夏祭クラシックス

真夏のクラシックイベント、夏祭クラシックスのブログです。 夏祭クラシックス2019は2019/8/17ミューザ川崎シンフォニーホールにてヴェルディ・レクイエムを中心に演奏します。

夏祭クラシックス2019は
ヴェルディ「レクイエム」&ポンキエッリ「エレジア」

日時:2018年8月17日 14:00開演予定
場所:ミューザ川崎シンフォニーホール

合唱団

夏祭クラシックス2014を終えて ~事務局長のつぶやき(その1)

ようやく涼しくなってきて秋の足音を感じる頃になりました。
夏祭も遠い昔の記憶になっている頃かもしれませんが、防備録として当日の裏方の様子を少し残しておこうと思う。

あれは昨年の6月頃だっただろうか…。
以前のブログでも書いたような気がするが、ひょんな事からこのプロジェクトの運営を任されることとなるのである。
なにかと問題山積のこのプロジェクト。2014年の目標は「単黒必達」である。

----------

2014年8月3日。この日は朝から大変な猛暑であった。

8時30分。
現場に到着するともうすでに来ている団員もチラホラ、シャッターがまだ開かない会場の外で汗を拭きながら待つ事数分。電話が鳴る。実行委員長遅刻の知らせである。
嫌な予感を感じつつのスタートであった。

8時45分。
各部屋の鍵を受取り合唱集合場所の設営をスタッフに任せ、ホールへの荷物搬入、楽屋の確認をしたのち舞台へ向う。
なにやら激おこのおじさんが仁王立ちしているではないか。

事前資料に不備があったようで説教を受ける。
急遽申請書を作りその場をしのぎ舞台は現場監督のふんけんへ引き継ぐこととした。
ほぼ同時に、舞台設営のお手伝い要因を合唱団から手配しなんとか舞台は10分押しで間に合うこととなりホッとしたのも束の間、次はお手伝いのスタッフへの対応である。

9時に集合させたものの、そこらへんをプラプラしている。
いまどきの学生は…と言っても始まらないので、気心の知れたヨコハマベイフィルハーモニーのみなさんが数名お手伝いに来てくれていたのを良いことに無理をお願いし、ロビーで受付設営とチラシ挟み込みなどの対応を仕切ってもらうこととした。
彼らの存在は本当に大きかった。
場慣れもしているので指示せずともどんどん動いてくれる。
これほどありがたい事はなかった。
舞台も落ち着き、リーダーを舞台からロビーに移動させ本格的にロビーでの作業が始まったところまでを見届けつつ、舞台での最終リハのため合唱団員の誘導へと取り掛かるのである。

時刻は10時を過ぎる。

そういえば、ここまで合唱団員と会っていない!!そう気づいたものの、もうどうしようもなかった…。
合唱団員の誘導は合唱スタッフに任せるしかなかった。電話で数名に指示を出し、合唱団の集合場所へと向ったのである。
驚いたことにキレイに並んでいる!
自分の中では一番の修羅場を覚悟していた団員の誘導であったが口頭で伝えただけで入場体制に完璧に整列していたのには驚いた。
合唱スタッフの本気を見た瞬間だ。
すばらしい。そう思うと同時に彼らに任せれば本番は絶対成功する。そう確信した。

最終リハは20分押しで進み、一部イレギュラーはあったものの概ねスケジュールからは逸脱していない。
時間的な課題はもうない。
あとは本番の開幕を待つだけである。

…のだが。。。

つづく

Alle menschen@じむきょくちょー

祭りのあとレポその4~本気の打ち上げ!おいしい乾杯!~

長々と続いている夏祭クラシックス2014本番レポですが、
ここから第二の本番、打ち上げレポです!


暖かいお客様の拍手に包まれた本番が無事終わり・゚・(ノД`;)・゚・、着替える間もなく私は次の本番へ~。すぐに打ち上げ会場へと向かいました。


昨年の第九本番後の打ち上げ(幹事はあーれ&ふろいで)の気合いの入れっぷりは半端なく、この会の打ち上げは単なる飲み会で終わらせてはいけないという空気のもと、ふろいで幹事長中心に舞台の本番企画さながらに(?)打ち上げ企画を立ててきました。そう、本気の打ち上げです。


会場貸切時間的に盛り沢山なことはできないだろうと予測される中、
「何か目玉がないとおもしろくない。去年と同じでも芸がない。」
とのふろいで幹事長のこだわりで頭をひねった結果・・・、今回の様な打ち上げになりました。
参加者の皆様、お楽しみいただけましたでしょうか。


団員さん達より早く打ち上げ会場に到着すべく、終演後すぐに本番会場をあとにしたふろいで幹事長と私。
f4eb58ee急いでレストランに向かったところ、既に2人の団員さんがご到着済。一瞬焦ったものの、「何かお手伝いすることあれば、言ってくださいね。」とありがたいお言葉。この一言で、焦っていた気持ちが急に楽になりました。
続いて他の団員さん、先生方も続々とご到着。今回、多数のご参加で椅子が足りずに急遽お店に補充していただいたり、席を少しでも詰めていただくようお願いしたり中には立ちっぱなしで我慢していただいた方もおられ、皆様にご協力いただき、なんとか乾杯が出来る体勢になりました。(皆様のご協力いただき、ありがとうございました。準備が十分ではなく、申し訳ありませんでした。)


オペラガラ・コンサートの素敵なソリストさん達の乾杯でスタートした打ち上げ。ご都合で打ち上げに参加できない第九バスソリストの藤岡弦太先生も「乾杯だけはと是非!」と駆けつけてくださり、お言葉を頂戴しました。そしてしばらく皆様に喉とお腹を満たしていただいたあと・・・メインイベント、スペシャルゲストの登場です。スペシャルゲストは、昨年も登場したあの方・・・。何とか盛り上がりますように~。


と長くなったのでつづきにします・・・。
(ほんとは今回最終回のつもりでしたが・・・あらら。
あと一回で何とかまとめま~す。)

第九オケ合わせ番外編~練習終了後の大事な任務~

前回の第九オケ合わせの番外編、練習終了後レポです。
ガラコンサート第九のオケ合わせ終了後、第1部のガラ・コンサートに出演する団員は残って練習(→つぁうべるレポート)しているところを横目で見ながら、事務局長、ふろいで幹事長、私の3人は一足先に会場をあとにし、8月3日の本番ステージがある川崎へ向かいました。大切な重要任務のためです。


向かったのは、川崎駅から徒歩5分のラチッタデッラ。川崎というより、外国の街にきたような素敵な場所です。イタリアのヒルタウンをイメージに作られた街なんだとか。そうそう、ここで重要任務が( ̄ー ̄)ニヤリッ
本番の日までもう1ヶ月足らず、ということはそろそろ絶対に決めておかなければならないことがあります。打ち上げ場所。気持ちよく歌ったら、気持ちよく(リアルな)乾杯の準備をしておかなくてはいけませんからね。


3b20c80e.jpg

第九のオケ合わせ出席した方でだいたい参加希望人数を聞いてみたところでは、ざっと80人。ソリストの先生方、欠席だった方を含めるとざっと100人規模になります。100人となるとなかなか場所選びも大変でして。(団員さんこういった事情で申込後は、急な人数変更は対応できなくなりますのでどうかご了承くださいね。)そこでたどりついたのが、ラチッタ・デッラの貸切できる素敵なお店。


候補が出たら、まずは下見~。お店の雰囲気も素敵だし、お食事もおいしいし、とってもいい感じでしたよ。(ちゃんと真面目に下見してますから~。)お店の方も親身に相談にのってくださり、打ち合わせも順調にいきそうでよかった~(o^∇^o)ノ


幹事長

←ややっ。場所が決まって一安心で
ふろいで幹事長倒れましたか(笑)。


・・・というわけで、本番後の準備も着々と進んでおりますので、団員の皆様、お楽しみに。そしてここで最っ高の乾杯をするために、素敵なステージにしたいですね。がんばりましょう。


8月3日、みんなで最高の乾杯ができますように~。


第九団員さんから素敵なテレビ番組のご紹介6/8(日)午後0:00~13:00 BSプレミアム

昨日は第九の合唱練習お疲れ様でした。第九練習の様子は、後々ご報告ということで、まずは団員さんから素敵なテレビ番組のご紹介がありましたので、お知らせいたします。


6月8日(日)午後0時00分~午後1時00分


感涙!よみがえりマイスター
「お父さんの若き日の歌声で第九を聞きたい」


今回の依頼は45歳のサラリーマンの家族から。
学生時代に合唱団で活躍し、紅白歌合戦にもバックコーラスで参加したことがあるという夫の歌声をよみがえらせてほしい。そして結婚のきっかけになった「第九」を聴きたいという。そんな依頼にこたえるのはプロ・アマ1万人以上の歌声を鍛えてきたボイストレーニングの達人亀渕友香さん。合唱から22年遠ざかったままの歌声をどのようにしてよみがえらせるのか?スタジオで第九に挑む!


[NHKホームページより]
ボイストレーニングで歌声がどうなるのか興味もありますし、第九を通してこんな人生ドラマができるなんて、素敵ですね♪♪夏祭クラシックス2014もそれぞれ皆さんの思い出の一ページに残るコンサートになるよう、みんなでがんばりましょう。


ご紹介いただいた団員さん、ありがとうございます。
私も見ます。楽しみ~。それでは練習報告は後ほど。

第九合同練習第2回その3~第九合唱の後はビールがうまい!懇親会

ずるずると記事をひきずって気がついたら一週間経過。今日は真夏日、真夏の第九、夏祭クラシックス2014の本番が近づいているのを感じる今日この頃です。


さて前回の第九練習記事の続き。がんばって歌った後は懇親会('▽'*)ニパッ♪まぁ、ごちゃごちゃ言う前に、写真で雰囲気を(って決して手抜きじゃないですよ!)


懇親会賑やかで楽しそうでしょうヾ(=^▽^=)ノなんとこの日練習後の遅い時間にもかかわらず、集まったのは40人以上。皆さんありがとうございます。(写真は拡大表示できないようにしてあるので、写っている団員さんはご心配なく。念のため。)


ふろいで幹事長のフロイデ乾杯をスタートにわいわいがやがや。


時々、どこかのテーブルから、歌声が聞こえてきたりもして「おやっっ?」と。さすがは第九合唱団の懇親会ですな~( ̄ー ̄)ニヤリッ
おかぴ盛り上がってきた頃に、オカピコール!!何の盛り上がりかというと・・・ここでオカピ先生から、集まったみんなに歌のプレゼント♪ 歌は"Time to say Goodbye"大いに盛り上がりました。合唱練習ではたまに部分的にお手本や、第九のソリストパートを歌ってくださることがあっても、こうして先生の歌声をがっつり聴ける機会ってなかなかないですものね~(・∀・)今回、懇親会に参加してよかったなぁってお得感感じた方も多かったのでは。


"Time To Say Goodbye"の通り、宴もたけなわな中、お開きの時間も近づき・・・、私は遠距離通勤?なので、早めにお店を出てしまいましたが、その後もかなり盛り上がっていたのかな。いろいろな方とお話できて楽しいひとときでした。

さぁさ、このパワーで本番に向けてはりきっていきましょうね。
もう明日からは6月、本番まであと2ヶ月そうめん後頭部から出しまわし抜ききる技術(前回記事参照)も習得してがんばるぞ、おーヾ(=^▽^=)ノ


ではでは、また6月の練習でお会いしましょう。


PS:
第九団員さん、まだ各パート若干名最終募集中です。特に男声の応援がほしいところ。団員さんのお友達、お知り合い、はたまたこのブログを見ていらっしゃってちょっとおもしろそうだなとか思ってくださっている方、おられましたらご参加お待ちしております。

最新記事
記事検索
夏祭クラシックス

夏祭クラシックスは、クラシックイノベートが立ち上げた夏のクラシック音楽の祭典です!2017年から3年かけて公募合唱公募オケによる3大レクイエムの公演を行う計画。2017年はフォーレ、2018年はモーツァルト、2019年はヴェルディに挑戦します!