夏祭クラシックス

真夏のクラシックイベント、夏祭クラシックスのブログです。 夏祭クラシックス2017は2017/8/12ミューザ川崎シンフォニーホールにてフォーレ「レクイエム」を中心に演奏します。

夏祭クラシックス2017は
フォーレ「レクイエム」&サン=サーンス「交響曲第3番オルガン付」&男声合唱

日時:2017年8月12日 14:00開演予定
場所:ミューザ川崎シンフォニーホール

フォーレク&海の男の歌+サンサーンス♪2017ミューザ川崎

男声合唱ソリスト稽古レポート

はじめまして、男声合唱団 An die musik 福山です。

夏祭クラシックス2017もあと5日となりました。
この週末、土曜日はフォーレ・レクイエム、
日曜日には男声合唱ソリストの個人レッスン、その後男声合唱練習とハードな日々でした。

今回、事務局のご指名で、日曜日の男声合唱ソリスト稽古のレポートを
皆さんにご紹介させていただきます。

【男声合唱ソリスト練】
夏祭クラシックス2017第一部の演目である男声合唱では、
4曲にソロパートがあり、4人の団員がそれぞれの曲のソロパートを歌います。

本日、その4人の団員に対して、岡田先生が個人レッスンをして下さいました。

IMG_3717

ご指導の内容は大きく分けて「発声方法」と「歌唱表現」の2つに大別されます。

まずは発声練習にて、個別に発声指導をしていただきました。
・身体を5度前傾させ、体幹を整えることで息の通り道を確保する。
・水泳のバタフライのように肩を内に寄せることで息の通り道をより整ったものにし、高い声を出しやすくする。
・「あ」と「お」を半々程度に混ぜることで声を出しやすくする。
・低い声を出すときには、胸をリラックスさせて下の方に意識を持っていきつつ、お腹を引っ込めて丹田に力を入れ、押し出すように声を出す。
このように、息がスムーズに体内を循環できる方法をご指導いただきました。

IMG_3715


これにより、強引に声を出そうとして力んだり詰まったり裏返ってたりしていた声が、楽に聴き心地のよいものへと変わっていき、本人も周りも目から鱗でした。

発声練習の後は個別にソロ曲の指導。
故郷を偲ぶ情緒的な曲もあれば軽やかな曲・活気のある曲・皆で大漁を祝う曲など個性に富んでおります。
歌詞の解釈や楽譜の記号などを踏まえ、曲の個性に応じて歌唱表現の指導がなされました。
IMG_3716 IMG_3722


歌の情景を明確にイメージし、それを先ほど習った発声方法にて具現化することで曲の個性にあった歌声になっていきます。

ソロパートは秒数にすれば短いですが、曲の完成度や合唱パートの出来に大きな影響を与えるため、一箇所一箇所、丹念に精度を高めていく必要があります。

今回のソリスト練は、舞台でのソロ経験が少ない私達にとって、本番までにどういう準備が必要なのか、その一端を具体的に学べた貴重な機会でありました。

本日学んだことを来週の本番で発揮したいと思います





○●○●○●○●○

福山さん、ご寄稿ありがとうございました。

サンサーンスやフォーレも良いけれど、
夏祭クラシックスの目玉は男声合唱かもしれない!と個人的に思っております。
今年の男声合唱団 An die musik ~海の男の歌~ 是非聞きにいらしてください!!



○●○●○●○●○

チケット、好評販売中~!前売り券がお得です!
チケットぴあ「夏祭クラシックス2017」



○●○●○●○●○

そして、2018年のソリストオーディションは8/16,17 応募締切は明日8/8まで!!

夏祭クラシックス2018 ソリストオーディション



○●○●○●○●○



クリック支援お願いします!  FBのいいね・リツイート等もお願いします!!

いつも暖かいご支援どうもありがとうございます!
何と!!夏祭クラシックス 
ランキング2位にまで来ました!!
目指せ 1位?!
 
本番ま
あと5日! 本番満席も目指しています。どうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m
       ↓

嬉しい話♪

皆さま、こんにちは(^^)
夏祭クラシックス実行委員会事務局でございます。


ばたばたと日々過ごしておりまして、ブログ更新がまた空いてしまいました。

毎週末本番チラシの挟み込みに出掛けていた7月も終わり、
目下、8月12日の本番向けて、事務局と本番スタッフは準備の真っ最中。

昨年までの会場からミューザに変わって、勝手の違うところもあり、
またミューザだから整い、やりやすいところもあり、
たくさんの方に助けていただきながら、演奏会の成功に向けて頑張っております。


そんななか、今日は嬉しい連絡が


電話は東京新聞社様から。

「8/12の演奏会の紹介を、8/7の川崎版紙面に掲載させてほしい」とのこと。


実はこういうお話、2度目なんですが
(一度目は6月末、神奈川新聞社様からいただきました)
「記事にしてください」と売り込んでも、なかなか、
紙面の都合もあり取り上げていただくのは簡単ではないというのに
新聞社様のほうから、ぜひというお申し出。こんなに嬉しいことはありません。

夏祭クラシックス4年目にして、
少しは世の中に浸透してきたのかな?少しは知名度上がったのかな?
と、感慨深く、
これもまた、今年の団員の皆さまと、これまでの参加者の皆さまと、
夏祭クラシックスを応援してくださるたくさんのお客様のおかげと感謝いたしております。
m(_ _)m


川崎地区の方、8/7の東京新聞を手に取る機会がございましたら、
ぜひ「夏祭クラシックス2017」の紹介記事、探してみてください


本番まで、あと約1週間。
合唱団員も、オーケストラ団員も、
最後の練習を明日行い、また本番前日にはG.P.を予定し
本番で最高の演奏が出来るよう頑張っています。

だから、ひとりでも多くの方に私たちの演奏を聴きに来ていただきたい

8/12(土)、お時間の都合がつきましたら、
ぜひミューザ川崎シンフォニーホールへお越しくださいませ。

18217002_1335822773165272_1779246398_n (1)


皆様のご来場を心よりお待ち申し上げております。






○●○●○●○●○

チケット、好評販売中~!前売り券がお得です!
チケットぴあ「夏祭クラシックス2017」



○●○●○●○●○

そして、2018年のソリストオーディションは8/16,17 応募締切は8/8です!

夏祭クラシックス2018 ソリストオーディション



○●○●○●○●○



クリック支援お願いします!  FBのいいね・リツイート等もお願いします!!

いつも暖かいご支援どうもありがとうございます!
本番まで
あと1週間!よろしくお願いいたしますm(_ _)m
       ↓







ソリスト紹介♪

こんにちは。
実行委員長の岡田直樹です。

夏祭クラシックスまであと22日となりました。
今年は多くの参加者に恵まれ、あとは多くのお客様に恵まれるのみ…となりました。

今日は夏祭の魅力の一つでもありますソリストについてご紹介をしたいと思います。

夏祭クラシックスのソリスト選定はご存知の方も多いですが、
パネルで審査員と演奏者を仕切り、審査員はパートと演奏順しか演奏者情報を知らないまま審査を行います。

なので、やっぱりな…という方が受かる事もあれば、「え?!誰?」という方が受かり、世間で有名な方が沢山落ちる時もあるのが特長です。

今年のソプラノ・中山美紀さん(東京芸大・大学院卒)はオラトリオ界では有名らしいですが、
私もマエストロも情報に疎いせいか全く知らなかったんです。
7Lyy__DY

声の特徴はオラトリオのエキスパートらしく癖のない声で、円型のミューザ川崎に適した多方面に響き渡る柔らかい声です。

オーディション後に、一度私と一緒に仕事をして分かったことは、基本はやんわりとした性格で、とても協力的な方。
先日、私が2011年にこのプロジェクトを始めた時にピアノで来てくれてた谷本先生と結婚し、夫婦揃って音楽に熱く、人に気遣いのできる音楽人として邁進されるんじゃないかな?と思います。

そして、バリトンの小仁所良一さん(国立音大・桐朋音大研究科卒)とも面識はなく、オーディション時に私どもが歌唱指示を出した事に修正能力の高かった彼を合格者にしました。
konisyo

声の特徴はリリカルで正統派な真っ直ぐな声です。

それを裏付けるかのように、彼については周りの友人の方が口を揃えて
「いい奴ですよ」と言うので、きっと愛される男なんだなと思います。

またオーディション合格者の場合、現場のみの付き合いになる事が多いですが、私のソロ・リサイタルの際に挨拶兼ねて来てくれるところも、
「礼を尽くす」という、音楽家に必要な要素を持ってるなと感じました。

まぁそんな二人が小森マエストロのタクトでどんな演奏をしてくれるか?!

要注目です!




○●○●○●○●○

チケット、好評販売中~!
チケットぴあ「夏祭クラシックス2017」



○●○●○●○●○

そして、2018年のソリストオーディションは8/16,17 応募受付中!!

夏祭クラシックス2018 ソリストオーディション



○●○●○●○●○



クリック支援お願いします!  FBのいいね・リツイート等もお願いします!!

いつも暖かいご支援どうもありがとうございます!
本番まであと少し!よろしくお願いいたしますm(_ _)m

       ↓



本番の後、どうします?

皆さま、こんにちは(^^)
夏祭クラシックス2017実行委員会事務局です

明日から7月。
まだまだ先と思っていた本番がいよいよ近づいてきた気がするのは
事務局の私だけでしょうか?
目下、幹事を立てて、本番後の打上げの準備中。
どうぞ、皆さまご参加くださいね


さて、今日は特に合唱団員の皆さまに向けたご紹介の記事など~~
(後半は歌うのが好きなオケ団員の皆さまにも

先日合唱団員の皆さまには、岡田先生からの
「夏祭サテライト特別講座」の動画をメールでご案内しましたが
もうご覧になられましたでしょうか?

新堂先生のご指導の下、順調に音取りが進み、
皆さんが良く歌われていることは録音で聴いているけれど
フォーレ・レクイエムは、何より綺麗な声(発声)が大切であり、
それをまだ皆さんに自分が指導できていない💦💦と心配され、
7/8に出来るかもしれない指揮者練習の前に、合唱団員に
発声の大切なポイントをお伝えしたい、と急きょ動画を作ってくださいました。

公開を禁じられていますので、ここに動画のリンクは載せられませんが、
合唱団員の皆さま方にはお届けしたメールからぜひともご覧いただき、
次回の練習まで少しでも自主練習していただければと思います。
(お約束のような?母音→ボイン誤表記も必見?! この間違い二度目ですが、意図されているんでしょうか??それとも潜在的?? 笑)


さてさて、
そんなお茶目な間違いをされる岡田先生がご指導されている
合唱団についてもご紹介を

練習会場で団員募集チラシを配布しましたが、「横浜ベイコール」という合唱団です。

横浜ベイコールは、岡田先生の指導を受けたいメンバーが集まり
2012年9月に結団。
初回練習は4人からスタートし、練習を重ねるたびに増減を繰り返し、
2017年3月の第4回定期演奏会は15名の団員で開催しました。
(所属はもう少しいるのですけど💦)

かくいう私も、団員(それも初回の4人のひとり)ですが、
「音楽に自由とエンタメを忘れない」を合言葉に、
団員が自由に意見を言いやすく、またそれが通りやすい合唱団と思います。

そして、今年が結団5周年ということで、これまで育んできた
エンタメが出来る合唱団としての魅力は忘れず、、、、
でも、ちゃんと歌うということも忘れずに活動していこう!
吉良山団長を中心に来年3月の定期演奏会開催を目標としています。

その目標たる第5回定期演奏会は以下の計画。

《第5回横浜ベイコール定期演奏会》

 第一部 広瀬量平:海鳥の歌(オロロン島、エトリピカなど)
 第二部 アンサンブルコーナー(合唱団員の中から選抜で)
 第三部 酒の歌メドレー(お洒落なバー風、立ち飲み風、居酒屋風など、視覚的にも楽しめる舞台を創って歌います)
 ※第二部と第三部の曲目はこれから決めます♪

「海鳥の歌」をご存知の方は多いはず。
IMG_3165
全曲は知らなくても、エトピリカなどは学校の合唱祭などでも
よく歌われるので、聴いたことある方は多いでしょう。


良い曲ですよね~。ちょっと難しそうだけど、歌い甲斐のある曲だと思います。
けれど、横浜べイコール、
現在の活動団員数ではこの「海鳥の歌」を歌うには少々人数不足。。。
せっかくの記念すべき5周年の年、
もっとたくさんの方と一緒に演奏出来たらいいなと思っているのですが。。。

今、皆さまが頑張っていらっしゃる夏祭クラシックスは本番まで後一か月半。
本番が終わると所属の合唱団の活動に戻られる方もいるでしょう。
他の公募への参加を考えられている方もいらっしゃると思いますが、
そんな本番後の活動の選択肢のひとつに、夏祭を束ねている
岡田先生前田先生の指導を9月からも継続して受けられる
「横浜ベイコール」
を加えていただけると幸いです。

全パート絶賛募集中~!(特にアルト、男声)

練習は夏祭同様、原則土曜の18~21時、月2回
(音取り中心の練習序盤は月3回位、本番間近は月4回の時も)
場所は横浜市内施設にて(大倉山記念館、フォーラム戸塚が多いです)
参加費は月謝4000円(楽譜代、演奏会費用は別途)

ベイコールは岡田先生から個人的な指導を受けられるチャンスがあり、
前田先生にも隔週で会えるという一度で二度オイシイ合唱団 笑

私たちと一緒に歌ってもいいな、「海鳥の歌」歌ってみたいなと思う方は、
ベイコール事務局、またはお近くの団員にお声掛けくださいね

夏祭クラシックス合唱団員ではない方も、オーケストラ団員の方でも、
歌いたい方はどなたも歓迎です!!


(お問い合わせ先)
横浜ベイコール事務局
ソプラノ:吉良山、アルト:木内
http://classic-innovate.com/


定演に向けた練習開始は夏祭が終わってから。
見学も出来ますので、どうぞお気軽に~~。




○●○●○●○●○

チケット、好評販売中!
チケットぴあ「夏祭クラシックス2017」


○●○●○●○●○

そして、2018年のソリストオーディションについてHPで発表!!応募受付中!!

夏祭クラシックス2018 ソリストオーディション



○●○●○●○●○



クリック支援お願いします!  FBのいいね・リツイート等もお願いします!!

  更新がちょっと開くとランキングが激落ち
  夏祭どこにいるの~?と探してしまいました
  更新頑張りますので、
  ご支援よろしくお願いしますm(_ _)m
       ↓



インペク、今年のオケを語る

こんにちは夏祭クラシックス事務局です。
今回はオーケストラ担当のYが初めて書きます。

今日は小森マエストロ率いるオーケストラチームの様子を書いていきます
(ブログ初?)


合唱はフォーレのRequiemで盛り上がっておりますが
オーケ
ストラのメインプログラムであるサン=サーンスの交響曲第3番ハ短調「オルガン付き」もなかなかいい曲ですよ。

この曲は題名の通りパイプオルガンを使うだけではなくピアノもきちんと
見せ場がある名曲、
普段合唱指導でお世話になってる前田先生
バリバリオーケストラ
を引っ張ってご出演いただきます。

そんな「オルガン付き」、
実はオーケストラのレパートリーの中でも結構な難易度にもかかわらず
公募で集まったオーケストラの奏者の皆さんはガッツのある演奏
聴かせてくれてます。




5/12の練習の様子なのですがなかなか迫力のある演奏、
ここから本番までどう進化するのでしょうか。とても楽しみです。

マエストロの小森さんのご指導は毎回楽しく、所々ジョークを交えながら
初めて集まった仲間同士の
緊張をひとつひとつ丁寧にほぐして束ねる合奏は
ずっと聴いていた
くなります。

6月3日はオーケストラチームのご指導ののち、小森さん直々に
合唱チームの視察(!?)に乗り込みました。

合唱チームは騒然
めったにお目にかかれない指揮者の先生が目の前にいるんですから
小森マエストロ「フォーレのRequiemを通します!」と堂々の宣言、
合唱チームに自然と心地よい緊張感が走ります。
先ほどまで合唱チームを指導していた新堂先生もソリストとして加わり
とても良い刺激になっていました。


そして6月10日は打楽器もようやく入り練習も本格化、
初夏の暑さを吹き飛ばすかのようなサン=サーンスが響き渡りました。

練習後の小森さんはというと「焼肉!」と意気揚々。
このカルビはワーグナー、この塩タンはヴェルディ」など
音楽家ならではの感性が食にも表れている音楽家っぷり。
(
小森さんは特別肉好きで有名です)

19073204_1364215757000550_870935179_o
 ( ↑ マエストロ小森とドン岡田 )

オーケストラも合唱も、フォーレやサン=サーンスといった「作品」というフィルターを通して過去と現在、そして人と人をつなぐ芸術であるのだと、
この夏祭クラシックスを通
じて再認識することができます。
音を重ねるごとに成長するようなオーケストラだなと、リハーサルを端のほうで聴いていて感じました。

そんな小森マエストロ率いるオーケストラチームも60名になりましたが、
ヴァイオリンをまだまだ募集しております。
このブログを読んでみて参加してみたい!と思ったそこのあなた、
是非一緒に演奏しましょう小森さんと一緒に肉食べましょう
応募は下記URLからアクセスできます、皆様のご応募お待ちしております。

ヴァイオリンを追加募集継続中
 詳しくはこちらへ → 【管弦楽団募集】


○●○●○●○●○

チケット、好評販売中!
チケットぴあ「夏祭クラシックス2017」


○●○●○●○●○

そして、2018年のソリストオーディションについてHPで発表!!

夏祭クラシックス2018 ソリストオーディション



○●○●○●○●○



クリック支援お願いします!  FBのいいね・リツイート等もお願いします!!

     皆さまのクリック支援で順位2を継続中
   どうもありがとうございます。
     引き続きの ご支援よろしくお願いしますm(_ _)m
       ↓

最新記事
記事検索
What's BayProject

演奏会企画集団:クラシックイノベートと合唱団横浜ベイコールのアカウントです/オーケストラと合唱をメインとした夏祭クラシックスを中心に、様々なイベントを企画しています/お気軽に絡んでくださいませ!共演希望や持ち込み企画なども大歓迎/ボランティアスタッフも随時募集中/横浜ベイコールは約20名のアットホームな合唱団/月2回横浜川崎地区で練習中。


友だち追加

Twitter