夏祭クラシックス

真夏のクラシックイベント、夏祭クラシックスのブログです。 夏祭クラシックス2019は2019/8/17ミューザ川崎シンフォニーホールにてヴェルディ・レクイエムを中心に演奏します。

夏祭クラシックス2019は
ヴェルディ「レクイエム」&ポンキエッリ「エレジア」

日時:2018年8月17日 14:00開演予定
場所:ミューザ川崎シンフォニーホール

合唱祭

横浜コーラルフェスト本番が終わりました!その1~本番当日リハーサルから出番まで~

コーラルフェストです。後出し報告ですが先週土曜日、横浜コーラルフェストが無事終わりました。私たち横浜ベイコールは、初出場Eブロック11番目の出演。クリスマスコンサート後から気合いを入れて自主練から、オカピ先生の厳しい練習特訓を経て、迎えた本番です。(練習についてはまたまた遡って後日別記事で)
本番当日は、少し早めに桜木町駅前の音楽スタジオに集合し、最終リハーサル。軽く身体をほぐして、なつかしのSilent and White Christmasで発声練習をした後、「そのままの君で」「風」を通し練習。前回の練習からの課題、集音を意識するのを忘れないように部分的に返し練習をした後、最終的な復習。みんなでの確認作業をして練習終了。会場入り時間までお茶タイム。普段練習中はゆっくり話せないメンバーとも色々お話した後、リラックスして会場入り。

着替えをすませた後、持ち時間15分の練習室での最後のリハ。横浜コーラルフェスト最終通しでまさかまさかのソプラノ全員歌詞がふっとぶ事件あり、でも再度やり直しで自信を何とか取り戻しひと安心。ホールへ移動して、あとは私たちの出番を待つのみとなりました。
まだみんなリラックスしてます。→

なんせブロックで11番目ですからね。ここから出演までが長いわけです。色々な団体の歌を聴いて、眠くなっちゃうこともあるかななんて思いましたが、自分が歌う立場として他の合唱団を見るのははじめての経験でしたから、色々勉強になることあり、他の演奏も楽しむことができました。お客さんにすっかりなっちゃって、自分出ることを忘れそうになったくらい・・・。

でも椅子に長~いこと座っていたので、体はやっぱりコチコチに
こんなんで声出るかな~とちょっと心配になってきたタイミングで、なんと発声タイムというのがあり、体操と発声をしました。他の合唱団のパワフルな先生のご指導で楽しい時間でした。

発声タイム後、4番目がわれわれ横浜ベイコール合唱団の出番。
体もほぐれてよしやるぞ~っと。長くなったので本番他次回記事へ~。

合唱での口の開け方「知らなかったぁ」~ヨコハマコーラルフェストに向けて~

一昨日は、初の中原市民館での練習でした。
はじめての場所だったので道に迷って遅れたメンバー
もいましたが、今月のヨコハマコーラルフェストに向けて、強化練習、みんな集中してがんばりましたよ(`・ω・´)


体操、発声が終わったら、まずはテノールさんからの強化練習。最近テノールさんがじわじわと強化されていっているので、ソプラノも最近結構脅威(笑)を感じてきています。がんばって出さないと男声に負けてしまうな~と。
オカピ先生「さぁ、ひとりでうたってみて」の強化練習。テノールさん、アルトさんの順番で、ほかパートがまとまってきたのを感じてじわじわ焦って緊張のソプラノの私。


さぁ、ソプラノさんに順番が回ってきましたよ~っ。たぶん他の皆さんはいまさら何をという感じなのでしょうが、私にとっては今回の練習は自分が思っていた歌い方の基本が覆されてびっくり衝撃の回でした(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?学校、中学、高校の音楽の授業でしか合唱を習ってこなかった私。「歌う時には、口はできるだけ大きく開けるべき」が基本とずっと思い込んでいたのです。


「歌う時、そんなに口をあけなくていい」って(゚ロ゚;)エェッ!?
えっ~。そうだったの?し、知らなかったぁぁぁ。
(みなさん知ってました?たぶん知ってましたよね。)


そうか、これが私の変顔の原因だったのかぁ?と。ちょっと衝撃Σ(=゚ω゚=;)でねやってみたら、この思い込みが覆されたことで、ずいぶん歌うのが楽になって、他の問題点も解消していきそうな気がしてきました。今までまずがんばって口を開けなければいけないと思っていたから、口の動きが忙しかったのが楽になったし、それによって自然に肩に変な力もはいらなくなるみたい。確かに口をうわっって開けると、喉がしまっちゃうんですよ。それも今まで全く気がついていませんでした。まずは「口を開けなきゃ」って思っていましたから。今まで、自ら自分の首を絞めて大変にしていたってことね。


一度に色々こなせる器用な性格ではないので、慣れるまでは長年の癖はなかなか抜けないかもしれないけど、まずはこの一点集中直すことで色々変われそう、歌うのにも余裕ができそうです。
そして、脱変顔できるように鏡を見ながら自主練がんばります。


あと、コーラルフェストまで、みんなとの練習はあと1回。
一歩一歩前進あるのみ~(=゚ω゚)人(゚ω゚=)

鏡を見ながら歌って表情の研究の結果・・・~ヨコハマコーラルフェストに向けて~

わぁぁぁ、もう金曜日?明日はまた合唱練習日です。


さて先日の記事で書きました通り、「歌う時の表情も大事に」とのオカピ先生のアドバイスだったので、鏡で自分の顔を見ながら歌ってみています。効果はいかほどかわかりませんが、はじめて鏡をみて歌った時よりかは、ずいぶんマシになってきているのではないかと思います。(まさか、見慣れただけ?( ̄▽ ̄;)!!ガーンじゃないよねー。)


なんせ、はじめて歌っている自分の顔を鏡で見た時の感想は、、、 思った以上にブサイクー(´;ω;`)でしたから。


いやいや、こんな顔で歌っているのをみてよくオカピ先生は吹きだして笑いそうにならないもんだなぁと。ほんとにね、ちょっとショックでしたよ。


表情がどうの~の前に、顔のバランスがものすごく悪いんです。たぶん誰でも多少あるのだろうと思うのですが、姿勢や体のバランス、癖から右と左がえらく違っておかしい。まず表情のいい悪い別にして左の顔はよく動くのに右の顔の動きはものすごく悪い。もちろん口の開き方にも偏りがあるので、おそらく声の響き方にも影響するだろうなと。見ていてもすごく変だし!!


これは意識してまず顔のバランスを直さねばいけないなと思いました。おそらく顔の表情筋も偏っているから弱い方を強化していかねばならないな、と顔の体操。昔、演劇をやっていた時にね、やっていた顔をほぐす体操を思い出して、顔の筋トレはじめています。やり方は簡単ですが、やっている時の顔は不細工すぎて人にお見せできるものではないので、やりたい方はご自宅でやってくださいね。


・おっきい顔
(思いっきり目も鼻も口も開いて外に引っ張られるイメージで顔全体の筋肉に力を入れる。口開きすぎてあごはずさないようにね~)
・ちっちゃい顔
(顔の真ん中に顔のパーツが埋まっていくイメージで顔の真ん中を意識して顔筋を緊張させる。)
・右に引っ張られる顔
(右から糸一本で顔が引っ張られるイメージで右の顔の筋肉を緊張させる)
・左に引っ張られる顔
(左から糸一本で顔が引っ張られるイメージで左の顔の筋肉を緊張させる)
・顔をマッサージ


こうやって顔の筋肉をよく動かして、ほぐしてから歌うと違う感じありますよ。もちろん鏡を見ながら、顔を意識して歌います。


歌に合った表情はね・・・なかなか歌のイメージに合った顔が決まらず、冒頭から歌い始めて「やーくそくしよう~♪」いや、この顔じゃないな~、「やーくそくしよう♪」いや違うなぁとなかなか前に進めませんが・・・(笑)


あと思わぬ効果。鏡を見て顔のバランスを意識して歌ってから、なんと肩こり軽減(´∀`*)姿勢がよくなったのかも~ヾ(=^▽^=)ノ毎日やれば小顔効果もでてくるかしら?


明日の練習に向けて、試行錯誤中のパンダ自主練レポでした。

前回練習の録音音声を聴きました~ヨコハマコーラルフェストに向けて~

このところ1週間が過ぎるのが早くて焦っているパンダです。
ヨコハマコーラルフェストまでは毎週合唱練習があるので、「復習が追いつかないうちに次の練習が来てしまうっっ('A`|||)」と焦ると1週間があっと言う間に感じるんですね。やること、課題がいっぱいありすぎて。


さて、オカピ先生が前回の合唱練習の最後に二曲とも全体を合わせて録音した音をHPに(団員専用ページに※団員しかログインできないので聴けませんよ)更新してくださったので、おそるおそる聞いてみました(; ̄Д ̄)ほんとおそるおそる。クリスマスコンサートの録画映像もそうだったのですが、自分が歌っているのを再生するのはほんと、話題になっていてちょっと気になるホラー映画を見る気持ちに似ています。見たいけど見たくない。でもやっぱり見たいけどコワいって・・・(/TДT)/。。。


でも聴かないと前に進めないので、聴いてみたところ・・・伝える歌にするにはまだまだだな~と。もっともっと自信を持って歌えないといけないし、気持ちも抑揚も平坦で言葉も流れてしまっていて、まだこなしてる感(歌いこなしではなくてただ流しているというか)があるんですね。まぁ、聴く前から自覚はあったんですけどね。先生の説明してくださった意味がよりリアルにわかった気がします。


まだ聴いてない団員さんは、早めに聴くことをおすすめいたします。


まぁ、まだまだだって自分で思えるってことは、まだまだ直せるってことだから、決して悪いことばかりではないですよね。これから、改善に向けてどう取り組むかが大事で。


オカピ先生のアドバイスを元に色々自主練思考錯誤中です。まず、顔、表情というお話があったので、鏡に向かって自分の顔を見ながら、歌ってみてます。(やってみてどうだったか・・・については別記事で。)


あときちんとしゃべる、歌詞を大事にするとお話があったので、前回のクリスマスコンサートでの志田尾先生のアドバイスを思い出して、歌詞を縦書きに漢字込みで手書きしてみて、朗読したあとに歌ってみたりもしています。特に「風」の方は縦書きにすると印象がかなり変わる気がしますのでおすすめです。


今思いつく自主練はこの位かな。次回の練習までに効果あるといいんだけど。他にいい方法を知っている経験者の方いらっしゃいましたら、次回の練習で教えてくださいね~。
いい方法があったら、とりあえずは私、何でもやってみますので。

「そのままの君で」を歌い始めたら、旧友とつながった?!

昨日の歌の練習の感覚を忘れないうちに早いこと復習しないと~と
思っているパンダです。最近覚えているうちにやらないと、何でもすぐに忘れちゃうので(;´Д`)


ヨコハマコーラルフェストでわれら横浜ベイコール合唱団は、「そのままの君で」と「風」の二曲を歌うのですが、偶然なのかこの歌が呼び寄せたのか、最近歌とちょっとリンクする出来事がありまして、おもしろいなと思っています。


もう20年以上連絡をとっていなかった小学校時代の親友とふとしたことがきっかけで連絡をとることになり、2月に再会することになりました。小学3年生に私は東京に引っ越してきた転校生だったのですが、当時田舎と東京のギャップで勉強等に追いついて行けず、なかなか大変でして。その時できた友達です。小学校3年生で純粋でしたからね。歌の歌詞通り「ずっと友達でいてね。」なんてバースデーカードに書いてあった記憶もあります。そうそう今も私の誕生日覚えていてくれました。


それこそ、時が流れて別々の中学に行くようになって、私もまた引っ越してしまい、いつの間にか年賀状のやりとりもなくなって・・・。でこのタイミングは、どういうタイミングなんでしょうかね。わからないけど、ほんと急にですよ急に。顔もお互い会ってわかるか、心配なくらいなんですが。(おそらく私は小学生から基本顔は変わっていないと思っているのですけれど・・・・('▽'*)ニパッ♪


うーん、、長年全然連絡を取っていなかったので、会ったら何から話したらいいんだろうなんて思いながらも、「そのままの君で」を歌いながら、やっぱり根本変わらず違和感なく話せたらいいなーと思ったりして。ちょっとドキドキします。


歌が昔の友達を呼び寄せたのか、ただの偶然なのか、でも歌をリアルに歌うヒントにはなる出来事かもしれないなと思います。再会はコーラルフェストの直前になりそう。再会後、歌い方が微妙に変わったりもするのかな。


ま、そ、その前に目の前にある基本課題を
越えられるように復習がんばりまーす。

最新記事
記事検索
夏祭クラシックス

夏祭クラシックスは、クラシックイノベートが立ち上げた夏のクラシック音楽の祭典です!2017年から3年かけて公募合唱公募オケによる3大レクイエムの公演を行う計画。2017年はフォーレ、2018年はモーツァルト、2019年はヴェルディに挑戦します!