夏祭クラシックス

真夏のクラシックイベント、夏祭クラシックスのブログです。 夏祭クラシックス2020は2020/7/18ミューザ川崎シンフォニーホールにてカルミナ・ブラーナとベートーヴェン交響曲第7番を演奏します。

夏祭クラシックス2020は
「カルミナ・ブラーナ」&「ベートーヴェン交響曲第7番」+ ネッスンドルマ!

日時:2020年7月18日 14:00開演予定
場所:ミューザ川崎シンフォニーホール

もぐらもち

6/27 第9回練習:スペシャルゲスト斎藤孝さん

こんばんは。
諸般の事情で最近お疲れ気味の事務局長でございます。
出張やらなんやらで疲れが溜まっているようで…。


さて、9回目の練習は中原市民館。もうおなじみの会場である。
会館スタッフさんはHPをチェックしてくれているらしく、次回練習はいついつですね。
なんて声をかけてくれるのである。
すっかり顔なじみ。この活動も定着しつつあるようで嬉しい限りである。


今回は、スペシャルゲストとして、本番に登場いただく斎藤孝さんを迎えたのである。
以前のブログでも書いたが、貴重な被爆体験者でありながら精力的に活動しているおもろいじいちゃん。
控室にご案内し、雑談して戻るとなぜか団員さんが登壇している(笑)
DSC00678_2
何事かと思いきや、ステージで発声をしていたようである。


後ろで聞いているといい声が響いていて心地よい。


発声後はゲストの齋藤さんに10分程お時間を頂き被爆などのお話をしていただいた。
本番はおそらく団員さんは聞くことが出来ないと思われるので貴重な経験であっただろうと思う。
その後も齋藤さんは練習を見学して、皆さんの歌に感動したそうである。
練習も折り返しを過ぎ、歌い方から伝え方へ進んでいくのによい機会だったのではないだろうか。
DSC00682_2


練習は3、4、5楽章を中心にみっちり行い、疲労困憊の中なんと女子会である。
なぜか先生とわたしも参加することになっているようで、齋藤さんを連れて参戦してきたのである。
もちろんわれらが「なかじー」も一緒(笑)


ここらへんの模様は後日なかじーが記事を書いてくれるようなので割愛しておこう。。。


ご参加いただいた皆様、幹事の皆様ありがとうございました。


Allemenschen@じむきょくちょー

5/30 第5回合唱練習(川崎市中原市民館)

皆様こんにちは。メガネマン1号です。


休みの日はメガネをかけてることが多いのですが、なぜか昨日メガネマンを拝命した次第である。
ちなみに2号はオカピだそうだw


さて、練習である。
久しぶりの中原市民館。高級なタワーマンションの1,2階を市民館にしているあたり中原区は気合が入っている。しかもそのおかげで災害にも強かったりする(後述)


いつものように体操、発声と進んで、4楽章の音取りである。
「もぐらもち」というお題が付いている。
先生曰く、
「火の槍に怯えるもの、死の灰に怯えるものは、土に生活する俺たちもぐらの真似をするんだぜ!」
だそうだ。
もぐらの立場で書かれた曲のようで独特のテンポやら寸劇ちっくなところとか非常に面白い。
「もぐらもぐら」はヘビロテ要素抜群かもしれない(笑)


しかし、楽譜を見てみると男子のパートがほぼ無い!
なんて楽勝。と思いながら音取り中に爆睡していたのはナイショ。。。


そんなこんなで気を抜いていると突然の地震速報である。
みんなのケータイは鳴っていなかったようなので、行政のシステムなのだろうか。
けたたましく鳴る割りになかなか揺れが来ない。
おそらく震源が遠いのでP波とS波に相当の時間差があるのであろうが、不気味である。
1分近く経ったであろうか、ホールがゆらゆらと揺れ始める。結構長かったが歩けるくらい揺れはたいしたことなかった。
避難も必要ないようで一安心して練習再開である。

練習後、記念に集合写真を撮り解散となった。


DSC00666_s

今年もすばらしいメンバーに恵まれて感謝!


Allemenschen@じむきょくちょー


P.S.
練習後は次週の「男子会」の下見と称して一杯。
スマイル王子を合唱団にスカウトしたりとなかなか楽しいひと時であった。


11011204_10206608089660210_8749221642064940732_n

余談であるが、地震の揺れが小さかったのはタワーマンションの制震構造にあるようだ。
たぶんあそこは練習会場の中で一番安全だな。
 

カンタータ「土の歌」とは

大地讃頌」は合唱曲として多くの学校で歌われています。
この曲の作詞者は大木惇夫、作曲者は佐藤眞。
この「大地讃頌」は、カンタータ「土の歌」という作品の最終楽章にあたります。
カンタータとは、ある一貫したテーマにそって歌われる大規模な声楽曲のこと。


第一楽章「農夫と土」には、自然の恵みのありがたさ、土への感謝が込められています。
第二楽章「祖国の土」は、人が土から生まれ土へ帰っていくという自然の摂理について描かれます。
第三楽章「死の灰」は、原爆について、また科学や人間の汚さについて描かれた歌です。
第四楽章「もぐらもち」は同じく原爆について、もぐらに例えて人間を批判する内容です。
第五楽章「天地の怒り」では天災の悲惨さや人間の無力さが歌われます。
第六楽章「地上の祈り」には、大地への想いや反戦への祈りが込められています。


そしてこの組曲が第七楽章の「大地讃頌」に繋がるのです。


学生時代に何気なく「大地讃頌」を歌ったという人も多いでしょう。


しかしその楽曲には、原爆を始めとする人間の残忍さや、人災の悲惨さ、平和への祈りという強いメッセージが込められているのです。
楽曲に込められた平和への希求を知ることで、もっともっと深く「土の歌」を味わうことができます。


横浜ベイプロジェクトでは、「土の歌」をオーケストラと歌う企画で合唱団員を募集しております。
皆様のご応募、心よりお待ちしております。


http://goo.gl/9Lhecl

最新記事
記事検索
夏祭クラシックス

夏祭クラシックスは、クラシックイノベートが立ち上げた夏のクラシック音楽の祭典です!2017年から3年かけて公募合唱公募オケによる3大レクイエムの公演を行う計画。2017年はフォーレ、2018年はモーツァルト、2019年はヴェルディに挑戦します!