夏祭クラシックス

真夏のクラシックイベント、夏祭クラシックスのブログです。 夏祭クラシックス2020は2020/7/18ミューザ川崎シンフォニーホールにてカルミナ・ブラーナとベートーヴェン交響曲第7番を演奏します。

夏祭クラシックス2020は
「カルミナ・ブラーナ」&「ベートーヴェン交響曲第7番」+ ネッスンドルマ!

日時:2020年7月18日 14:00開演予定
場所:ミューザ川崎シンフォニーホール

全楽章

7/11 第11回合唱練習

こんばんは。
最近体調がすこぶる悪い事務局長でございます。
週末になると熱が出てみたり、風邪引いてみたり…。
そうか!ストレスか!労災申請しよう(笑)


ということで、第11回目の練習はわたくしの最寄り駅の近く、川崎市国際交流センターである。
ここも初めての会場。駅から少し離れているせいか、たまに空きが出るのだが土日のホールは月1回しか使えないのである。。。
なかなか会場選びも大変だったなと。準備期間を振り返ってみたり。


当日は練習前に駅近くで打合せを行った。
本番も近くなり、議題も課題も山積で大変である。
去年よりはいくばくか余裕があるとはいえ、この1ヶ月の追い込みで1年間の成果が問われる微妙な時期だけにだんだんピリピリして機嫌が悪くなるのはご愛嬌ということで勘弁してください(笑)


さて、開始時刻も迫り急いで会場に行き練習開始である。
1436700915040


この日も前回に引き続き通しで全楽章を何度か歌う。
客席は荷物置場にしかなっていないという体育会系の練習であった…。


この日は表情、感情の出し方が中心であったように思う。
もともとメッセージ性の強い曲なので分かりやすいのではあるが、お客様に何をどう伝えたいのか。
少し考えねば。。。

そういえば、お隣のももちに「練習中はもっと楽しそうにするように!」とご指導をいただいた。
すんません。おじさんは疲れていたのだ。
酒も入っていないし(違)


いつもながら疲労困憊で帰途に着くのだが、帰りにお誘いを受けると断れないものである(笑)
元住吉周辺でなにやらイベントがあったらしくどの店も団体客で満席のなか空いていたのが唯一ここ。
やるき茶屋 元住吉店
http://tabelog.com/kanagawa/A1405/A140504/14021239/
チェーン店の割にはそこそこのクオリティーで美味しゅうございました。


 LINEcamera_share_2015-07-12-20-59-25s

次回は戸塚のフォーラム(男女共同参画センター横浜)である。
久々のマエストロ稽古。気合を入れてご参加ください。



Allemenschen@じむきょくちょー

7/4 第10回練習:岡田正樹先生のご指導

みなさまこんばんは。
雨が続いており出かけるのも憂鬱な毎日ですがいかがお過ごしでしょうか。
雨の中、重いかばんを持って練習に出かけるのはなかなか骨が折れる。。。ふぅ。


という事で、第10回目の練習である。
場所は、すっかりお馴染みの神奈川公会堂。
記念すべき10回目の節目はなんと特別ゲストの登場である。


のだが、開場前に会場へ赴き各種打合せを行う。
横浜シティフィルの団長さんが来られて、オケ合わせなどについて詳細に話をしているとすっかり練習開始時刻を過ぎているではないか!
すっかり受付をほったらかしにしていたがすでに片付いていた(笑)
優秀なスタッフに感謝。


さて、練習に合流するとまた舞台でなにやらやっている。
決して新興宗教ではない(笑)
DSC00683_s
体もほぐして、声も出して、満を持しての「ゲスト」登場である。


そう、いつも指導していただいている岡田先生の父上参上である
なんということでしょう。
体型も、顔もそっくりではないか。
父上とは昨年の打ち上げで挨拶をして以来なので約1年ぶりの再会である。
プロフィールなどはHPを参照


1436095978372_s

練習は1楽章から始まりすべての楽章を何回歌っただろうか。というスパルタっぷり。
とくに終始ステージでの稽古はなかなか疲れた。
しかし、さすが音楽の先生を長年やっておられただけあり教え方が慣れているというか安心感がハンパない。
是非、本番まで東京に駐在してもらいたい(笑)


すっかりヘトヘトになったあとはしかないだろJK
ってことで行ったのはここ。

やきとり工房 東白楽店
http://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140205/14015474/dtlmap/


反省会をしつつ本番までの課題も共有し楽しゅうございました。


次回は川崎市国際交流センターである。
最寄り駅は事務局長のお膝元だー(笑)


Allemenschen@じむきょくちょー


 
P.S.
疲れた、しんどいというのを出雲弁では「せつい」と言うらしい。
ちなみに、讃岐弁では「えらい」と言う。
たまにわたしが「えらいわー」と呟いても偉いわけではないのでご注意を(笑)
最新記事
記事検索
夏祭クラシックス

夏祭クラシックスは、クラシックイノベートが立ち上げた夏のクラシック音楽の祭典です!2017年から3年かけて公募合唱公募オケによる3大レクイエムの公演を行う計画。2017年はフォーレ、2018年はモーツァルト、2019年はヴェルディに挑戦します!