夏祭クラシックス

真夏のクラシックイベント、夏祭クラシックスのブログです。 夏祭クラシックス2019は2019/8/17ミューザ川崎シンフォニーホールにてヴェルディ・レクイエムを中心に演奏します。

夏祭クラシックス2019は
ヴェルディ「レクイエム」&ポンキエッリ「エレジア」

日時:2018年8月17日 14:00開演予定
場所:ミューザ川崎シンフォニーホール

そのままの君で

横浜ベイコール団歌「海へ行こう」&歌い出しのコツ

横浜ベイコール合唱団員兼スタッフのツァウベルです(テノール)。


写真は合唱練習風景♪
20140920ベイコレギュラー稽古風景

さて、今回の記事のタイトルについて。
「海へ行こう」はベイコールの団歌です。
作詞作曲は我々ベイコールの合唱指導者、岡田直樹先生!
「横浜」「世界」「未来創造」など力強い歌詞とメロディ。
この曲はアカペラ(伴奏なし)で歌い上げます。


その他にも「瑠璃色の地球」「風」「そのままの君で」・・・。
定期演奏会で息の合ったハーモニーをお届けできるよう稽古中。
ちなみにその日時と場所は
2015年3月14日(土)17:30開場。横浜市開港記念会館 講堂。
各団員の志向やアイデアを生かし、
お客様が最大限楽しんでいただけるイベントにします。
ぜひぜひ、今からご予定を空けておいていただけたらと思います☆


さて、合唱指導を受けて学んだ歌い出しのコツ。
前奏中に息を吐ききり、歌い出す前にしっかり息を吸う
歌い出しは難しい。
リズムに乗り遅れず、なおかつ、感情を込めなければいけません。
なんとなく歌い始めてしまうと、リズムも、感情も台無しになってしまう。
そこで、前奏中から呼吸を意識し、歌い出しに備えるわけです。
歌い慣れた曲も、初めて歌う曲も、心がけたいですね。


次回の合唱練習は10/11(土)。
合唱練習に関するブログ更新はその日以降となる予定です。


横浜ベイコール合唱団員兼スタッフ ツァウベル(テノール)

横浜コーラルフェスト本番が終わりました!その3~全員合唱でフェスト終了そして緊張の講評~

です。前回のはたまた続きです。

無事、自分達の出番を終え、残りの3団体は心置きなくリラックスして楽しめました。(ものすごく上手でした。)すっかりお客さんの気分でいたところ、「ブラボー賞の発表です!」と。あ、そうでしたそうでした。ブラボー賞という出場団体投票の賞があったんだった私、もともと賞とか考えるとプレッシャーでダメになるタイプなので考えないようにしていたんですけど、期待、狙っていた団員さんもいたようでして。でも、狙っていなくても発表はドキドキはするもの

14団体中、複数の団体がブラボー賞の候補として呼ばれる中、われら「横浜ベイコール」の名前は候補としても呼ばれず、やっぱり少しは残念。自分が聴いていて上手だなと思ったところが、やはり予想通りエントリーされていました。(自分達の歌声については、客席にどう聴こえていたかはわからないんですけどね。)

リパブリック賛歌ブラボー賞の発表後は、合唱祭の締めとして「リパブリック賛歌」の全員合唱。これはリラックスした中ほんとに楽しかったですまさにお祭りの最後に音を楽しんだ感じでした。ちゃんと覚えてまた歌いたいなぁ

コーラルフェスト、合唱祭はこんな感じで無事終了。さてさて気になるのは、4名の先生方の講評カードです。着替えを終えて入り口に再度集合して、みんなで4枚の講評カードをドキドキしながら見ました。「どんな厳しいお言葉が書いてあるのかな。」とちょっとだけ、こわごわ。

でもそこに書いてあったのは、嬉しいお言葉、そして今後への励ましがいっぱい。
「息のあった小気味のいい唄い方が素敵」「さわやかな雰囲気」「自然でやさしげな響き」「伸びやかな歌声」「メッセージがしっかり配達されてきた」と。賞こそとれなかったけれど、気持ちを伝えることを目標にがんばってきた成果が出せたのかなと嬉しくなりました。先生方ありがとうございました。これからもこの経験を糧にがんばります。

この後は、もちろん、ふろいで幹事長主催の打ち上げへ・・・。

PANDA

横浜コーラルフェストの本番が終わりました!その2~「そのままの君で」「風」を歌って~

です。前回の続き。いよいよEブロックも後半、われわれの出番が近づいてきて、ちょっと緊張しはじめてきましたしかも色んな合唱団を聴きなれてきたこともあって、後半の団はものすごく上手な団が多いように思えて、少々焦ってきました

横浜コーラルフェスト2でもね、本番前日から緊張するだろうなと心配になった時は、「ソチオリンピックに出場している選手に比べたら、なんてことないな。」って思うようにしていたんです。あんなに若い子達が、国のプレッシャーも背負って出場しているんだもの。今回の合唱祭はブラボー賞という賞はあるものの、順位がつくわけでもないし、気楽なもんよと自分にひたすら言い聞かせ。
先生も本番は、間違うことを恐れずに思いっきりやってきなさいとのことでしたしね。

ホールちょっと緊張しつつ待機、いよいよわれわれの出番がやってきました。壇に昇るまではそうでもなかったのですが、やっぱり舞台に上がると緊張するものですね。いつもの練習とは全然違う風景、客席が見えるんですから。「いつものように」歌うのはなかなか難しいわけです。

前回クリスマスコンサートの時は私は、「客席がよく見えないほうが緊張しないのでは?」と眼鏡を外して出場したのですが、お客さんが見えないほうが不安で緊張したので、今回は眼鏡をかけて出場。客席の空気も反応もわかった方が、なんとなく安心できると感じました。それに今回の課題は「お客さんに伝えられる歌を歌うこと」でしたからね。

司会の方が合唱団の紹介をはじめて、前田先生の伴奏がはじまってから、演奏が終わるまではあっという間でした。途中、テンポ走りすぎちゃったところあったかなとは思いましたが、自分では今まで歌った中では、一番の出来だったかなと思えて。まだまだ「思いっきり楽しむ」までの余裕はなかったけれど、クリスマスコンサートよりは、お客さんに伝えることを意識して、楽しく歌えた気がします。やれることはできた達成感は十分感じることができたかな

終わってから、気になるのはひたすら、「客席で私たちの歌がどう聴こえたんだろう」ということ。舞台からは想像つかないんですよね。今回のコーラルフェストは講評もつくということでドキドキでした。

本番を終えてからについては、またまた続きで・・・。

PANDA

横浜コーラルフェスト本番が終わりました!その1~本番当日リハーサルから出番まで~

コーラルフェストです。後出し報告ですが先週土曜日、横浜コーラルフェストが無事終わりました。私たち横浜ベイコールは、初出場Eブロック11番目の出演。クリスマスコンサート後から気合いを入れて自主練から、オカピ先生の厳しい練習特訓を経て、迎えた本番です。(練習についてはまたまた遡って後日別記事で)
本番当日は、少し早めに桜木町駅前の音楽スタジオに集合し、最終リハーサル。軽く身体をほぐして、なつかしのSilent and White Christmasで発声練習をした後、「そのままの君で」「風」を通し練習。前回の練習からの課題、集音を意識するのを忘れないように部分的に返し練習をした後、最終的な復習。みんなでの確認作業をして練習終了。会場入り時間までお茶タイム。普段練習中はゆっくり話せないメンバーとも色々お話した後、リラックスして会場入り。

着替えをすませた後、持ち時間15分の練習室での最後のリハ。横浜コーラルフェスト最終通しでまさかまさかのソプラノ全員歌詞がふっとぶ事件あり、でも再度やり直しで自信を何とか取り戻しひと安心。ホールへ移動して、あとは私たちの出番を待つのみとなりました。
まだみんなリラックスしてます。→

なんせブロックで11番目ですからね。ここから出演までが長いわけです。色々な団体の歌を聴いて、眠くなっちゃうこともあるかななんて思いましたが、自分が歌う立場として他の合唱団を見るのははじめての経験でしたから、色々勉強になることあり、他の演奏も楽しむことができました。お客さんにすっかりなっちゃって、自分出ることを忘れそうになったくらい・・・。

でも椅子に長~いこと座っていたので、体はやっぱりコチコチに
こんなんで声出るかな~とちょっと心配になってきたタイミングで、なんと発声タイムというのがあり、体操と発声をしました。他の合唱団のパワフルな先生のご指導で楽しい時間でした。

発声タイム後、4番目がわれわれ横浜ベイコール合唱団の出番。
体もほぐれてよしやるぞ~っと。長くなったので本番他次回記事へ~。

「そのままの君で」を歌い始めたら、旧友とつながった?!

昨日の歌の練習の感覚を忘れないうちに早いこと復習しないと~と
思っているパンダです。最近覚えているうちにやらないと、何でもすぐに忘れちゃうので(;´Д`)


ヨコハマコーラルフェストでわれら横浜ベイコール合唱団は、「そのままの君で」と「風」の二曲を歌うのですが、偶然なのかこの歌が呼び寄せたのか、最近歌とちょっとリンクする出来事がありまして、おもしろいなと思っています。


もう20年以上連絡をとっていなかった小学校時代の親友とふとしたことがきっかけで連絡をとることになり、2月に再会することになりました。小学3年生に私は東京に引っ越してきた転校生だったのですが、当時田舎と東京のギャップで勉強等に追いついて行けず、なかなか大変でして。その時できた友達です。小学校3年生で純粋でしたからね。歌の歌詞通り「ずっと友達でいてね。」なんてバースデーカードに書いてあった記憶もあります。そうそう今も私の誕生日覚えていてくれました。


それこそ、時が流れて別々の中学に行くようになって、私もまた引っ越してしまい、いつの間にか年賀状のやりとりもなくなって・・・。でこのタイミングは、どういうタイミングなんでしょうかね。わからないけど、ほんと急にですよ急に。顔もお互い会ってわかるか、心配なくらいなんですが。(おそらく私は小学生から基本顔は変わっていないと思っているのですけれど・・・・('▽'*)ニパッ♪


うーん、、長年全然連絡を取っていなかったので、会ったら何から話したらいいんだろうなんて思いながらも、「そのままの君で」を歌いながら、やっぱり根本変わらず違和感なく話せたらいいなーと思ったりして。ちょっとドキドキします。


歌が昔の友達を呼び寄せたのか、ただの偶然なのか、でも歌をリアルに歌うヒントにはなる出来事かもしれないなと思います。再会はコーラルフェストの直前になりそう。再会後、歌い方が微妙に変わったりもするのかな。


ま、そ、その前に目の前にある基本課題を
越えられるように復習がんばりまーす。

最新記事
記事検索
夏祭クラシックス

夏祭クラシックスは、クラシックイノベートが立ち上げた夏のクラシック音楽の祭典です!2017年から3年かけて公募合唱公募オケによる3大レクイエムの公演を行う計画。2017年はフォーレ、2018年はモーツァルト、2019年はヴェルディに挑戦します!