夏祭クラシックス

真夏のクラシックイベント、夏祭クラシックスのブログです。 夏祭クラシックス2019は2019/8/17ミューザ川崎シンフォニーホールにてヴェルディ・レクイエムを中心に演奏します。

夏祭クラシックス2019は
ヴェルディ「レクイエム」&ポンキエッリ「エレジア」

日時:2018年8月17日 14:00開演予定
場所:ミューザ川崎シンフォニーホール

テノール

前田明子先生コンサート情報:ベイプロジェクト主催”MuSICA!!vol.2”

少し前から、メッセージボードに公演情報を載せていますが、
夏祭2014(ベートーベン第九)夏祭2015(土の歌)
の合唱練習で、また横浜ベイコール合唱団のピアニストとして
お世話になっている前田明子先生の公演情報詳細です。


そしてこのコンサートは、今回、
夏祭、横浜ベイコール合唱団で合唱指導の岡田直樹先生も
今回、テノール歌手としてゲスト出演されます。


=======================

♪MuSICA!! vol.2-歌とピアノで巡るラテンの旅-
ヴィラ=ロボス/ドビュッシー/プッチーニ/オブラドルスほか

(前回vol.1はこちら。)

♪各地でコンサート活動を行ってきたソプラノ歌手、鎌田亮子と
ピアニスト前田明子が横浜を拠点に、幅広く世界のさまざまな
クラシックの曲を愉しんでいただくための、
新しいコンサートシリーズ「MuSICA!!」。


誰もが一度は耳にしたことがあるクラシックの名曲から、
日本ではあまり知られていない楽曲まで、毎回ゲストを
招いて演奏します。第二回目を迎える今回の「MuSICA!!」では、
テノール歌手の岡田直樹をゲストに招き、
「歌とピアノで巡るラテンの旅」をテーマにお届けします。


♪日時:

2015年11月23日(月・祝)18:45開場/19:15開演
♪場所:
鶴見区民文化センターサルビアホール3F音楽ホール
JR京浜東北線・鶴見線「鶴見」駅 東口から徒歩2分
京急本線「京急鶴見」駅 西口から徒歩2分
♪チケット:全席自由2000円

♪出演:前田明子(ピアノ)鎌田亮子(ソプラノ)
岡田直樹(テノール)

♪演奏曲目(予定) 
紫陽花/ひぐらし/Granada/La mi sola,Laureola わたしの大切なラウレオーラ/Corazon,porqe/Chiquitita la novia ちっちゃい花嫁/Musica proibita 禁じられた音楽/[Pagliacci」”No, pagliaccio non son”  オペラ「道化師」より”もう道化師じゃない”/「L'Arlesiana」”Lamento di Federico" オペラ「アルルの女」より”フェデリーコの嘆き”/Je te veux あなたが欲しい/Au pays ou se fait la guerre 戦いの起こった国へ/オペラ「ファウスト」より”宝石の歌”/samba classico 古きサンバ/A gatinha parda ちっちゃな灰色の猫/Manja tiro,tiro/歌をください


♪問い合わせ:mast636@gmail.com(前田)


♪主催:横浜ベイプロジェクト

MuSICA!!
=======================

なんと!今回は前田明子先生のオリジナル曲も聴ける貴重なチャンス!
前田先生はピアニストとしてだけでなく、作曲や編曲活動でも
ご活躍されているそうで、楽しみですね♪


ご興味のある方は、お早めに上記までお問合せください。

ベートーベン第九合唱の高音はとにかく高い!

ベートーベンの第九は年末に毎年聴いているし、
ソプラノなら主旋律で知っているから何とかなるだろうと思いきや、
歌ってみると思った以上に大変であることに気がつきます。


とにかく高音が高い!ベイコール合唱団で他の歌を
歌っていて、「この高音きついなぁ。」ってことがあっても、
「第九と比べれば全然低いから大丈夫だよ。」ってこともしばしば。
男声のテノールパートも結構な高音が出てくるのが第九です。


高音が出てくる前には「来るぞ来るぞ!」と身構えて
準備をして発声するのですが、どうもうまく行かず。
高音で長く伸ばす音になると更にうまくいかないことの
繰り返し。もう窒息寸前状態までがんばっちゃうんですね。


最初、初心者として第九合唱団に入った頃、
「難しいところは、がんばって無理をしすぎず、
経験者の方にお任せするつもりで、少し
ゆったり構えて大丈夫ですよ。」


みたいなことを言われた覚えがあるのですが、
その時は、先のことなどわからず、やる気満々ですから、
「いや、そんな他人任せだなんて申し訳ないから、がんばりますよ!!」
と思っていたのですが、数回経験した今だから、
ちょっとその意味がわかります。


がんばるといい声が出ないんです。
もちろん、練習は頑張らなければいけないのですが、
声を出すことをがんばろうとすると逆効果。


リラックスして喉をしめないようにして、
無駄なところの力を抜いて出す方が、
意外といい声が楽に出るんですね。


頑張って高音を出そうとした場合、
「出ないところだから頑張って出すぞ」
と思っている「出ない」前提の自己暗示がかかっているところが、
すでにダメなのかもしれませんが、その場合は、
体が緊張しすぎて、たいてい窒息寸前の苦しい状態で終わります。


割とぼけーと「やってみたら出るんじゃないかなぁ」
「高いし出なかったら経験者さんにお任せしよう」
くらいの心の余裕を持っているくらいのほうが、
体がリラックスして思いのほかうまく行くことが多いです。
参考:ソプラノが楽に声を出す方法

巻き舌も力が入りすぎるとうまくいかないし、
頑張り方を間違えてると、逆効果って感じ。
頑張ればいいってものではないんですね。


でも練習は頑張らないと歌えるようにはならないので、
適度に頑張らない加減を覚える練習を
頑張らなければならないのです。

岡田直樹先生コンサート情報:秋の夕暮れコンサート

夏祭クラシックス2014第九、2015土の歌で、また横浜ベイコール合唱団で合唱指導の
岡田 直樹先生の出演コンサート情報です。


今回はチェロメインのコンサートとのこと。秋らしい曲の演奏も色々あるようですよ。

===============================

秋の夕暮れコンサート
~ギャラクシーアートJAPAN10周年を祝して~


♪日時:10月4日(日)15:30開場/16:00開演
♪場所:池田コンサートサロン
東急東横線妙蓮寺駅より徒歩12分
横浜市営地下鉄岸根公園駅より徒歩13分
♪チケット:ドリンク、お菓子付
一般2000円/学生1000円


♪出演:
久武 麻子(チェロ)
岡田 直樹(テノール)
稲島 早織(ピアノ)
♪演目
ショパン 序奏とボロネーズ
ベートーベン トルコ行進曲/変奏曲WoO45
チャイコフスキー 舟歌/ペッツォカプリチョーソ
プッチーニ:誰も寝てはならぬ 他


♪トークセッション:
横浜市会議員 豊田 由貴
「地域文化醸成と行政の役割」

♪お問合せ
tel: 045-421-1001
e-mail: PIANO-IKEDA1@softbank.ne.jp
主催:横浜音楽事務所 後援:ギャラクシーアートJAPAN


秋の夕暮れコンサート
====================================

ご希望の方は、上記までお早めにお問合せください。


10月4日、この日はなんと別の記事で紹介しました、
志田尾先生のY’s companyの公演
別の場所であるのです。(↑詳細はリンクページ)


さすがは、芸術の秋。あちこちで素敵な演奏会があるようですね。
お好みのコンサートを探して、芸術の秋を楽しみましょう。
 

横浜ベイコール合唱団団員募集中です。

先日のドラマ『表参道高校合唱部!』最終回を見て、
「合唱部に入りたーい♪」
と思った方、いらっしゃるのではないでしょうか?

学生さんでしたら、学校の合唱部に所属する
とかの選択肢がありますが、社会人の
大人でも合唱部の活動はできます!


合唱団に所属すると言うとかたいイメージが
あるかもしれませんが、横浜ベイコール合唱団は、
学生サークルのノリもある和気藹々とした合唱団です。

8月の夏祭クラシックス2015以降、新団員が増えつつある
横浜ベイコールですが(現在、約20名で活動中)
現在も合唱団員募集中です。


全パート募集中ですが、男声パート、特にバスの方が
来てくださると力強い助っ人となっていただけるかも。
団員募集要項は下記の通りです。

=========================

♪ 募集パート:ソプラノ/アルト/テノール/バス

♪ 練習日時:土曜日18:00-21:00 /基本月2回
来月は10月10日(土)、10月17日(土)を予定。

♪ 練習場所:横浜、川崎市内の音楽練習室
来月10月は、東急線、白楽駅から徒歩3分池田シルクサロンを予定。


♪ 費用(定期演奏会費用別)
一般:4000円/月
学生(高校生・大学生):2000円/月
中学生以下:無料
※初回のみ見学無料。一回練習に参加可。

♪ 春に定期演奏会を企画中。
他、時期によっては短期イベント等参加もあり。


♪ 指導者
常任指揮者:岡田 直樹(テノール)
ボイストレーナー:志田尾 恭子(ソプラノ)
ピアニスト:前田明子


♪ 問い合わせ先:横浜ベイコール合唱団
 info.baychoir@gmail.com
※見学希望等の方は一度、お問合せください。

==========================

一緒にハーモニーを奏でる仲間をお待ちしております。

 
横浜ベイコール合唱団  

第九合同練習その3~前の椅子を使って楽に声を出す練習~

前回の第九合唱練習レポートの続きです。先生に注意されたことがたくさんありすぎて、記事には私の記憶だけでは書ききれないのですが、細かくは団員の皆様へ送られる練習メモでしっかり復習くださいね


前回の第九練習での岡田先生のベストショットは、この写真~
お手本この瞬間を捉えるのが難しかったぁ(・`ω´・)

何を説明中の写真か、出席していた団員さんは覚えていますか!?
これは、先生がテノールさんへ説明をしているところの写真です。 テノールさん、思い出しましたか?


高い音が出しにくい時は、写真の先生のような姿勢で(後ろにある足を少し浮かせて)前に重心をかけるように意識して声を出す練習をしてみると、声が出しやすいですよということでしたねこの姿勢を実践してみた後のテノールさんの声がほんとにその前と変わっていたので、びっくりw(゚o゚)w オオー!


テノール

こういうのが歌の練習のおもしろいところですね。ちょっとしたことではあるんですが、先生が「これやってみて。」と言われた通りやってみた後の声の変化が明らかに感じられると嬉しいし、楽しいし、「うぉぉ、声っておもしろいっ」っていつも思います。人体実験的な感覚で( ̄ー ̄)(あ、すみません。私の興味が人体科学なのでつい・・・)
特にオカピ先生は、練習中、こういうのやってみてとか、こういうイメージで歌ってみてとかの例えがかなり毎回面白いので、この一年で私も色々やってみたかなぁ。でもそのたびに「うぉぉっ」って瞬間があるのが面白いのです。


テノールの後は、ソプラノも椅子を使いました。また違う使い方ですが・・・。また長くなってしまったので、次回に続く・・・。(1回の練習レポで何回引っ張るんだか・・・無計画に文章書いているのですみませ~ん。)

最新記事
記事検索
夏祭クラシックス

夏祭クラシックスは、クラシックイノベートが立ち上げた夏のクラシック音楽の祭典です!2017年から3年かけて公募合唱公募オケによる3大レクイエムの公演を行う計画。2017年はフォーレ、2018年はモーツァルト、2019年はヴェルディに挑戦します!