夏祭クラシックス

真夏のクラシックイベント、夏祭クラシックスのブログです。 夏祭クラシックス2019は2019/8/17ミューザ川崎シンフォニーホールにてヴェルディ・レクイエムを中心に演奏します。

夏祭クラシックス2019は
ヴェルディ「レクイエム」&ポンキエッリ「エレジア」

日時:2018年8月17日 14:00開演予定
場所:ミューザ川崎シンフォニーホール

オーケストラ

第九合同練習4回目~次回はいよいよオケ合わせです~

6月も今日で終わり。
もう今年が半年おわってしまったなんてーΣ( ̄ロ ̄|||)月日の経過が早いことに恐ろしさを感じる今日この頃。第九本番まであと1ヶ月ほどになってしまいました。がんばらなければ~。さてさて土曜日は、第九の第4回目の合唱合同練習でした。


毎回恒例の体操、発声、マッサージ。
体操発声さすがに第九練習折り返し地点を越えた今では、皆さん慣れっこで一連の動作に一体感すら感じられましたねヽ(・ε・)人(・ε・)ノ ナカマ
この一体感を持って第九歌うぞ~
というところで団長登場
1週間後のオケ合わせについての説明です。そう、次回はいよいよオーケストラとの合同練習、オケ合わせなのです。
オケ合わせ本番のオーケストラ、日之出交響楽団さんと一緒に第九を演奏同じ練習会場場所ではありますが、ずいぶん空気が違うはずです。少々緊張しますが、楽しみですね~
昨年、私第九初参加だった時の初のオケ合わせは色々緊張や感動したのを思い出しました。オーケストラの生演奏とソリストの声に聴き入って、うっかり自分の歌い出しを忘れそうになっちゃったり、あくまで練習なのに震えるほど緊張して、出るはずの声が全然震えて出なかったり・・・( ̄▽ ̄;)!!ガーン
(今回は2回目だからその辺は大丈夫のはずです。た、たぶん。)


今回初の方はオケ合わせまでに、できるだけ動画サイトやDVD等でオーケストラの音を聴きなれておかれると緊張も少しだけ和らぐかと思うので、この一週間、やってみてくださいね。


来週の注意事項等説明後は、オケ合わせに向けて上達するぞーっと歌の練習。
次回記事に続きます・・・。

第九合唱団員インタビュー~アルトまかちゃんの巻~

第九合唱団員インタビュー、今回もアルトさんが続きます。では、まかちゃん、どうぞ。


自己紹介をお願いします。
初めまして。アルトに所属しており、まかちゃんと呼ばれています。横浜市在住、新潟出身です。


最初に第九を歌うことになったきっかけは何ですか?
私は大学時代に合唱をやっており、しばらく離れていましたがまた歌いたいという思いが湧いてきたので合唱団を探していました。そんな中インターネットで昨年の第九の演奏会を見つけ、第九は一度歌ってみたいと思っていたので思い切って参加してみよう!と思い応募しました。最初の練習日まではとても緊張した記憶があります・・。


第九を歌う楽しさ、魅力は何だと思いますか?
うまく言えないのですが、オーケストラ、ソリスト、合唱が一体となった大きな音楽が作れること。歌う喜びを表現しみんなと共有できることかなと思います。


第九を歌うのは夏祭クラシックスで何回目ですか?また、何度も歌っていらっしゃる方は、何度も挑戦するおもしろさを教えてください。今回で2回目です。第九はとても難しいですが、今年も新たな発見が沢山あると思うのでまた挑戦するのが楽しみです。


夏祭クラシックス2014では8月の本番に向け、今、第九団員募集中です。これから参加しようかなという方へ宣伝やメッセージをお願いします。
合唱経験者の方も初めての方も色々いらっしゃると思いますが、先生方が優しく分かりやすく教えてくださいますので心配はいりません。アットホームな雰囲気で新しい仲間ができ、とても楽しいですよ。一緒に大きな感動を味わいましょう!


以上、まかちゃんのインタビューでした。
第九参加は今回で二回目、私とつぁうべると一緒ですね。第九同期として、がんばりましょう。


今回第九に参加するのがはじめての方は、練習について行けなくて焦っている頃かもしれませんが、第九は何度も聞けば聞くほど、何度も何度も間違えながらも歌う練習をすればするほど、歌うのが楽しくなってくるはずですので、練習がはじまって2~3ヶ月の今頃が踏ん張りどころかと思います。私も去年は3~4月頃から焦ってきて必死で家で練習始めました。


次回の第九練習は今週末です。初心者練習も残すところあと2回。経験者さんとの合同練習に備えて、皆さんがんばりましょうね~。

去年の今頃~第九メンバーでお花見していました~

さくらの季節、春満開
今日はあいにくの雨ですが皆さん、お花見はもうしましたか?


昨年の今頃は、第九合唱メンバー&オーケストラのメンバーでお花見をしていました。去年の今頃は、今年と違ってめちゃくちゃ寒かったんですよみんなマフラー&真冬コート姿の極寒の中、しかも初対面の人も多い中、わいわい楽しいお花見でした。

この日に初めてお会いした方、第九の練習でお顔はなんとなく見かけてはいたけれど、この日にはじめてお話した方がほとんどでしたね。このお花見以降に色んな方とお話できるようになってから、私の第九を歌うモチベーションも上がりましたし、練習場所に行くのが前よりもずっと楽しくなりましたよ。普段の練習日は18時~21時の間、とにかく全員前を向いて歌っている(&自分のことに必死(; ̄Д ̄))ので、練習中、休み時間中、お話したとしてもお隣同士くらいで、2週に一回同じメンバーが集っているのに実は知らない方だらけだったんです。


合唱団ですからね、みんなのことを知ってチームワークを作るうえでも、親睦は大事ですよね。本番日まで、約半年間、みんな同じ「チーム第九」としてがんばらなければいけないわけですから。


昨年は1月~初心者経験者合同の稽古が始まって、6月上旬本番で今年よりも全体的にスケジュールが早かったので、お花見時期に親睦会でしたが、今年の夏祭クラシックスも4月中に初心者団員メンバーの親睦会を今企画中だそうです。


団員のみなさん、是非ぜひご参加くださいね。いつも一方方向を向いて歌っているメンバーが輪になって飲み食いして、、、その後からの第九練習はより楽しくなってくるはずです。もちろん、私も参加しまーす。

初心者目線で第九を語る その1

横浜ベイコ―ル合唱団員兼スタッフのツァウベルです。


8/3(日)夏祭クラシックス2014「第九」&オペラ・ガラ・コンサート。
現在、横浜ベイコールでは、初心者練習開催中、経験者募集中です。 申込みいただいた方、ありがとうございます。
一緒に上達していきましょう!!


そして、経験者のお申込みお待ちしております!!


さて、コンサート本番8/3(日)までに
どんな準備を準備をすることになるでしょうか。
初心者の目線で書いてみます。


・概要を知る  まずは第九がどんな曲か知りましょう。
 正式名称は「交響曲第九番ニ短調作品125」
  (ドイツ語: Sinfonie Nr. 9 d-moll op. 125)。
 ドイツの詩人シラーが歌詞を書き、その歌詞に合わせて
 ドイツの音楽家ベートヴェンが曲を付けました。


・具体的に知る
 第1~第4楽章で構成されます。演奏時間は75分くらい。
 第1~第3楽章はオーケストラによる楽器演奏だけで歌は無し。
 第4楽章のみ、オーケストラの演奏に合わせて歌が入ります。
 歌うのは独唱の歌手数名と合唱団員です。
 合唱団員の人数は一般的に100~1000名。
 また、独唱の歌手はソリストと呼ばれます。


・自分が何をするのか
 「合唱団員の1名として第4楽章の歌を歌う」です。
 第4楽章の演奏時間は20分くらい。
 しかし前奏や間奏は器楽のみで歌はなく、
 プロの歌手が1人で歌う場面もありますので  実際に合唱団員が歌う時間は合計10分前後でしょう。


続きは「自分の歌うパートを理解する」です。
それでは、またお会いしましょう。

第九コンサートに行ってきました~ブロッサムフィルと第九を歌う会~

昨日はわれら団長と数名の団員さんが出演されていた第九コンサートに行ってきました。第九のコンサートには私は何度も行っているのですが、自分が昨年から歌う立場になってから、観る視点が確実に変わり、違った意味でコンサートを楽しめるようになったかなと思います。


ブラッサム

まず、一応客席におとなしく座ってはいるのですが、半分自分が歌っている気持ちにどうしてもなってしまいます。知り合いが壇上で歌っているとなおさら、緊張感までついつい共有しつつ、第4楽章の歌の部分が始まると、声は出さずに密かに実は歌ってしまいますね。


あと後ろ姿しか見えませんが、指揮者の動きにどうしても注目したくなります。指揮者によって動きもテンポも違うので「あ、この指揮者の先生で歌ってみたい」とか色々思いながら。(音楽ど素人の私はとにかくパワフルに大げさに振ってくださるほうが歌いやすいって感じなんですけどね。)指揮者の先生の後ろ姿を見ながら、歌ってる人たちにはどんな風に見えているんだろうと想像して、反対側にまわってみたくなっちゃったりもして・・・(笑)。


そして、第九のクライマックスの部分では、小~さい声でほぼ一緒に歌ってます(☆゚∀゚)
前回の夏祭クラシックスの第九初心者練習でピアニストの先生もおっしゃっていましたが、「第九のクライマックス部分の演奏が終わった時点で、アドレナリンがどっと出て達成感を感じる」のって舞台上で一度経験すると、(舞台に立っているほどではないですが、)客席にいてもちょっとあったりするんですよね(もうほぼ条件反射)。やっぱり生のオーケストラの音はいいなと思いながらね('▽'*)ニパッ♪


聴いているお客さんの気持ち、歌っている気持ちの両方を感じながら、第九コンサートを観るのは、単に聴いているだけのお客さんであった以前よりも格段に面白いです。そして色んな方が演奏する第九を聴く事はとてもいい勉強になりますので、今第九に挑戦中の方は是非色々な第九演奏を聴いてみてくださいね。コンサートに限らず、CDやDVD、動画サイトでもいいと思います。(私も去年第九初挑戦の時の練習で先生からアドバイスがあってから、色々な第九を比較して聞いてみたりしています。)


さぁ春の第九コンサートが終わったら、次は夏の第九コンサート♪
夏祭クラシックス第九、われわれの出番が来ますよ。はりきっていきましょう。


4月末まで第九団員募集中(経験者)ですので、夏も歌いたいという方は奮ってご応募くださ~い♪

最新記事
記事検索
夏祭クラシックス

夏祭クラシックスは、クラシックイノベートが立ち上げた夏のクラシック音楽の祭典です!2017年から3年かけて公募合唱公募オケによる3大レクイエムの公演を行う計画。2017年はフォーレ、2018年はモーツァルト、2019年はヴェルディに挑戦します!