夏祭クラシックス

真夏のクラシックイベント、夏祭クラシックスのブログです。 夏祭クラシックス2019は2019/8/17ミューザ川崎シンフォニーホールにてヴェルディ・レクイエムを中心に演奏します。

夏祭クラシックス2019は
ヴェルディ「レクイエム」&ポンキエッリ「エレジア」

日時:2018年8月17日 14:00開演予定
場所:ミューザ川崎シンフォニーホール

リズム読み

第九初心者の音とりの強い味方!

楽譜、音符が読めない初心者が、いきなりベートーベンの第九に
挑戦するのはとても難しそう!そう、とても難しいです。


私、一番最初に参加した第九合唱団の初回練習で
「歌えない人は聴いているだけでいいですが、
一応歌える人だけで通して歌ってみましょう。」
ということになり、 みなさんが歌っているのを聴きながら、
目で楽譜を追っていたつもりではあったのですが、


いつの間にか次のページに いや次の次のページに行っていて、
結局追いつけないまま、中途半端な楽譜のページを開いて、
最後まで合唱の通しが終わってしまっていたことがあります。あらら・・・。


これから練習についていくのは、とても大変そうだ
かなり落ち込みましたけど。


でも、第九合唱には「パート別音とりCD」という初心者に強い味方の
アイテムが売っています。とても月2回の練習だけでは、
練習に追いつけないので、その第九音とりCDなるものを購入して
楽譜を目で追いながら声を出しながら自宅で勉強するのですが、
なかなか最初はそれも難しいものです。


私が購入したCDは、最初から音とりではなく、歌詞の読み方、リズム読みから
練習できるようになっているものでした。(音とりCDにも色々あるようです。)
ドイツ語の読み方も全然わからない初心者でしたから、CDを聴きながら、
何度も復唱復唱。リズム読みと言うのは、音程にのせずにリズムのみで
歌詞を読む練習ですから、まるでお経のような・・・
おそらく、練習している部屋から聞こえる声は、何をしているのだか
わからない家族にとっては、異様に聞こえたかと想像されます。


音楽キャリアのない初心者にとっては、練習でリズムから音までとるのは、
大変なことなので、合唱練習でパニックに陥らないためにも
予習復習は必須となります。最初は少し大変ですが、そうやって
必死で練習について行くうちに、いつの間にか、何となく
口ずさんでいたり、鼻歌で第九を歌えるように・・・♪♪


まぁ第九に限らず、はじめて挑戦するものって、何でも
最初は必死にやらなければ身につかないものも多いですよね。


リズム読みまではないようですが、You Tube の動画でも
今は第九のパート別音とり動画があったりするようなので
色々検索して探してみると便利かもしれませんよ。
(歌詞の読み方と意味は「第九 歌詞 読み方 意味」とかで検索すればたくさん出てきます。)

横浜ベイコール合唱団はオペラガラコンサートの稽古中です!

こんにちは、団長(ソプラノ)です。


先日5月31日(土)は大倉山記念館で『夏祭クラシックス2014「第九」&ガラコンサート』のガラコンサートの稽古を行いました。ちなみに「ガラ」とはお祝いという意味だそうですよ。


ガラコンサートの稽古はこれまで横浜ベイコール合唱団のメンバーだけで行っていましたが、今回からは、夏祭クラシックス2014合唱団から有志のコーラスメンバーも加わりました。


練習はまず椿姫の乾杯の歌をイタリア語で練習し、こうもりの乾杯の歌(シャンパンの歌)を日本語で歌いました。ピアニストはいつもの前田先生に代わって、新堂由暁先生をお迎えしての稽古になりました(*^_^*)


ガラコンサート練習

まず最初に乾杯の歌をパートごとにリズム読みから、しっかりと練習しました。
イタリア語を早く読まなくてはならないので、私は最初舌が回らず苦労しました。
実際この日が練習初日の有志コーラスの皆さんの様子は? と言うと・・・。結構速い段階で音取りも歌詞も入ってらっしゃいましたね。素晴らしい!有志の方々はコーラス経験が長い方が多く、その飲み込みの早さはとても逞しく見えました。あと、普段の稽古より人数が多いので歌っていてさらに楽しくなりました!!ガラコンサートも第九同様暗譜なので、体にリズムと歌詞をしみこませなければ!合唱指導の岡田先生が「家ではお経を唱えるように!」とおっしゃいますがまさにその通りかもしれません。


私のとなりで歌っていたMちゃんは暗譜が結構できていて、私も見習わなければなと思いました。私は繰り返しのところがまだ怪しいです。頑張ります。


次にこうもりの乾杯の歌(シャンパンの歌)。こちらもパートごとにリズム読みから。日本語で、コーラスは歌う個所が少ないので、こちらは早くコツを掴んでましたね。歌う個所が少ない分丁寧に歌いたいと思います。


この2つの歌は背景が舞踏会。演奏中にグラスを持とうか~など演出について話したり、歌っている時にバックを空想するのも私の楽しみの一つです。


実際の本番では、この2曲に「メリー・ウィドウワルツ」のコーラスを歌います。この曲は歌うと優雅な気分になり、聞いていても心地よいので私の大好きな曲です。


次回のガラコンサートの稽古は6月14日(土)18;00~同じく大倉山記念館です。参加されているみなさん、また次回も楽しく歌いましょうね。


団長
最新記事
記事検索
夏祭クラシックス

夏祭クラシックスは、クラシックイノベートが立ち上げた夏のクラシック音楽の祭典です!2017年から3年かけて公募合唱公募オケによる3大レクイエムの公演を行う計画。2017年はフォーレ、2018年はモーツァルト、2019年はヴェルディに挑戦します!