夏祭クラシックス

真夏のクラシックイベント、夏祭クラシックスのブログです。 夏祭クラシックス2019は2019/8/17ミューザ川崎シンフォニーホールにてヴェルディ・レクイエムを中心に演奏します。

夏祭クラシックス2019は
ヴェルディ「レクイエム」&ポンキエッリ「エレジア」

日時:2018年8月17日 14:00開演予定
場所:ミューザ川崎シンフォニーホール

ベイコール合唱団練習

ありがとう大倉山記念館1~合唱練習会場の思い出~

前回の記事に書いた通り、先日9月12日の
横浜ベイコール合唱団の練習は、大倉山記念館(おそらく)最終日。


思えばこの2年ほどで何度この坂を登ったことだろう。

大倉山と言うだけあって、練習会場にたどり着くにはハードな坂道を
息切れしながら、登らなければならない。


4e8da88c.jpg途中、素敵なパン屋さんや男子会を行った飲み屋さんの横を通り、また春には季節の訪れを教えてくれる線路沿いの桜を見ながら(残念ながら最近切られてしまったらしい)、ようやく中間地点にたどり着く。


線路沿いの坂から少し左に曲がったところ、
そこがだいたい最初の休憩地点。 息切れが限界の場所。
(体力のある人はもう少し頑張れると思いますが。)
4bf75eb2.jpg


休憩地点で息を整えて、ここから一気に大倉山記念館を目指したいところではあるけれど、ここからの坂がまた更にきつい。でも大倉山公園の木々、植物が少しだけ疲れを癒してくれる。(けれど、しつこいようだけれど坂はきついので、だいたいもう一回くらいは休憩しないと登りきれない。)


13d3f280.jpgもう少し、というところで、これでもかと登りの階段があり、それをようやく登りきると、異空間と錯覚するような古い洋館にたどり着く。
やっと大倉山記念館到着。やったー!
毎回のことながら、達成感は半端なく、夏場はかく汗の量も半端ないが、洋館が素敵過ぎて(一瞬だけ)疲れを忘れる瞬間がある。


19edab20.jpg不思議な洋館の扉を開けると(最初扉を開けるのも少し勇気が必要かも)、独特の空気と香り、またクーラーの効いたビルに入ったのとはまた違ったなんとなくヒンヤリとした感覚がある。木造の階段、中の作りも歴史のある洋館。夜中にここに一人で残されたら、かなりこわいだろうと想像できる。


この大倉山記念館は80年の歴史を誇る横浜市の有形文化財で、
かつて大倉精神文化研究所の本館であったとのこと。
私達が練習室として使わせていただいていた集会室は、
かつては研究室であった場所だそうだ。

f6238744.jpg

今でこそ、古い洋館ではあるけれど、当時の最新設備を備えた建物であったそうで、建物内部も随所に歴史を感じさせる。これほど横浜の歴史がある建物で、横浜ベイコール合唱団の練習ができたのも
何かの必然性があってのことかもしれない。


次回に続く・・・

有望な新人と新しい歌に挑戦「聞こえる」

8月の夏祭クラシックス2015も無事終わり、9月。
9月5日、横浜ベイコール合唱団の活動が再開しました。
遅ればせながらのレポートです。


大イベントの後の横浜ベイコール合唱団の練習には、大イベントの本番が
終わってしまって合唱ロスを抱えたもっともっともっと歌いたいという
新しいメンバーが加わります。
2013年の横浜開港祭ブラスクルーズ、2014年の夏祭の第九の本番後もそうでした。


当たり前のように、月何回か合唱練習で顔を合わせていたメンバーと

急に会えなくなってさみしくなり、急に忙しかった予定に時間ができた
合間に、本番の楽しさと快感を思い出してまた歌いたくなるんですよね。


そんな気持ちで入ってきた新メンバーはやる気満々。
なんと今回は、最年少だったMちゃんよりも若い(笑)
やる気まんまんのメンバーもやってきました。なんと小学生。
もしや、前に事務局長を譜読みができるとうならせたスーパー小学生?
最初から予習ばっちりで、新しい「聞こえる」という歌の音とりで
必死でがんばる大人よりも余裕なご様子。素晴らしい!


今回は「聞こえる」をはじめてやったので、まずは全体を通して
聴いてから、パートごとの音とり練習。アルトのパートが
難しそう~とみんなが聞きながらうなったところ、
オカピ先生「この歌はうち向きだよね。うちのアルトメンバーは安定感あるし」
なるほどですね。アルト頑張って~!


練習は滞りなく続き、合唱練習後は大倉山でたこ焼きパーティ。
スーパー小学生もオカピ先生と事務局長に習い、
たこ焼きの焼き方もマスターされたようで。


dd2fe4e2.jpgそうそう、何度もお世話になった大倉山記念館ですが、来月から練習場所が変わるということで、次週で最後。 しばしのお別れかと。

大倉山のお好み焼きたこ焼きのお店
「ポン吉 大倉山店」は忘れられない
思い出の店なので最後の練習前に行くことに。


たこ合唱で何度も同じ練習会場に通っていると、

こういう思い出のお店ができるところも合唱の楽しいところ。
「新しい練習会場の近くにもいいお店があるといいなぁ。」
(と事務局長はじめ、メンバーは思っているに違いない!)
 

横浜ベイコール団歌「海へ行こう」&歌い出しのコツ

横浜ベイコール合唱団員兼スタッフのツァウベルです(テノール)。


写真は合唱練習風景♪
20140920ベイコレギュラー稽古風景

さて、今回の記事のタイトルについて。
「海へ行こう」はベイコールの団歌です。
作詞作曲は我々ベイコールの合唱指導者、岡田直樹先生!
「横浜」「世界」「未来創造」など力強い歌詞とメロディ。
この曲はアカペラ(伴奏なし)で歌い上げます。


その他にも「瑠璃色の地球」「風」「そのままの君で」・・・。
定期演奏会で息の合ったハーモニーをお届けできるよう稽古中。
ちなみにその日時と場所は
2015年3月14日(土)17:30開場。横浜市開港記念会館 講堂。
各団員の志向やアイデアを生かし、
お客様が最大限楽しんでいただけるイベントにします。
ぜひぜひ、今からご予定を空けておいていただけたらと思います☆


さて、合唱指導を受けて学んだ歌い出しのコツ。
前奏中に息を吐ききり、歌い出す前にしっかり息を吸う
歌い出しは難しい。
リズムに乗り遅れず、なおかつ、感情を込めなければいけません。
なんとなく歌い始めてしまうと、リズムも、感情も台無しになってしまう。
そこで、前奏中から呼吸を意識し、歌い出しに備えるわけです。
歌い慣れた曲も、初めて歌う曲も、心がけたいですね。


次回の合唱練習は10/11(土)。
合唱練習に関するブログ更新はその日以降となる予定です。


横浜ベイコール合唱団員兼スタッフ ツァウベル(テノール)

サプライズとスキルアップ 希望の歌~交響曲第九番・瑠璃色の地球

横浜ベイコール合唱団員兼スタッフのツァウベルです!(テノール)
8/30(土)18:00、合唱団の練習を開催しました。
写真は練習風景です。

ベイコール練習風景@教文140830
♪「希望の歌~交響曲第九番」
今回は一部分をソロもしくは2~3名でリレー形式に歌うチャレンジ。
歌詞1フレーズごとに歌う人を変えていきます。
狙いは聴衆へのサプライズと各団員のスキルアップ
原曲からのアレンジで新鮮さがありますし 少人数で歌うことで各人の責任感が増す効果も。
練習後の団員さんからの感想もありましたが 1曲通して全員で混声4部合唱するだけでなく
こんな歌唱形態もアリなのでは♪

♪「瑠璃色の地球」今回初めて取り組みました♪
この曲でも女声、男声のみで歌う部分など、アレンジにひと工夫アリ。
アルト・テノール・バスだけでなくソプラノも含めて
主旋律以外のハモりがあって臨時符号(#や♭)も頻発。
決して簡単ではありませんが
レパートリーとして近いうちにマスター目指します!
さて今後について


従来通り月2~3回程度の練習を実施していきます。
加えてコンサート運営スタッフを募集しております。
事前の広報や当日の受付などお手伝いいただけたら幸いです。
次回コンサートは2015/3/21(土)、定期演奏会の予定です。


今回新たに団員さん1名が仲間に加わりました♪(ソプラノ)
歌を歌う方も、歌わない方も
横浜ベイコール合唱団で一緒に楽しく活動していきましょう

オペラガラコンサートのオケ合わせ~コンサート本番まであと10日です~

夏祭クラシックスベートーヴェン「第九」&ガラ・コンサートまであと10日となりました。少々焦っているところです。
先日土曜日は、第一部 オペラ・ガラコンサートのオーケストラとの合同練習、オケ合わせでした。


私は第一部の方は練習に出られていないので残念ながら参加しないのですが、オケ合わせだけどんな様子か偵察に( ̄ー ̄)ニヤリッ行って来ましたよ。


ガラ・オケ合わせ

第一部オペラ・ガラコンサートの合唱参加は、横浜ベイコール合唱団&先日募集した第九に参加する方たちの中からの有志(・`ω´・)有志の中の有志ですからね、気合いが半端ありませんヽ(・ε・)人(・ε・)ノ ナカマ


合唱参加する曲は、椿姫乾杯の歌、メリーウィドーワルツ、こうもりシャンパンの歌、の3曲。私は椿姫乾杯の歌の稽古には最初出ていたのですが、イタリア語が追いつかずにかなり苦戦。でも第九の有志の方は合唱キャリアも長い方が多く、結構すぐにマスターされたそうです。すごいっ.。゚+.(・∀・)゚+.゚


ソリスト合唱参加の曲までは、知っていたのですが、実は全部のプログラムを知らなかった(事にこの時気がついた)私。実は、この第一部オペラガラコンサート他にも何曲もソリストが歌う名曲があって、結構贅沢なプログラムになっていたのですね。オペラ・ガラコンサートだけで8曲。皆さん一度は聴いた事がある名曲だと思います。オーケストラ&ソリストさんの美声に聴き惚れて、オケ合わせ偵察のはずの私もすっかりお客さん気分になってしまいました。(↑写真は素敵な美声のソリストさん達です。)


合唱の方も自分が歌う番ではないとなると気楽なもの~。すっかりお客さん気分 (´▽`)♪指揮者の小森先生との返しのやり取りで、短時間でもずいぶん歌の聴こえ方も素敵に変わっていきました。自分のことだとあまりわからないことも、客観的に歌を聴いてみると「あぁ、なるほど。」と思うことも多くて、勉強になりましたね。(第九に続き、「言葉をはっきり」ということを先生は言われていましたが、聴いてるだけの側になってみると確かに相当はっきり言葉を話さないと歌では言葉が流れてしまうのだなというのは感じました。)


あと一回、オペラ・ガラコンサートの練習はあるので、みなさん、がんばってくださーい.。゚+.(・∀・)゚+.゚楽しみにしていまーす。(←すっかりお客さん)


会議

終わってからは、出演者さんは何やら廊下で秘密の会議?素敵な演出があるようで、並び順とかの打ち合わせをしていたようです。演出も楽しみですね。


さて、コンサートまで残り10日。今日からカウントダウン
8月3日(日)ご都合よろしければ、是非ぜひ川崎市教育文化会館へ遊びにいらしてくださいね。
そして私達の乾杯に是非ご参加を


出演者一同、ご来場を心よりお待ちしておりますヾ(´ω`=´ω`)ノ

最新記事
記事検索
夏祭クラシックス

夏祭クラシックスは、クラシックイノベートが立ち上げた夏のクラシック音楽の祭典です!2017年から3年かけて公募合唱公募オケによる3大レクイエムの公演を行う計画。2017年はフォーレ、2018年はモーツァルト、2019年はヴェルディに挑戦します!