夏祭クラシックス

真夏のクラシックイベント、夏祭クラシックスのブログです。 夏祭クラシックス2019は2019/8/17ミューザ川崎シンフォニーホールにてヴェルディ・レクイエムを中心に演奏します。

夏祭クラシックス2019は
ヴェルディ「レクイエム」&ポンキエッリ「エレジア」

日時:2018年8月17日 14:00開演予定
場所:ミューザ川崎シンフォニーホール

クリスマスソング

クリスマスコンサートの一日その5~第三部であたたかい手拍子が~

気がついたらクリスマスコンサートから、
風邪ひきの1週間を過ごしてましたパンダです。


今年の風邪は本当にしつこい。咳が長く残るのが
特徴らしく、私の風邪は典型的な症状みたい。
他の団員も今、喉をやられているとの連絡がありました。
みなさん気をつけましょう(´・ω・`)


さてまたまた続きですが、やっと本番れぽ第三部本番まで
たどりつきました~。もう、しばしおつきあいを。


第一部終了から第三部までは、フルート演奏の第二部を
はさんでいたので、結構ゆっくりできる時間があると
思っていたのですが、実際はあっという間(゚∇゚ ;)アッ!?


でも、みんなで写真撮影会をしたせいか、
オオカミをかぶったせいか、気持ちも
楽になって、さぁやるぞと舞台袖へ。


さぁ、われわれの出番。と舞台へ出たところ、お客さんの
あたたかい拍手ありそこへベートーベンオカピ先生
登場で、さらに和やかな楽しい空気になっていて、
歌いやすかったです。


第三部一曲目も自分としては第一部ほど緊張しすぎず、
なかなかいいすべり出しだったかな。
つぁうべるインタビュー

二曲目は、つぁうべるの
オリジナルクリスマスソング
で、歌う前にオカピ先生の
つぁうべるインタビュー。
このやりとりにかなりうけてしまったので、
緊張もとけてリラックスできていたんだと思います。
緊張しすぎることなく二曲目も歌えました。


この二曲目Silent&White Christmasを歌った後の
お客さんの反応もすごく嬉しかったです。合唱としては
初披露の歌を歌わせていただくわけですから、
特にこの歌はきれいに歌いたい、歌わなくては
責任重大って、私ずっと思っていましたから~。


さてさて、つぁうべるオリジナルクリスマスソングの後は
ディズニーメドレー。オオカミの登場はずっと
後半なのに、もう始まる前から、
「うぉぉ、いよいよオオカミ来るぞっ」って
私、そのことしか頭にありませんでした。


「くるぞくるぞ、やるぞやるぞ。」
と思いすぎて・・・前半一箇所失敗。
ふと横みたら同じソプラノの団長が歌っているのに、
私、歌ってない・・・。あ、、、私入り忘れたぁぁ・・・(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?


(すぐ気がついたので、何ごともなかったように
すぐ歌いましたけどね、ごめんなさ~い。)


ま、そんなこともあり、でもリラックスしていたので、
慌てることもなく、いよいよディズニー後半へ~。


緊張はだいぶ解けていたものの、タイミングを外しては
ならぬとドキドキはするものでして。でもそしたら
オオカミ出番の直前から、タイミングよくいい感じの
手拍子が客席からはじまって・・・。


これはありがたかったです。ほんとにうれしかったし、
そのおかげで楽しくオオカミミッション終了。
その後も、最後までとても楽しく歌うことができました。


お客さんに本当に支えられて、楽しい本番終了となり、
終了後の拍手もほんとにほんとに嬉しかったです。
アンコールを思いっきり歌える空気ができて、
最後もう一曲も心置きなく歌えました。

第三部

最後はね、みんなが集まった原点とも言える、
第九がベースの歌だったから、ほんとにほんとに
思いっきり歌えてみんながひとつになれた感じがして、
最初の緊張はどこかへすっかり吹っ飛んでました。


退場してからも楽屋まで戻る間、ずっとお客さんの
拍手が聞こえてきて、嬉しかったです。


あたたかい手拍子、拍手、ありがとうございました。


というわけで、長く続いた本番日レポート
でしたが、これにて終了~。


明日は団の忘年会、ふぁーてるぼーねん会です。


「ふぁーてるぼーねん」ってのも、第九の歌詞からの
引用なのですが、ふろいで幹事長とあーれ局長が
命名したそうで、普通の忘年会とはまた違う感じかもね~。


2014年はこの面白団員達に何が起こるのでしょうか?
来年もいい仲間と楽しく歌って、素敵なコンサートが
できるよう祈りつつ、明日は楽しい忘年会をしてきまーす。


来年、この面白団員達と第九を歌いたいという方は
是非、夏祭クラシックス2014にご応募くださいね。
お待ちしてまーす。詳しくは横浜ベイプロジェクトのHPまで。

クリスマスコンサートの曲も演奏します【11/30(土)キャンドルナイトinさかえ2013】

横浜ベイコールスタッフ、ツァウベルです。


横浜ベイコールとして、ではなく
私個人としてのステージ出演告知です。
詳細はこちら


いよいよ明日18:00開演です。


12/14土曜のクリスマスコンサートの曲目から、
「Silent and White Christmas」
「Silent Night(きよしこの夜)」
「Santa Claus is Coming to Town(サンタが町にやってきた)」
あたりは演奏できそうですが、明日はあくまで弾語りVer.


12/14土曜は合唱Ver.です。お楽しみに。


以上ツァウベルでした!

オリジナルクリスマスソング『Silent and White Christmas』誕生秘話♪(完

ツァウベル@横浜ベイコールスタッフです。⇒自己紹介


前々回の続き。今回は編曲編。完結です。


(ちなみに前回はクリスマスコンサートの20秒CM。
BGMに弾語りVer.のイントロを使用。)


*************************************************
「『Silent and White Christmas』誕生秘話」 ツァウベル 著


■第三章 編曲編 ~その和音でそのメロディは禁則なんだよね~


2013年9月のとある土曜夕方。
ベイコールの稽古に楽譜とギターを持参しお披露目。


ヴォーカル:私。
ピアノ:オカピ氏(合唱指導者)
ギター:使わなかったorz


団員F氏「こりゃ名曲だな。ところでオレが作詞した団歌どうする?」
団員A氏「クリスマスコンサート演目。まだ枠に余裕はあるで。12分くらい」
団員V氏「結構個人的な歌詞だから合唱じゃなく1人で歌った方が(…まあいいか)」
団員P氏「作成秘話をブログ書くの?いいじゃん。ぜひぜひ」
団長F氏「(Facebookにて)ツァウベルいい曲書くじゃん」
合唱指導者オカピ氏
「とりあえずその和音でそのメロディは禁則なんだよね~」
「続きますように、じゃなくて届きますように、じゃだめかな?」
「サビのメロディの伸ばすとこあんまり意味なくない?」
「ピアノのMさんも弾きやすいように。結局オレが楽譜書くわ」


こうした感じで合唱Ver.が出来上がりました。
弾語りVer.よりももっともっといい出来なはず。


そして12/14(土)18:45鶴見区民文化センター4F。
クリスマスコンサート本番を迎える。


(完)


************************************************
■次回は12/24(火)のコンサート(ベイコールではなく私個人出演)について。

イメージをのせて歌う練習へ!~クリスマスコンサートへ向けて~

昨日のサプライズバースディの続きでーす。
さて、ひとしきりはっぴばーすでぃ
盛り上がった後は、もちろん、真剣に合唱練習♪♪
$☆横浜ベイコール☆-合唱練習もう本番まで一ヶ月を切って いますからね。みんな真剣。


間違えて歌ってしまった時の
「これはまずいなぁ('A`|||)
の表情にも今までよりも
ずっと焦りが見えますヽ(TдT)ノ(↑あ、これ、私のことです・・・。)


まずはつぁべる作のオリジナルクリスマスソングから、歌い始めました。


昨日の練習では、具体的なイメージ風景を決めてそれを思い浮かべながら
歌う練習。イメージを具体化することで、びっくりするくらい、
ハーモニーが変わるものですね。歌っていても、具体的な設定がされると
とても歌いやすく、より歌うことが楽しくなるんだなと実感しました。


最初から素敵なクリスマスソングですが、
より素敵な雰囲気の歌に仕上がってま~す♪(ハードルあげてみました!)


続いて、ディズニーメドレー


うわっ、これは結構安心、大丈夫と思っていた歌が・・・
安心しすぎて自主練に力を入れてなかったせいか、ぐだぐだに~(´;ω;`)
(ゆ、油断は禁物ですね。)


$☆横浜ベイコール☆-テノールいやいや、これはどうにかしないと
いけないなと、お隣さん、同じパートで
不安な場所を確認しあったりして
いるうちに自然な流れでパート毎 強化練がはじまりました。


みなさん必死です。→
もう確実に前回までの練習とは、
空気が違いました。
前を向いて個々に必死に歌っていた今までよりも、各パートの仲間意識が
生まれてきた感じ(⌒∇⌒)これこそ合唱という雰囲気なのかな。楽しかったです。


先生からのアドバイスも少し難しいけど、より具体的なものになってきて、
この練習からは、1ランク、今までよりもステップアップした気がします。


このままのいい空気で本番まで突入すれば、
とっても素敵なコンサートになる予感がしてきましたよ


ちなみにわたくし、この前にまたあーれ、ふろいでと自主特訓を2時間して
いましたので、この日の歌った時間が、がっつり5時間(☆゚∀゚)
成果が本番で出ることを祈りつつ、がんばりまーす。


団員のみなさま、がんばりましょう!


そして、この後、2回目はっぴばーすでぃへ。
続く・・・

オリジナルクリスマスソング『Silent and White Christmas』誕生秘話♪2

ツァウベル@横浜ベイコールスタッフです。
前回の続き。今回は作詞編です。


********************
◆第2章作詞編 ~「」の中を読んでいくと歌詞になる~


まず「クリスマス」という歌詞が必要だ。
曲冒頭のサビのフレーズで主旋律の一番高い音に乗せよう。


それ以外はどうしようか。


曲は静かなイメージだから「サイレント」、
文字数の都合で「アンド」や「ホワイト」を足すと
サビ冒頭のフレーズと曲タイトルが完成。


静かなイメージに合わせて
「鈴の音」が「響」いたり
「耳を澄ま」したり
(キャンドルの)「炎」が「はかなく弱く揺れ」たり
「窓」が「小さ」かったり
「足あとに積もる」のが「粉雪」だったり。


季節的には寒いので「コートの襟」を「立て」る。
また、クリスマスになると
「あと七日で今年が終わる」ので「家路」を「急」ぐ「街角」。
「来年に願いこめ」ようか。
「悩み」や「迷い」や「恐れ捨て祈」りましょう。
「あなたの幸せ」が「続きますように」と。


うむ。これで聴く人も歌う人も、
(作詞した私自身も)幸せになれるだろう。


********************


次回は
「オリジナルクリスマスソング『Silent and White Christmas』誕生秘話♪3」
編曲編です。
たぶん完結します。 合唱指導者オカピーさん他、スタッフ団員も出てくる予定。
お楽しみに!

最新記事
記事検索
夏祭クラシックス

夏祭クラシックスは、クラシックイノベートが立ち上げた夏のクラシック音楽の祭典です!2017年から3年かけて公募合唱公募オケによる3大レクイエムの公演を行う計画。2017年はフォーレ、2018年はモーツァルト、2019年はヴェルディに挑戦します!