夏祭クラシックス

真夏のクラシックイベント、夏祭クラシックスのブログです。 夏祭クラシックス2019は2019/8/17ミューザ川崎シンフォニーホールにてヴェルディ・レクイエムを中心に演奏します。

夏祭クラシックス2019は
ヴェルディ「レクイエム」&ポンキエッリ「エレジア」

日時:2018年8月17日 14:00開演予定
場所:ミューザ川崎シンフォニーホール

初心者

遅ればせながら、第九初心者懇親会レポートです。

気がついたら第九練習後の懇親会の様子を載せないまま一週間が経過してしまいました。せっかく写真を撮ったので載せておきますね。第九初心者練習4回目、大倉山記念館での練習後、
21時~開始の懇親会。

第九初心者懇親会1第九初心者懇親会2

遅い時間からの開始で残念ながら参加できない方も多数いらっしゃいましたが、先生スタッフ含め、21名の参加。いつも一方方向を向いて歌っている仲間が輪になって飲み食いしながら、楽しくわいわいおしゃべりしました。


そうそう、どうやって家で第九を練習しているかという話題があがりましたね。やっぱり聴いているだけでなくて、声に出して歌わないと覚えられないし。
で、ベストなのが車の中だそうですw(゚o゚)w オオー!自動車通勤の方は、完全個室になる車の中で第九のCDをかけながら、心置きなく歌っていらっしゃるそうです。車のない私にはうらやましい・・・。私は、というとパソコンで第九のソプラノ音とりCDをかけながら、自分の部屋で堂々と歌っています。最初は部屋から漏れる音を気にして遠慮がちにしていたのですが、途中から開き直りまして。「家族にも聴かせられないようなもの、お金出してまで来てくれるお客様に聴かせられるか!」と開き直り、毎日歌っていましたら最初はノーコメントだった家族が途中から「練習していると声ってでるようになるもんだなぁ。」と言ってくるようになり・・・。暗譜ができるようになったら、お風呂で歌うのがやっぱりいいです。ま、あとはカラオケボックスや音楽スタジオへ行く手もありますが、そうするとお金かかっちゃいますからね~。


最初は、何度繰り返しても本当にドイツ語の歌詞が全然頭に入ってこなくて困るんですよね。でもこれはとにかく繰り返し練習しかないので、あまり最初は全部の箇所を歌おうと手を広げすぎず、自分にとって簡単そうなところを選んで飽きるくらい練習して「ここだけは完璧に歌える!」って箇所を1箇所だけ作ると、自信が出てきて他の部分もクリアしたくなってくるはずです。歌える場所を増やすというよりも、歌えない箇所を減らしていくゲームのようなつもりでクリアしていくといいかもしれませんね。

第九初心者懇親会3

そんな真面目な練習話もしつつ、それ以外のお話もたくさんしつつ、楽しい時間。私は遠方からの参加のため、1時間ほどで帰りましたが、その後も盛り上がっていたようですよ。


みなさんお疲れ様でした。
懇親会で和やか空気になって、次回の練習から今までより強い結束力が出てくるかしら。次の次の練習からは、第九経験者さんも加わりますから、そのパワーに負けないように、初心者(私もまだまだ初心者ー!)がんばりましょう。

第九合唱団員インタビュー~恐竜好きアルトさんJ・ママさんの巻~

でーす。第九合唱団員インタビュー、アルトさん初登場が続きます。今回はJ・ママさんの登場です。それでは、どうぞ~!


自己紹介をお願いいたします。
初めまして、アルトを歌っています( J.ママ です )  趣味は太古の古生物を想い、ファンタジーの本や映画を見ること。恐竜博に行くのも好きで2002年の幕張メッセから近場の恐竜博には毎年一人で行っています。一緒に行ってくれる人がいないので一人で行く!というだけのことなのですが・・・歌はみんなで唄えてとても楽しいですね。
横浜・中華街の近くに住んでいます。


最初に第九を歌うことになったきっかけは何ですか?
2010年の暮れに中区役所で見つけた 横浜開港祭で第九を歌いましょう!というパンフレットです。6月に第九? 初心者OK! に目が吸い寄せられて、気が付いたら申し込んでいた! といういつもの私のぱたーんです。全く初めての第九でした。


第九を歌う楽しさ、魅力は何だと思いますか?
ドイツ語の歌詞、発音はとても難しいですが一つずつ挑戦する楽しさがあります。。
アルトも高い音域があって、ダメかなと思いながらも指導してくださる方たちや、周りの人たちに助けられ少しずつクリアしていく自分を再発見です。 そして本番、大きなホールでオーケストラとみんなの歌声が一つになった時の喜びと緊張感は何とも言えないものです。


第九を歌うのは夏祭クラシックスで何回目ですか?また、何度も歌っていらっしゃる方は、何度も挑戦するおもしろさを教えてください。
まだ今年で3回目です。ほとんど初心者ですね。アルトパートのCDを毎日聞いています。
合唱団、オーケストラの方たちとの交流、毎回違う指揮者の方から学ぶ楽しさ、第九の歌詞の意味の深さを知りみんなでひとつになって歌う素晴らしさでしょうか。


夏祭クラシックス2014では8月の本番に向け、今、第九団員募集中です。これから参加しようかなという方へ宣伝やメッセージをお願いします。
まさか私が第九を!と思っている方、ぜひ挑戦してください。本当に素晴らしい方たちとの出会いがあります。合唱指導の先生、ピアニスト、指揮者、そして各パートの先輩たち。ここでしかできない体験と出会いです。


以上、J・ママさんのインタビューでした。
J・ママさんとは、ヨコハマコーラルフェストの本番前にお茶をした時に、はじめてゆっくりお話させていただき、恐竜大好きってことがわかってびっくり。合唱練習でいつも前を向いて歌っていると恐竜のお話を聞く機会なんてないですからねぇ


恐竜大好きな方、パンダ大好きな方も一緒に第九を歌いましょう!大歓迎ですよ~。ガオー
さぁ、明日は第九初心者練習4回目、はりきって練習しましょうね。
そして、終わったらみんなで懇親会。団員さんの意外な素顔がわかるかも・・・と楽しみです。

ふろいで合唱物語~最終回 やっぱり第九はすごかった~

こんにちは。ふろいでです。いよいよ春本番! みなさん、新しい季節です。ということで、ふろいで合唱物語も、いよいよ最終回です。(前回はこちら)


2012年12月9日、日曜日。快晴。
確か11時から全体合わせがありました。その前に慣れない蝶ネクタイをトイレで鏡見ながら付けてると、オケさんが横で白いネクタイを付けてます。ネクタイの方が簡単でいいなあ、とか言ってお互い笑ってましたね。
合わせが終わり、耳鉛筆とラーメンを食べた後、少しでも映りがいいようにと(笑)、眼鏡を調整したりして、時間をつぶしてました。
本番前、会館の入り口の薄暗い廊下に立ち、順番に並びます。ああ、いよいよだな、と思ったと同時に、今日で終わりかとも感じていました。


第一楽章から始まり、第二楽章が終わった時に合唱団が舞台に並びます。客席を見渡して、急遽の呼びかけに応じて来てくれた会社の人や、名古屋から来てくれた友達を探します。意外とこういう時ってすぐ見つかっちゃうんですよね(笑)


例のMの部分(第九といえばのあのサビの部分です)がスローに始まり、いきなり激しい音が鳴り始めるのが第四楽章。それを合図に全員立ち上がります。さあ、始まった。


体に叩き込んだ全てを出すつもりで歌います。


第九ってすごいなあ、って思いましたね、歌いながら。なんか、当たり前なんだけど、ハモって、各パートがちゃんとまとまって落ち着くっていうのかな。なんとも言えないビシッとした決まり方ですよね。


テノールソリストのOさんが、大きな体ですごく透き通った声なので、聴き惚れてましたね。


照明が暑いな、と思い始めた頃に、特に変な緊張もないまま、終わりました。あっという間でした。ただ、感動というより、充実感がありましたね。


ソリスト、マエストロ、I先生。会場が一体になってそれぞれに拍手をします。
『ああ、この一体感なんだなあ』と思いながら見てました。


舞台からはけるとき、名古屋の友達が袖まで走ってきました。声は出さなかったけど、親指を立てたので、僕もそれを返しました。


打ち上げは、合唱団とオーケストラの合同で、館の最上階のホールです。ここで、いきなり初心者の挨拶をさせられました。あまりにもいきなり過ぎて大したことが言えなかったのは今も悔やみます(笑)


憧れの(笑)、ピアノのU先生と話せたこともうれしかったですね。休憩中もずっとピアノ弾いてる人でした。


ある人が、僕と耳鉛筆を見て、『初心者だったの?』と言われたときは、一体どういう風に見られていたのかが気になりました。また、小さい頃バイオリンをしてた、と言ったら『もったいない。また始めなさいよ』とも言われましたね。打ち上げで、こんなにいろんな人と一緒に歌ったのか、と改めて思いました。


耳鉛筆と帰り道で、来年も出るとか出ないとか言いながら『まあとりあえず、本当の打ち上げは、これから』なんて言いながら、『約束のバナナ』を食べに行きました。もう食べたくて仕方なかった(笑)


第九はやっぱりすごかった。


偶然というか、何かの間違いから始まった『第九の道』。あきらめなかった『第九の道』。なぜあきらめなかったか。それはなんだかんだで、楽しかったからです。仲間を見つけ、共に練習し、共に歩んだ4か月は、かけがえのないものをくれました。
何百年と歌い続けられている理由は、それぞれの解釈があっていいと思います。
ひとりひとりに、それぞれの第九があるでしょう。そしてまた、第九は人を集め、その人にかけがえのないものとなるのではないか、そう思います。


『どうも燃え尽き感が足りなかった』という人も、『ドイツ語? ムリムリ』という人も、第九はあなたを待っているんじゃないでしょうか。いつでも、どこでも。


それではみなさん、どこかでお会いしたら、こう挨拶しましょう。


Freude!

第九合唱団員インタビュー~アルトまかちゃんの巻~

第九合唱団員インタビュー、今回もアルトさんが続きます。では、まかちゃん、どうぞ。


自己紹介をお願いします。
初めまして。アルトに所属しており、まかちゃんと呼ばれています。横浜市在住、新潟出身です。


最初に第九を歌うことになったきっかけは何ですか?
私は大学時代に合唱をやっており、しばらく離れていましたがまた歌いたいという思いが湧いてきたので合唱団を探していました。そんな中インターネットで昨年の第九の演奏会を見つけ、第九は一度歌ってみたいと思っていたので思い切って参加してみよう!と思い応募しました。最初の練習日まではとても緊張した記憶があります・・。


第九を歌う楽しさ、魅力は何だと思いますか?
うまく言えないのですが、オーケストラ、ソリスト、合唱が一体となった大きな音楽が作れること。歌う喜びを表現しみんなと共有できることかなと思います。


第九を歌うのは夏祭クラシックスで何回目ですか?また、何度も歌っていらっしゃる方は、何度も挑戦するおもしろさを教えてください。今回で2回目です。第九はとても難しいですが、今年も新たな発見が沢山あると思うのでまた挑戦するのが楽しみです。


夏祭クラシックス2014では8月の本番に向け、今、第九団員募集中です。これから参加しようかなという方へ宣伝やメッセージをお願いします。
合唱経験者の方も初めての方も色々いらっしゃると思いますが、先生方が優しく分かりやすく教えてくださいますので心配はいりません。アットホームな雰囲気で新しい仲間ができ、とても楽しいですよ。一緒に大きな感動を味わいましょう!


以上、まかちゃんのインタビューでした。
第九参加は今回で二回目、私とつぁうべると一緒ですね。第九同期として、がんばりましょう。


今回第九に参加するのがはじめての方は、練習について行けなくて焦っている頃かもしれませんが、第九は何度も聞けば聞くほど、何度も何度も間違えながらも歌う練習をすればするほど、歌うのが楽しくなってくるはずですので、練習がはじまって2~3ヶ月の今頃が踏ん張りどころかと思います。私も去年は3~4月頃から焦ってきて必死で家で練習始めました。


次回の第九練習は今週末です。初心者練習も残すところあと2回。経験者さんとの合同練習に備えて、皆さんがんばりましょうね~。

ふろいで合唱物語~第九はすごい! 編その3

こんにちは。フロイデです。
突然ですが、ベートーベンと聞いてみなさんはまず何を思い浮かべ、どう答えますか?
五番運命、九番歓喜の歌、耳が聞こえない天才作曲家、、恐いイメージ。。すみません。僕自身がまだこんなもんでして(苦笑)。。
僕は子供の頃バイオリンをやってましたが、当時クラシック音楽って、歌詞がなくて物足りないと思ってまして、アニメの歌ばかり聴いて歌ってました。


第九まではとても行かないうちに辞めてロックや歌謡曲ばかり聴くようになり、やがてカラオケなどが発達してくるとクラシック音楽など全く疎遠になりました。ただ、バイオリンは捨てられず、下宿に置いてたらクラシック好きな友人が弾かせてくれというので、触らせたくらいです。
日本人は特にクラシックと言う言葉に弱いんですよね。価値も使い勝手も分からないのに『クラシック』だけで高貴で歴史があり、高くて当たり前てな感じで。マックのクラシックバーガーとか期間限定で出てくると、ビックマックより有り難みを感じたり(笑)、金持ちも平民も、子供までクラシック、クラシックと、その冠にして、なんだかよくわからない世界を作ってる。クラシックの演奏はなぜみんなスーツを着なきゃいけないんでしょうか。なぜシーンとして聴かなきゃいけないんでしょうか。一体クラシック音楽とはなんでしょうか。シーンとして、そこにいる者だけが高いお金を出して、高貴な雰囲気まがいのものに浸っているわりに、意味すらわからない者までいる。ロックのコンサートみたいに第九の歌の部分は観客も知ってるなら歌えばいい。音楽も、仕事も、共感してくれる人がいて成り立ちます。一緒に楽しむところから始まる。演じる者は観客を強制しちゃいけないし、また、飲み込まれてもいけない。声もだせない程に舞台が輝いていれば、観客は固唾をのむくらいのものでしょう。わが合唱団もそうなりたいなあ。個人的な希望ですね。


さあ、番外編はここまでとします。 今度は本番当日の話をします(笑)
続きは、次回の講釈で。


フロイデ
最新記事
記事検索
夏祭クラシックス

夏祭クラシックスは、クラシックイノベートが立ち上げた夏のクラシック音楽の祭典です!2017年から3年かけて公募合唱公募オケによる3大レクイエムの公演を行う計画。2017年はフォーレ、2018年はモーツァルト、2019年はヴェルディに挑戦します!