夏祭クラシックス

真夏のクラシックイベント、夏祭クラシックスのブログです。 夏祭クラシックス2019は2019/8/17ミューザ川崎シンフォニーホールにてヴェルディ・レクイエムを中心に演奏します。

夏祭クラシックス2019は
ヴェルディ「レクイエム」&ポンキエッリ「エレジア」

日時:2018年8月17日 14:00開演予定
場所:ミューザ川崎シンフォニーホール

男声合唱~海の男の歌~2017ミューザ川崎

男声合唱練習開始!!

みなさまこんにちは

Sさんに「ブログの記事を書いてくれ」と頼まれ、慣れぬ場に初登場のOでございます。

寒い寒いと凍えていた今年の冬ですが、
気が付けばあっという間にお彼岸になり、ずいぶん暖かくなりました。
今朝は今年初めてコートを着ないでゴミ出しに出れたと喜んでいます
(個人的な感想ですみません

さて、ことしもいよいよ夏祭クラシックス2017の開幕です

 

今年の練習開始は男声合唱からということで318日(土)フォーラム戸塚にて始まりました。
初回ということで少し早めに会場に向かいます。
ところが、30分前についたのに、すでに事務局関係者がちらほら
まもなく昨年の団員の皆さん、新しい団員の方々が続々と。
皆さん気合が入ってる 
「やー!久しぶりー!!」ということで開始時間にはほとんどのメンバーが揃いました。
  

 17379989_784731308352536_1947326175_o
夏祭だるまも到着!

 
さて、今年は海の男の歌シーシャンティーということで
岡田先生の指導のもと早速練習開始です。

今日の練習曲はWhat Shall We Do With A Drunken Sailor
朝っぱらから酔っ払いの水夫をどないすんねん!?という、
題名からして長ったらしいい、舌を噛みそうな歌ですが、
この言葉を2小節でうたうという、
おじさんたちには大の苦手の英語の早口言葉で、まずは歌詞を歌うのだけで大仕事です。
歌詞読みから初めて、何回も繰り返してやっとこ半分の練習を完了。
さすが、皆さん!最後のほうでは何とか舌が回るようになったかな?
 

17379975_784731305019203_804233192_o

実は、今年は新しく参加された団員さんに若い人が多く
皆さんさすがに舌の回りもバッチリでおじさんたちは大変助けられたのであります。

  

ということで、一回目の練習は無事終了。

男声合唱はやはり、気分よく歌えます。
まだまだ団員募集しておりますので、皆様是非

 
 

終了後は、事務局関係者で中華で反省会。
17380146_784731275019206_78475287_o

実は小生、戸塚は終電で乗り過ごした時に毎回タクシーの列に並ぶという
つらい思い出しかなくお店をほとんど知らないのですが、
中華はリーズナブルなお値段で味もなかなかでした。
しばらく戸塚での練習が続きますが、そのうち懇親会でもやりたいと思います
もちろん自発的な懇親会も大歓迎です

 

男声合唱の次回練習日は 3月25日(土)18時からフォーラム戸塚 でございます。
見学もまだお受けできますので、
迷っている方はまずは練習を覗きに来てみてください



 夏祭クラシックス2017
男声合唱だけでなく、フォーレ・レクイエムを歌う合唱団員も募集中 
〆切いよいよ今月末に迫ってきました。ご応募まだの方、少しお急ぎください。
  合唱団応募詳細 →合唱団募集】


オーケストラメンバーも追加募集中
    詳しくはこちらへ → 【管弦楽団募集】

 

 

↓クリック支援お願いします!FBのイイネ・ツイート等もお願いします!!
合唱・コーラス ブログランキングへ

シーシャンティーって何?

夏祭クラシックスファンの皆さん、こんばんは。
実行委員長の岡田直樹です。
 
今年はいよいよミューザ川崎での夏祭という事で、
早くも70名を超える応募があり、
改めて演奏会場や演目の変化の重要性を感じています。
 
今年のフォーレ・レクイエムはマエストロ・小森康弘の下、
ミューザ川崎の✨パイプオルガン✨と共演できる貴重な体験になると思います。
また、久しぶりに行ったソリスト・オーディションで見事勝ち抜いた
ソプラノ中山美紀さん、バリトン小仁所良一さんという
若き有望な歌手との共演も一つの魅力であります。

 そして、昨年大好評だった男声合唱を今年もやりますが、
シーシャンティーって何?」という声があったので、
今日は少しだけ説明させていただきます。

シーシャンティーとはイギリスの船乗りたちの労働歌
Sea Shantyの事です。
海の男の活気のある労働歌という感じで、日本の男声合唱団でも
よく扱われる楽曲であります。

そのなかでも、多くの男声合唱団員の歌いたい曲No.1!
『The Drunken Sailor 』(酔いどれ水夫)
世界的に有名なシーシャンティ・船乗りの歌です。
タイトルは『What Shall We Do With a Drunken Sailor?』と表記されます。
水夫(または水兵)たちが帆船の帆を上げるために、ロープを一斉に引く作業で
力を込めるタイミングを合わせるために歌われた労働歌とされています。
 
早口の掛け合いと、「Way hay and up she rises 」(帆を上げろ!)という
掛け声はインパクトありますが、掛け声の中のsheというのが「彼女」ではなく
」を意味するところに、海の男のロマンを感じます。
 
サンプル動画を上げておきます。
この曲(他にもシーシャンティーは4曲)を一緒に歌いたい男子はぜひ応募




こんな早口英語、歌えるのか?というのは、岡田流秘策がありますのでご心配なく
( ̄ー ̄)ニヤリッ


↓クリック支援お願いします。FBのイイネ・ツイート等もお願いします。
合唱・コーラス ブログランキングへ

最新記事
記事検索
夏祭クラシックス

夏祭クラシックスは、クラシックイノベートが立ち上げた夏のクラシック音楽の祭典です!2017年から3年かけて公募合唱公募オケによる3大レクイエムの公演を行う計画。2017年はフォーレ、2018年はモーツァルト、2019年はヴェルディに挑戦します!