夏祭クラシックス

真夏のクラシックイベント、夏祭クラシックスのブログです。 夏祭クラシックス2019は2019/8/17ミューザ川崎シンフォニーホールにてヴェルディ・レクイエムを中心に演奏します。

夏祭クラシックス2019は
ヴェルディ「レクイエム」&ポンキエッリ「エレジア」

日時:2018年8月17日 14:00開演予定
場所:ミューザ川崎シンフォニーホール

合唱指導者 スタッフ雑感等

夏祭ニュース!!コンミス&オルガニスト決定!!

【夏祭ニュース !!】

こんばんは。夏祭クラシックス実行委員長の岡田直樹です。

現在、夏祭クラシックス2017に参加いただく合唱団員並びに、管弦楽団員の公募を行なっていますが、管弦楽の主要なパートを担当するお二方が決まったのでご報告させていただきます。

まず一人目、祝祭管弦楽団のコンサート・ミストレスが伊藤舞希子さんに決まりました。

私たちにとっては昨年に続いてお世話になりますが、アメリカで研鑽された実力はもちろん、弾き方やピッチに厳しくも丁寧に教えてくれます。
また、一度飲み会になるとフレンドリーで楽しいお姉さんです(笑)
プロフィールなどの詳細は下記追記してますので、開いていただけたら幸いです。

https://www.natsusai.jp/演奏会情報/夏祭クラシックス2017/指導者-ソリスト紹介/
 

そして超速報  サン=サーンスとフォーレ・レクイエムの肝であるオルガニストはミューザ川崎の専属オルガニスト、近藤岳さんに決まりました!

出演が決まったばかりでプロフィールの最新版がまだ到着しておりませんが、早い段階でお知らせしたいと思います。
取り急ぎ、webで見つけた近藤さんの情報を皆様にご案内いたします。

http://nandemoclassic.jp/performer/kondou.html
 

私や小森先生にとっては素晴らしい先輩との共演が楽しみであり、川崎市民の皆様にもお馴染みの素晴らしいオルガニストです。

特に川崎市民の皆さん!!近藤岳さんと共演出来るチャンスでもありますし、私たちと一緒に夏祭クラシックスを盛り上げませんか?

参加希望の方は

https://www.natsusai.jp

<お知らせ>の合唱募集欄、オーケストラ募集欄をクリックし、お申し込みください!



 

↓クリック支援お願いします。FBのイイネ・ツイート等もお願いします。
合唱・コーラス ブログランキングへ

指導陣紹介-その1 新堂先生から~岡田先生と志田尾先生はこんな方

皆さま、こんにちは(^^)
暦も2月になりまして、気が付けば夏祭クラシックス2017の練習開始まで
2か月を切りました。
男声合唱の練習開始は3/18(土)ですから、来週末には1月前になります。
参加の応募も着々と、毎日のように届いて嬉しい限り(*^^*)
合唱だけでなく、今年はオーケストラメンバーも募集していて
事務局的には業務量がおよそ倍になるので、大変と言えば大変ですが、
皆さまの意欲的なご応募にパワーいただいて頑張っています
 
さて、前回の記事では
マエストロの小森先生仲良くなる方法をお伝えしましたが、
練習開始も近くなってましたし、フォーレ・レクイエムの合唱指導陣の紹介などいかがでしょう?

今までに夏祭クラシックスにご参加された方にはお馴染みの先生方と思いますが
始めてご参加の皆さまの中には、どんな先生から教わるのだろう?と不安に思う方もいるかもしれません。
ですが、夏祭クラシックス!!
よくあるようなご出身や経歴の紹介ではつまらない
指導陣の先生方にどんな方なのか(本音交えて)お互いを紹介しあっていただくことにいたしました。
トップバッターは、
イケメン新堂先生
実行委員長でもある岡田先生と志田尾先生のご紹介だけでなく、フォーレ・レクイエムを歌うに際してもひとこと書いてくださいました。
どうぞ、お読みくださいませ。

○●○●○●○●○


夏祭ク
ラシックスブログをご覧の皆さま、
初めましての方も、ご無沙汰しておりますの方もいらっしゃることでしょう、
テノール歌手の新堂 由暁(しんどう よしあき)と申します。
昨年のベートーヴェン《第九》に引き続き、今年のフォーレ《レクイエム》でも、合唱指導をつとめさせていただきます。どうぞよろしくお願い致します。

さて、今回は私より、2人の指導者を紹介させていただきたく思います。

まずは、岡田直樹さん
夏祭クラシックスの前身の団体から常に中心に立たれており、
当団体の産みの親と言っても過言ではないでしょう。
私にとっては東京藝術大学声楽科の先輩でもあり、初めてお会いした頃私はまだ学部生でした。何を隠そう私がソロでオーケストラと共演した初の機会は、岡田さんにお声かけいただいた"夏祭クラシックス2014"のオペラ・ガラコンサートでした。
岡田さんの指導のスタイルは、メカニックでありつつも感覚に訴えかけることを得意とされており、特に高音へのアプローチは合唱団の高声部からも厚い信頼を得るところです。
ご本人がイタリアオペラだけではなく、尾崎紀世彦や稲垣潤一などのJポップも歌われることからも、指導法のバリエーションには定評があります。

そして、志田尾恭子さん
昨年の第九では主に初心者練習を担当され、音取りからドイツ語の発音まで網羅した細やかな指導に、メロメロになる男性団員がいたとかいなかったとか…
私が初めて関わった夏祭2014の第九ソプラノソリストでもあります。
非常に難易度の高い第九のソプラノパートに、同声種にしかわからない金言を多く与えました。
本番当日はステージマネージャーまで務め上げてしまう、多才でチャーミングな(時に厳しい)方です。


基本的には私を含めたこの3名で、今年のフォーレ《レクイエム》に取り組むこととなります。
この作品、昨年までの第九とは大きく取り組むべき目標が変わってくると私は考えております。ピアノからフォルティシモまで、もちろん第九にも強弱実に幅広い指示が楽譜には記されておりますが、第九ではどうしても"大きな音"の方に意識が向く傾向にあるように感じます。
ですがこのフォーレは、そうはいきません。例年よりもさらに繊細なテクニックと表現が必要となります。その作業は、決して簡単なものではありませんが、その先にある達成感は得難いものです。


大きな声ではなく、よく響く声
その楽器を創り、そして音楽を一緒に楽しんでみませんか?

是非是非、ご応募やお問い合わせ等、お待ち申し上げております。


私個人の活動は、以下のブログで更新をしておりますので、
もしよろしければご覧くださいませ。
Tenore新堂由暁のブログ

新堂 由暁


○●○●○●○●○

新堂先生どうもありがとうございました。
新堂先生の演奏活動などは、上記ブログの方でご案内していらっしゃいますので
そちらの方もぜひご覧くださいませ。
 
 
指導者紹介、次回更新に続きます。どうぞお楽しみに



 
↓クリック支援お願いします。FBのイイネ・ツイート等もお願いします。
合唱・コーラス ブログランキングへ

実行委員長に聞く!マエストロ小森康弘の魅力

皆さん、こんにちは。
夏祭クラシックス2017事務局です(^^)

さて、今日は夏祭の顔とも呼べるマエストロ小森康弘先生について
実行委員長の岡田先生に質問形式でご紹介いただきたいと思います。
岡田先生と小森先生は東京藝術大学大学で2学年先輩後輩なのですが
藝大の序列では岡田先生が先輩、実年齢は小森先生が2つ上という
周りが微妙~(-_-;)に気を使うご関係。
間を取って同級生感覚でお互いお付き合いをしていらっしゃるそうですが・・・


Q1、まずは小森先生の魅力を教えてください。

音楽的には大きな体格を活かした見やすい指揮ですね。
合唱付の演目では特にマエストロの資質が問われる部分がありまして、
例えば年末の第九とか見ていると、オーケストラの演奏に陶酔して
合唱の細かい指示が抜ける指揮者を目にする機会が多いですが、
小森マエストロは楽曲への的確な指示はもちろん、素人の合唱団員でも
小森康弘の世界に入り込めるように振りながら一緒に歌っているので、
コンマスを始めオーケストラも一緒に歌っている一体感を感じます。

またプライベートでは圧倒的な肉食っぷりと、意外にも「女子か」と
突っ込みたくなる繊細さを兼ね備えていて、
小森さんの音楽作りの特徴的な「ダイナミックさの中にある細やかさ」の原点はここにありという感じがします(笑)
 

Q2、合唱やオーケストラの皆さまに、小森先生と楽しく付き合える方法?を教えてください。

まずは予習復習をしっかりやることですね。小森先生の練習を見ていると、
オケにも合唱のワンフレーズ・一音に気配りしてくれていたりしますので、
一生懸命向き合えば向き合うほど得るものが多いです。

また、夏祭の魅力の一つとして、先生がお越しになるタイミングで懇親会も計画するので、それに参加して先生とお話すると、より一層音楽に精通出来るチャンスがあります。
先生と習う皆さんとの距離感が近いのも夏祭クラシックスの特色なので、
専門家の話を肥やしにして練習したい人には良い機会だと思います。
 

Q3、今年の夏祭クラシックスで、小森先生に期待することはどんなことですか?

やっぱり夏祭期間中の電撃入籍の報告ですかね(笑)

すみません少しハッチャケ過ぎました。
まぁ一番は、お客様含めて全ての関係者が楽しかったと言ってくれる舞台をしっかり作ってくれることと、今年から始まる公募オーケストラの人が夏祭後も小森先生とオーケストラやり続けたいと思っていただけたらなという事ですかね。



ふむふむ。。。(・ω・)

小森先生の指揮は歌いやすいなーと感じていましたが、そういえば小森先生いつも一緒に歌ってくださってる
小森先生と仲良しになる大事なポイントは予習復習飲み会ですね。 
懇親会につきましては、事務局責任を持って設定いたします。
今年は合唱だけでなく、オーケストラもですね
なんだか私ワクワクしてきました今から懇親会が楽しみです(^^)

岡田先生、お忙しい中お答えくださりありがとうございました m(_ _)m


以上、事務局から実行委員長に対して質問形式でのマエストロ紹介でした。


なお、夏祭クラシックスHPにて、小森先生のご経歴など詳しくご紹介しています。
よろしければそちらも合わせてご覧くださいませ。

(メニューの演奏会情報から指導者紹介にお入りください)


レクイエムを歌う合唱団員、「海の男の歌を歌う」男声団員、
およびオーケストラメンバー絶賛募集しています!!
詳細、お申込はこちらへ 【合唱団募集】 【管弦楽団募集】
皆さまのご参加、お待ちしております!

↓クリック支援お願いします。FBのイイネ・ツイート等もお願いします。
合唱・コーラス ブログランキングへ



 

謹賀新年

あけましておめでとうございます。
夏以来の登場になります事務局長でございます。

さて、年も明け、夏祭クラシックス2017もいよいよ本格始動である。
今期は個人的に本業が過酷な状況になっておりまして関係各位にはご迷惑をおかけしておりますが、超優秀な事務局長代理によりましてほぼ通常運転が可能な状態にまできております。(S様ありがとうございます!) 

という事で仕事始めは盛会祈願!お膝元の川崎大師に出張していただいたのだ。
15895291_746128268879507_2796464086580936945_n

初詣の余韻が残る川崎大師。盛会祈願に夏祭カラーのダルマを購入。
このあたりの気配りはさすがである。

17-01-17-18-43-38-950_deco
 ↑ 実行委員会ミーティングにてさっそく目入れをする委員長。

本企画も2014年から4回目を迎え、今年は場所をミューザ川崎シンフォニーホールという大舞台に移し、管弦楽団も公募。まさに市民による手作り感満載のイベントとなります。
ある意味我々の活動の原点に返ったような本企画。
是非一緒に感動を共有していただきたい。皆様のご参加を心よりお待ちしております。

詳細、お申込はこちら。【合唱団募集】 【管弦楽団募集】

Allemenschen@じむきょくちょー

↓クリック支援お願いします。FBのイイネ・ツイート等もお願いします。
合唱・コーラス ブログランキングへ

P.S.
今年は上述したように本業多忙で事務局業務を休業したかったのだが。。。
4年間である程度の定型業務は完成したし、私がいなくても仕事が回るようになってきたのはよい傾向でありましょう。
ということで、Sさん。引き続き次期事務局長目指してガンバッテクダサイ!www

実行委員長より~新年のご挨拶~

新年あけましておめでとうございます。
昨年は皆様方の御支援、御協力の下、素晴らしい演奏会を開催させていただき、ありがとうございました。

今年から3年間に渡り、三大レクイエムにチャレンジ致します。
既案内の通り、フォーレ・レクイエムに挑戦いたします。

2011年に始まって以来、「第九」、「土の歌」と演奏してきましたが、私にとってこのレクイエム企画は、初めて専門であるラテン言語の音楽を教える機会となり、今から4月の練習が待ち遠しいです。

2011年から述べ500〜600人の合唱団員の方と出会いましたが、再会できる事を願ってます。

また、新しい出会いにも期待しています。
出会いは宝です。特に共通な趣味を通して出会う仲間は深い友情で結ばれます。
合唱未経験の方には最初は大変な事もあるかもしれませんが、先生には個別に聞きにくい事も聞きやすく、既存の合唱団と違いギスギスした会ではないので、きっと「音楽楽しいな!」と思って戴けると思います。

三つのレクイエムの中でも一番ゆったりとしていてラテン語に慣れやすいので、レクイエムを歌ってみたい方は、絶賛団員募集中ですのでお申し込みくださいませ。

長くなりましたが、本年も夏祭クラシックスをよろしくお願い致します。

実行委員長 岡田 直樹

https://www.natsusai.jp/


↓クリック支援お願いします。FBのイイネ・ツイート等もお願いします。

合唱・コーラス ブログランキングへ

最新記事
記事検索
夏祭クラシックス

夏祭クラシックスは、クラシックイノベートが立ち上げた夏のクラシック音楽の祭典です!2017年から3年かけて公募合唱公募オケによる3大レクイエムの公演を行う計画。2017年はフォーレ、2018年はモーツァルト、2019年はヴェルディに挑戦します!