細かい部分の注意がいっぱい!!練習風景1
・母音"u"は"o"に近く発音。
・母音"o"は"a"に近く発音。 (中間音って意識しないと難しいですよね。)
・"t"の子音。"ツ"とならないように"t"。子音の音が消えないように。
などなど、たくさんありすぎて書ききれませんが、(団員さんは、後日練習メモを参考に)先生からの注意事項は今まで注意されてきていたところの繰り返しも多いんですけれどね・・・。
毎度のことながら、頭ではわかっていてもその通りすんなり実践できないもどかしさもあり、あと本番まで1ヶ月あるので何とかマスターしたいところです。


ちなみに指揮者の小森康弘先生には、前回の練習の私達の録音音声が届いているとのことで、実際お会いするまでに上達して先生をびっくりさせましょうとオカピ先生のご提案!!
指揮者の先生をビックリさせられるかな。みんなでがんばりましょう。


まだ書きたいことが残っているので次回へ続く~。

第九合同練習初回その2~次回の第九練習後は懇親会ですよ~

第九練習レポート、前回の続きです。先生が手をたたいた人数のグループになろうゲーム!!輪からあふれてしまった方の罰ゲームは、全員の前で自己紹介でしたヾ(´ω`=´ω`)ノ


でもみなさん、マイクを持って大勢の前に立ってもおどおどされることなく堂々たるもの(*・ω・)ノ自ら合唱団をしていらっしゃる方もいらしたりして、これは心強いわと思いながら聞いていました(′∀`)100人もいれば、いろんな方がいらっしゃるのですね。


志田尾先生インタビュー

最後はうまく割り切れて全員が輪の中に入れたので、志田尾先生が罰ゲーム(⌒∇⌒)岡田先生が志田尾先生にインタビュー。 ←ありそうでなかなかないちょっと貴重なショットが撮れた気がします。体育館ぽいホールなので、お二方、学校の先生にも見えますけど。


全体的に和んだところで休憩時間。
この休憩が事務局長のお手伝いで、今回私、ちょっと大忙し。来週の第九練習後に予定している懇親会参加者の受付でおたおたしてしまいました!!!でもたくさんの方が申込用紙片手に並んでくださって嬉しかったです。次回の懇親会は前回にも増して賑やかになりそうな予感。楽しみですね。


体操

休憩後からいよいよ、体操~発声~歌の練習。今回からの第九練習会場は広々~と場所を使えるので、みんなで広がってラジオ体操。前でお手本を見せてくださるのは、毎日ラジオ体操をしていらっしゃるITジージさん。隣の人とぶつかることを気にせずのびのび体を動かせるのは気持ちがいいですよね。ちなみにラジオ体操は動きを正確にやるとかなりきついので、本気で正確にやるとダイエット効果もあるんですよ。動きの順番も含めてこんなによくできた体操は他にはないらしいです。


ラジオ体操の後は、2人組でマッサージ、そして初心者練習でもやった肩もみ、肩たたき、体がほぐれたところで、いよいよ発声と歌へ


いよいよなところですが、次回の記事に続く・・・

第九合唱練習方法のコツ~忙しくても毎日10分でもしっかり声を出してみる~

先日の第九懇親会で練習方法について話題になったので、そんなことを書いてみようかと♪


昨年私は第九に始めての参加だったわけですが、最初は右も左もわからず、とりあえず練習に月2回通っていればどうにかなるのかな(なんと甘い考えΣ( ̄ロ ̄|||)!絶対自分でも練習しなければどうにもなりません。)と思いながら、様子見で1ヶ月~2ヶ月くらいが過ぎました。なんとな~く手探りで音とりCDとかは聴いてはいましたけど。でもそれではやっぱり練習に追いつけないし、復習しなければすぐ練習後には忘れているし、2週間に1回の練習では声もちゃんと出ないんですよね。


・・・でそんな中、昔仕事で会ったお客さんが言っていたことを思い出したんです。そのお客さんは現役の音楽の先生で、毎日とにかく短時間でも歌っていないと声は出なくなるから、どこでも声が出せる時間と環境が欲しいと。音楽専門でやっていらした先生ですらそうなのですから、ど素人の私達はなおさらそうでしょう。と思い、それから毎日10分でも本気で歌う時間を作るようにしました。


最初の1ヶ月は歌詞も全然入っていないので、リズム読みからはじめたんですけれど、リズム読み→なんとなくでも歌ってみるの繰り返し。最初は歌詞も全然頭に入ってこないし、口も回らないし、でも毎日やっていると嫌でも覚えます。


2ヶ月目くらいからは、楽譜に書いてある先生の注意事項とか強弱とかを気をつけながら、暗譜目標に毎日30分。楽譜を見ずに歌ってみては、歌詞を間違った部分と注意事項を確認しつつ、また暗譜で歌ってみるの繰り返し。


最後のその次の1ヶ月くらいは、オーケストラの音をレコードや動画でかけつつ、歌う練習。こんなことをしているうちに、なんとなくですが、本番までにそれなりに歌える風にはなりました。
(歌えるようになりましたとは、今も書けません・・・。第九は奥が深くてとっても難しいと思うので。果たして10年後でも言い切れるかどうか・・・)


たぶん最初は、一番有名なMの部分がしっかり楽譜見ないでも歌えるくらいに(特にソプラノは主旋律だからやりやすいです)がんばってみると自信がつくかもしれないです。「短時間でも毎日やり続ける」ってことがなかなか難しいんですよね~。語学講座でも何の勉強でもほんと私、続かない人なので・・・。


・・・と続かない自分の性格を前提に、早くからはりきって始めすぎると本番までにばててしまうので、毎日練習、実は今年はまだはじめていないです。そろそろはじめようかなぁと思っているところ。毎日が難しければ一日おきでもしっかりと声を出す時間を持つと練習でも本番でも自信を持って歌えるようになると思いますよ。がんばりましょう♪

大倉山に春の訪れ~今週末は第九練習です~

土曜日は、先日のつぁうべるくんの記事の通り、 大倉山記念館で横浜ベイコール合唱団の練習でした。
いつも上るのがきつい坂も桜が満開♪この通り↓。
線路沿いの桜満開風景で心なしか登り坂の足取りもいつもよりも軽かった気がします。


急な坂をひと登りした中間休憩地点、大倉山公園入り口にも、ほらこんな春の訪れが。


もうすぐ、チューリップがきれいに咲くのでしょうね。第九の練習、ベイコール合唱団の練習で何度も通っている練習場所の風景も四季によって違って見えるのはおもしろいですね。歌う気分も何となくですが、違ってきます。
さてさて、今週末の大倉山はどんな変化を見せてくれるでしょうか。
しばらく練習日があきましたが、今週末は大倉山で第九の初心者練習4回目で~す。桜は散ってしまっているかもしれませんが、公園内の春の花が咲きはじめているので、練習開始時間よりも少し早めに到着して公園内を歌う前のウォーミングアップがてらお散歩するのもよいかもしれませんよ。きれいなお花を見た後は、きっと気分も明るく歌えます。
久しぶりに皆様と第九を練習するのを楽しみにしておりまーす♪
そうそう、前回の復習、そして宿題をお忘れなく~。

最新記事
記事検索
夏祭クラシックス

夏祭クラシックスは、クラシックイノベートが立ち上げた夏のクラシック音楽の祭典です!2017年から3年かけて公募合唱公募オケによる3大レクイエムの公演を行う計画。2017年はフォーレ、2018年はモーツァルト、2019年はヴェルディに挑戦します!