夏祭クラシックス

真夏のクラシックイベント、夏祭クラシックスのブログです。 夏祭クラシックス2019は2019/8/17ミューザ川崎シンフォニーホールにてヴェルディ・レクイエムを中心に演奏します。

夏祭クラシックス2019は
ヴェルディ「レクイエム」&ポンキエッリ「エレジア」

日時:2018年8月17日 14:00開演予定
場所:ミューザ川崎シンフォニーホール

モツレク&ばら騎士&デュークエイセス 夏祭クラシックス2018

週末の夏祭稽古(モツレク編)

団員Mです。

いよいよマエストロ練習という事で、マエストロの練習を楽しみにいきましたが、発声を岡田先生がやってくれる嬉しい誤算。
B5241E59-A3AE-49F6-876D-E4012990463F

最初にウォームアップがわりにラジオ体操をやるんですが、岡田先生がサラッとピアノで弾けるという事もさることながら、テノールのHさんの体操解説が場の雰囲気をHOTにしてくれます。

そして発声。
他所のことはたくさんは分かりませんが、岡田先生の発声指導は私が知る限り、日本最高だと思います。まず身体が起きるし、何よりも楽しい!し、上手くなるのを実感でき、体操、マッサージ、発声の一つ一つに意味を感じられるからです。
そして最後に久々の夏祭名物、アトム電車🚃
748C5E61-1693-4E40-BD3A-BBAD669621C4

発声のあと、小森マエストロ練習にバトンタッチし、いきなり全通し!
8E1B3811-810F-48DD-9D25-46E15B3BD0CB

やってみて体力持たないし、やはり得意なものと苦手なものがハッキリした感じでした。
あと、やはり一生懸命になるとなかなか指揮を見るのが難しいもので、そこは必須だなと思いました。
17F95832-6F11-450F-9DA3-C56D31022240

休憩を挟み、井出先生から宣伝があったのですが、私はいつも遠慮されてる感じでしたから寡黙な方だと思ってましたが、すごく喋りが面白く、井出先生の魅力を一つ知ることができました^_^
0D0802F7-EAAA-4288-9743-650C22AF8137

練習後半は返し稽古でしたが、メリスマの女王こと中山先生が久しぶりに来てくださり、メリスマ上達の道は「スタッカートで練習したり、リズムを変えて練習すると良い」らしい…。
小森マエストロと岡田先生の指導、新堂先生のフォローをトータルして聞いて居ると、私たちの合唱は自分たちが思うより狭い空間・世界で歌おうとしているのがわかって、能力ないなりにもっと練習したり、CD聞いて作品のイメージを膨らませたいなと思いました。

伴奏含めて6人の先生たちが私たちを良い雰囲気で引っ張り、藝大の?エキストラさんは私たちを持ち上げつつ良い声を聞かせてくれ、合唱団特有のギスギス感がないのが魅力です。そんな私たちの演奏を観に来てくれたらありがたいです✨

週末の夏祭(オケ練習編)

オケインペクのYです。

普段あまり記事を書いたりすることはなく、裏方で細々やってるのですが演奏会まで1か月を切ったという事で筆を執っております。
今回オケが演奏するのはR.シュトラウス作曲の組曲「ばらの騎士」よりとW.A.モーツァルトのレクイエム(合唱合同)です。
FF04279A-D8CB-48A4-B773-06BD55D95240


インペクがオケについてどうこう言うのも不躾な話でしょう、一言いうなれば「公募オケでここまで纏まれるバンドは珍しい」という事です。
確かに言えることは参加者の全員がこの2曲をこよなく心の底から愛しており、曲や構成など知ってご応募くださってる方がほとんどです。
そしてそれぞれの人生経験やバックグラウンドが重なり合ってこの音が生まれています。
この音は来て聴かないと分からない…!音楽の前に言葉というのは実に無力であるという事を思い知らされるのみです。
0C2D34BF-AF19-44D3-A313-E5E336C750FF

70名弱が生み出す大きな音の渦は、今もなお8/18に向かって大きくなりつつあります。
ひと夏に人生を賭けるシュトラウスとモーツァルト、これは凄いことになりますよ。

An die Musik ミューザ合唱祭出場!

6月24日、ミューザ市民合唱祭に夏祭男声合唱団「An die Musik」が出場しました。
団員の熱唱熱演に大変なご好評を頂きましたが、
応援に来てくださったモツレク合唱団員のMさんのご感想を紹介します^_^

=====

こんばんは
観客席からひとことという事で見て感じたそのままをお伝えします。
6/24   ミューザ川崎市民合唱祭2日め Fブロック

各合唱団の演奏が進む中、
高校吹奏楽部とボランティア部合同での手話コーラス(7人だけど澄んだ歌声、男子の中の1人が超いい声)や
市民オペラ(迫力あるけど、詰め込み過ぎてガチャガチャした感じ)、
アニメソングを中心に歌う合唱団(アニメソングでも演出次第で素敵な楽曲になるんだと感動)の後、
An die Musikの出番です。

グレーの背広で冴えないサラリーマン姿の親父集団が登場。
客席がざわつきました。(何だ?大丈夫か?)

1曲めのフェニックスハネムーンが始まり、ハモり始めると客席は静まり、Fさんの投げキッスで爆笑!(投げキッスが会場に響き渡り、
ビックリしました)
2曲めの終電車のブルース(川崎編)では、団員が歌いながらネクタイを緩め、上着を脱ぎ、酔っ払い親父に変身して歌う姿に大爆笑!
少し前まで居眠りしていた人も、膝を叩いて大笑いしていました。

演出の巧さもあるでしょうが、ハーモニーがしっかりとしていたから、活きてくることだと思いました。
緩やかな階段状の舞台いっぱいに酔っ払う姿も効果的でした。
途中、移動で声が途切れたように感じる場面もありましたが、すぐに盛り返し、最後まで楽しく、会場が盛り上がりました。
久しぶりに大笑いしました。

20180624_06

=====

Mさん、ご来場だけでなくご感想までどうもありがとうございました。

「An die Musik」8月の本番に向けて、ますます演奏に磨きをかけて挑みますので、ぜひミューザに聴きにいらしてください!!

夏祭2018_0818_01



○●○●○●○●○



↓クリック支援お願いします!FBのイイネ・ツイート等もお願いします!!

合唱・コーラス ブログランキングへ


夏祭モツレク チームM

Blog読者の皆様こんにちは!
遅くなりましたが、チームMレポートです。

先にUPされているチームKの内容から
こちらのチーム(チームM)の勝利となったことはご存知かと思いますが

私たちを選んでいただいた時の審査委員Iさんのお言葉は…
「合唱を初めて聞いた子供が合唱っていいなと思う方を選びました!」
です!
チームKのレポートにも書いていただいたように
音量もあったからなのでしょう。

とはいえ、その講評につながった秘策もありました。

36335989_1750514068372395_3246011088315088896_n


岡田先生指導の前に我がチームはミーティングがあったわけなのですが
『途中迷子になってしまってもフレーズの頭だけははっきり歌う(揃える)』
これだけはやろう!と一致団結して臨んだので
きっと「そこは合わせるぞ!」と気合が現れていたのでしょう。
(レクイエムという観点からすると「気合」は見えてはいけないのかもしれませんが)

36364551_1750514101705725_452688260213243904_n

また、ミーティング中のアンケート
「モツレク経験者はどのくらいいますか~?」
に、手を挙げた方が・・・・

約2割!!!

ということは、8割の方は初心者!
(他のモツレク公募団ですと、経験者の方がもうちょっと多いのでは?)

多くの仲間が初心者!ということが判明してからの
「経験者が引っ張る意識」と「初心者が一致団結となり臨む意識」が強固になり
あの本番の歌声となったのでしょう。

36305135_1750514078372394_5762201370685865984_n


これがチームMの勝利の裏話!?でした。

とはいえ、
勝ち負けではなく、
この一体感。
「これぞ夏祭の醍醐味」
という一体感。
「一体感」を強固にするこの練習を設けてくださったこと
感謝感謝です!

最後になりましたが、
チームをまとめてくださったMさん!ありがとうございました♪


○●○●○●○●○



↓クリック支援お願いします!FBのイイネ・ツイート等もお願いします!!

合唱・コーラス ブログランキングへ


夏祭モツレク チームK

夏祭クラシックスのブログをご覧の皆様、こんにちは。
団員のMと申します。
前回のモツレク練習の感想を書いて欲しいとの事で、
今回担当させていただきます。宜しくお願いします。

岡田先生もブログで書かれていましたが、前回の練習ではkyrieを団員を2チームに分けてどちらのチームが上手に歌えてるか演奏会形式で勝負する!というものでした。
616⑥
私のチーム(チームK)は、最初に岡田先生から指導をして頂いた後にチーム内でミーティング。
2B2F2CA2-5E32-48EF-9CA1-AC5C04A99D93
ミーティングではキャプテンのKさんを中心にに指導して頂いたことの確認や意見交換、団員同士でアドバイスをし合ったりして、みんなで良いものにしようという雰囲気が凄くしてました!

ミーティング中、もう片方のチームが歌ってるのが聴こえてきたのも良い刺激になってたのかもしれません!笑

モツレク初心者の私は、テンポに遅れないようにするのにするのに必死で、自分のパートは聞けても他のパートまではなかなか聞く余裕がないという状態でしたが、皆さんの話を聞いていたら、他のパートを聞いた方が合わせられるかも?という気がしてきて、なんとなくkyrieに関する捉え方が変わった気がします。

そしていよいよ相手チームの前で発表。最初よりは良くなってるはず!と思いながら、続いて相手チームの演奏。
6292CDAF-0230-4E2E-9319-CF732AC81D11
客観的に聞くとこんな感じなんだなぁと思いつつ…あれ、うちより音量が大きい⁈なんか迫力があるよ⁈

と若干の焦りが…💦

結果的にはうちのチームは負けてしまいましたが、今回の練習で先生方から教えてもらうだけでなく、団員同士でどうしたら良くなるか考えられましたし、周りを聞いて相手に聞かせるという事をすごく意識しました。

良いものを創り上げるには、やはりひとりだけでは出来ないし、みんなでコミュニケーションを取ることが大事なんだなぁと改めて感じた練習でした♫

それを踏まえて、次回からの練習も頑張りたいと思います!

最後に…岡田先生が夏祭の後に指揮する合唱団のベイコールで前田先生の新曲合唱をやるという話を聞きましたが、それも凄く楽しそう✨

私も参加しようかな?
最新記事
記事検索
夏祭クラシックス

夏祭クラシックスは、クラシックイノベートが立ち上げた夏のクラシック音楽の祭典です!2017年から3年かけて公募合唱公募オケによる3大レクイエムの公演を行う計画。2017年はフォーレ、2018年はモーツァルト、2019年はヴェルディに挑戦します!