夏祭クラシックス

真夏のクラシックイベント、夏祭クラシックスのブログです。 夏祭クラシックス2019は2019/8/17ミューザ川崎シンフォニーホールにてヴェルディ・レクイエムを中心に演奏します。

夏祭クラシックス2019は
ヴェルディ「レクイエム」&ポンキエッリ「エレジア」

日時:2018年8月17日 14:00開演予定
場所:ミューザ川崎シンフォニーホール

パート

横浜ベイコール合唱団はオペラガラコンサートの稽古中です!

こんにちは、団長(ソプラノ)です。


先日5月31日(土)は大倉山記念館で『夏祭クラシックス2014「第九」&ガラコンサート』のガラコンサートの稽古を行いました。ちなみに「ガラ」とはお祝いという意味だそうですよ。


ガラコンサートの稽古はこれまで横浜ベイコール合唱団のメンバーだけで行っていましたが、今回からは、夏祭クラシックス2014合唱団から有志のコーラスメンバーも加わりました。


練習はまず椿姫の乾杯の歌をイタリア語で練習し、こうもりの乾杯の歌(シャンパンの歌)を日本語で歌いました。ピアニストはいつもの前田先生に代わって、新堂由暁先生をお迎えしての稽古になりました(*^_^*)


ガラコンサート練習

まず最初に乾杯の歌をパートごとにリズム読みから、しっかりと練習しました。
イタリア語を早く読まなくてはならないので、私は最初舌が回らず苦労しました。
実際この日が練習初日の有志コーラスの皆さんの様子は? と言うと・・・。結構速い段階で音取りも歌詞も入ってらっしゃいましたね。素晴らしい!有志の方々はコーラス経験が長い方が多く、その飲み込みの早さはとても逞しく見えました。あと、普段の稽古より人数が多いので歌っていてさらに楽しくなりました!!ガラコンサートも第九同様暗譜なので、体にリズムと歌詞をしみこませなければ!合唱指導の岡田先生が「家ではお経を唱えるように!」とおっしゃいますがまさにその通りかもしれません。


私のとなりで歌っていたMちゃんは暗譜が結構できていて、私も見習わなければなと思いました。私は繰り返しのところがまだ怪しいです。頑張ります。


次にこうもりの乾杯の歌(シャンパンの歌)。こちらもパートごとにリズム読みから。日本語で、コーラスは歌う個所が少ないので、こちらは早くコツを掴んでましたね。歌う個所が少ない分丁寧に歌いたいと思います。


この2つの歌は背景が舞踏会。演奏中にグラスを持とうか~など演出について話したり、歌っている時にバックを空想するのも私の楽しみの一つです。


実際の本番では、この2曲に「メリー・ウィドウワルツ」のコーラスを歌います。この曲は歌うと優雅な気分になり、聞いていても心地よいので私の大好きな曲です。


次回のガラコンサートの稽古は6月14日(土)18;00~同じく大倉山記念館です。参加されているみなさん、また次回も楽しく歌いましょうね。


団長

アルトに憧れますが、昔からソプラノです。~私の合唱パート~

今日も合唱スタッフパンダです。


私の合唱パートは、ソプラノです♪ヾ(=^▽^=)ノ
高い音なら割と出る方だと思っています。と言うか、昔から高い声しか出ません。
学生の時の合唱コンクールから、ずっとソプラノパートでアルトを歌ったことが
いまだかつてありません。普段の声も高めでキンキンしている方でして。


音楽の授業や合唱コンクールで、えらいはりきって声を出していたものの、
周囲の並びのクラスメイトに声が大きすぎて、うるさいからセーブしろと
言われたことがあり、それから単独で歌う音楽のテスト以外では
なんとなく控えめに歌うようになってしまい、合唱コンクールは
心からあまり楽しめなかった気がします(´Д⊂)。・゚・(ノД`)
なんだか歌い足りないと、消化不良を起こしていた感じがいつもありました。


でも今は、思い切って出しすぎても、うるさがられることもなく、私の声量じゃ
むしろ足りないくらいなので、思い切って歌えて、とっても気持ちがよいです。
思い切って歌いすぎて、時々自信満々に間違えますがねぇ・・・。( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽ


ずーっとソプラノの私は、たまにアルトさんに憧れます。
もともとアルトの声の方って、落ち着いて見えて、かっこいいじゃないですか。
私は常にキンキン、キャーキャーしているので、もっと落ち着いて かっこいい女性になりたいなと思うこともあるのです。
(え、声のせいじゃないの?それって。)歳を重ねてくると、
特にアルトさんのかっこよさがほしくなる。練習しようかな。


でもアルトさんに聞くと、なかにはソプラノの高い声に憧れると
言う方もいたりして・・・。ないものねだりなのかな、お互い。


第九もソプラノで歌ったので、そのうちアルトも歌えるようになったら、
楽しいかもなと思います。ソプラノ、アルト両使いできたらかっこいいなぁぁ。


でも、ソプラノってどの歌も主旋律がほとんどで、メロディは
一番簡単ったら簡単なところばかり歌わせてもらっているので、


ちょっと主旋律から外れただけで、挙動不審になっている私には
まだまだアルトへの道は険しそうです(; ̄Д ̄)
(テノールさんは、もう異次元ですな。)


クリスマスコンサート、自信をもって(もちろん間違えずに!)
思い切って歌えるようにソプラノがんばりますっ!

最新記事
記事検索
夏祭クラシックス

夏祭クラシックスは、クラシックイノベートが立ち上げた夏のクラシック音楽の祭典です!2017年から3年かけて公募合唱公募オケによる3大レクイエムの公演を行う計画。2017年はフォーレ、2018年はモーツァルト、2019年はヴェルディに挑戦します!