夏祭クラシックス

真夏のクラシックイベント、夏祭クラシックスのブログです。 夏祭クラシックス2019は2019/8/17ミューザ川崎シンフォニーホールにてヴェルディ・レクイエムを中心に演奏します。

夏祭クラシックス2019は
ヴェルディ「レクイエム」&ポンキエッリ「エレジア」

日時:2018年8月17日 14:00開演予定
場所:ミューザ川崎シンフォニーホール

イメージ

第九合同練習3回目その2~語尾のtは吹き矢をふっ!~

前回の第九練習レポの続きで~す。
ひどいお天気の中、遅れながらも団員さん達が集まってきたところで、発声をかねて大地讃頌


前回までは音とりさえできてなくてあわあわしていた私(; ̄Д ̄)
も今回は付け焼刃ですが復習の成果あり、安心して自信をもって歌うことができました。でも頭に入ってしまえば、日本語の歌ですし、音も第九よりもはるかに楽~(´∀`*)皆さんは常識的に知っていた歌なのかも知れませんが、この歌を知らなかった私は一曲歌える歌のレパートリーが増えて嬉しいですねっヾ(=^▽^=)ノ


練習風景

さてさてここからメインの第九の練習。今回はMからはじまり、ほぼ歌の全箇所、先生の注意を受けて直しながら練習できましたので、なかなかハードでした。
今回の練習で感じたのは、「子音を消えないように大事に歌う」
のが本当に難しい。


思えば去年、はじめて歌詞を見て音とりで奮闘していた時、
「こんな複雑で難しい歌詞を音楽に乗せて歌うなんて絶対無理~('A`|||)
と思っていましたが、半年間の練習の甲斐あってなんとか暗譜で歌えるようになり、今年は「ちょっと去年より余裕かな」と思えるようにはなっていました。でもそれって同時に実は歌詞の細かい発音を適当になんとなくごまかせるようになってきちゃっているのかもしれませんね。去年は(決して実践はできていなかったのですけれど)、気持ちの上では、全部書いてある歌詞通りには正確にこなして歌おうと必死だった記憶があります。(だからぎりぎりまで楽譜にかじりついていましたが(;´Д`)


第九の曲がかかると何となくで今は歌えちゃうから、意識しないと何となく歌ってしまう部分がどうしてもあって、いい意味で昨年の余分な力が抜けた分、雑になってしまっているのかもしれないなと反省しましたよ。無声音は日本語にはないから、語尾の"t"が発音しているつもりでも、相当意識して直さないとほとんど聴いている側には聞こえないらしい・・・。


語尾のtは吹き矢を「フッ」と吹くイメージでtを出すのがポイントとのこと。頭からそうめん出したり(前回練習レポ参照)、吹き矢を吹いたり忙しいわ~(笑)難しいわ~(*゚▽゚*)
そうめん法もまだまだマスターしきれておらず、相変わらず今回も息が続かなかった箇所ありでしたが(でも前回よりは続くようになったかな)、がんばってマスターするぞ~(・`ω´・)


まだ書きたいことがあるので続きはまた次回

歌う時の自分のキャラクター設定をしてみようかな~クリスマスコンサートに向けて~

朝いちAveMariaを歌って、寝ぼけ眼を覚ましたパンダです。
クリコンまでに、ご近所から苦情が来ないことを願います。


土曜日に自主練をして少しだけ前より自信をつけました私、
楽しく歌うには、その歌その歌を歌う時に
「自分は何者として歌うのか?」
というキャラクター設定がきちんとできていないと
楽しく歌えないのではないかと、ふと今朝思いました。


とくにディズニーメドレーは、メドレーで長いだけに
それぞれの歌の変化をはっきりとお客さんに楽しんでもらえないと、
抑揚がなくなって退屈になってしまいますよね。


小人は、魔法使いのおばあさんは、どんな気持ちでどんな声を出すんだろうか、
ここの部分を歌っている人はどんな物語の誰なのか、
それを考えていたら、ちょっと自分自身楽しくわくわくしてきました、
と同時に、その歌の背景をちゃんとわかってない自分に気がついたので、
これから調べてみようと思いました。


先日、団長がインタビューで答えていた通り、
「自分が女優男優になったつもりで舞台に立つ」
ってお客さんを楽しませるうえでも重要かもしれませんね。
それには、自分が「何を演じるのか。それはどういう人なのか。」
をある程度つめておかないと、絶対できない。 (私、昔学生演劇やってたもんで。)


それは、他の歌でも同じかもしれません。
それぞれの歌で、「自分は何者として歌うのか」
これが決まってたら、歌ってる自分も楽しいはずだし、
目指す方向もおのずと決まってくるような気がします。


第九歌った時に、いろいろな演奏家の第九を聞いたのですが、
同じように、色々な人が歌っている、クリコンの歌を
聞いてどのイメージにするか決めてもいいですよね。


あと横文字の歌の歌詞の意味がきちんとわかっていないと
自分のキャラクター設定もできないから、
歌詞の確認とその意味ももう一回調べなおさないといけないなと思いました。


そんなことを色々考えていたら、、、
もっともっと歌うのが楽しくなりそうな予感&コンサートが
楽しくなりそうな予感です。


パンダ女優なりきりがんばります(笑)ヾ(´ω`=´ω`)ノ♪

最新記事
記事検索
夏祭クラシックス

夏祭クラシックスは、クラシックイノベートが立ち上げた夏のクラシック音楽の祭典です!2017年から3年かけて公募合唱公募オケによる3大レクイエムの公演を行う計画。2017年はフォーレ、2018年はモーツァルト、2019年はヴェルディに挑戦します!