夏祭クラシックス2018実行委員長岡田です。

夏祭まであと3日。
EBC172B4-E34F-466B-93CE-62933725A437

オケメンバーもぼちぼち揃い始めた11日。
薔薇の騎士組曲の練習から。

R.Straussの代表作と見なされているばかりか、ドイツ圏の主要歌劇場や音楽祭において最も重要なレパートリーの一つに数えられる大作。それだけに、飽きない組曲でありますが、同時に難易度高い組曲でもあります。
お盆を挟みますが、私は今年のメンバーがきっと素晴らしい演奏してくれると信じてます。

8F255A82-D487-4D69-881A-BEBBD8583A74

モツレク合わせでは、激しい競争率を勝ち残ったソリストたちも揃い、いよいよ本番モード。

7DFFA92B-EED4-4AD7-8C88-8C9982409424

審査時に総合的なアンサンブルバランスを考えて選ばれた4人だけに、4重唱がとても美しい。

然し乍ら…モーツァルト・レクイエムと薔薇の騎士組曲という事で、事務書類を観ていると、モツ、バラ、モツ、バラ…とまるで肉屋のオーダー表みたいな書類になっている。本番間際まで指導陣をディスってるのかと突っ込みたくなる(笑)

----------
12日の日曜日は男声合唱の練習。
58560015-D9D7-41AA-86C4-580671364D8E

ソリストがこんなんになっちゃった〜!
なんてね(笑)

詳細知りたい方は、遅刻せずにホールにお越しいただければ分かります!
だから…遅刻せずに来てください!

今回の夏祭クラシックスは1500名のお客様がご来場予定で、自由席で満席となる基準は1600名らしいので、リアルに満席になる。そんな中で緊張の一番手を担うのが男声合唱。

ま、指揮者(私)に似て、メンタル強めなんで全く心配はしていないが、意外と本人たちは「リードオフマン」にならなければと、個々練習しているようである。
A795299D-B11C-4312-AC1B-09D71BA2DB7A

歌はもちろん、歌わない所にもソロがあり、自前でグッズを揃えたり…。

一番前座っぽい扱いですが、これを観たくて来るお客様もかなり多いので、是非遅刻しないで観ていただきたい。

お盆休みの間にセッション練習しているオケパートもある話を聞き、最後までお客様1500人に向けて一生懸命取り組んでくれている姿に敬意を表したいと思います。

出演者・スタッフ総勢300人、皆さんのご来場をお待ちしてますので、応援よろしくお願いします!