第九合唱団員インタビュー3人目。テノールが続きますが、ベイコールのお父さんITジージさんです。


まずITジージさんの自己紹介はこちらの記事で。


最初に第九を歌うことになったきっかけは何ですか?
去年の6月に横浜開港祭でブラスクルーズの第九を歌ったのが初めての経験です。
昔から一度第九を歌ってみたいと思っていたのですが、なかなか機会がなくて。たまたま、初心者でもOKという募集記事をネットで見つけて応募したのがきっかけです。 それから約半年の練習で何とか6月に第九を歌って病みつきになりました。


第九を歌う楽しさ、魅力は何だと思いますか?
本番で、歌い終わった時の高揚感、達成感、あーーなんとか登り切ったぞー!というような気持ちで病みつきになります。練習で最初はぎごちなかった歌声が、本番が近づくとだんだんまとまってきて、ハーモーニーの中にいるととてもいい気持ちになります。 マラソンランナーのランナーズハイみたいなものかもしれません。


第九を歌うのは夏祭クラシックスで何回目ですか?
また、何度も歌っていらっしゃる方は、何度も挑戦するおもしろさを教えてください。

今現在は3月9日にティアラこうとうで開催される「ブロッサムフィルと第九を歌う会」の練習中。これも入れると夏祭クラシックスで3回目になります。初めての時は、よくわからず一生懸命ついていくだけでしたが、2回めの練習では、「あっここはこういうイメージななのか」とか「ここはこんなふうに歌うんだ」とかいろいろまた、あたらしい発見があります。何回練習してもなかなかうまくは歌えませんが、毎回の練習が初回より更に楽しくなった気がします。


夏祭クラシックス2014では8月の本番に向け、今、第九団員募集中です。これから参加しようかなという方へ宣伝やメッセージをお願いします。
ベイコールはとても楽しいメンバーが揃っています。初対面のみなさんでも練習を重ねるうちには、だんだんと仲間意識が芽生えて、最後に本番を歌いきったあとには、やったーという一体感が体中を満たしてくれます。夏の暑い時の第九もきっととてもいい思い出になると思います、みなさんの参加を是非お待ちしています。


以上、ITジージさんのインタビューでした。
ITジージさんは、なんと今回夏祭クラシックスに奥様とご夫婦でのご参加。ご夫婦で歌えるなんて素敵ですね。夏祭クラシックス第九合唱団は、ご夫婦で、親子で、のご参加も大歓迎です。


3月9日の「ブロッサムフィルと第九を歌う会」には、ITジージさんのほかにも横浜ベイコール団長、他数名団員仲間が参加するようです。素敵な本番になりますように。
せっかくなので、コンサートの詳細を下記しておきますね。
ご興味のある方は足を運んでみてください。

========================================

ブロッサム・フィルハーモニック オーケストラ
「第8回定期演奏会 ~東日本大震災復興祈念~」


日時:2014年3月9日(日)13:15開場/14:00開演
場所:ティアラこうとう 大ホール
入場料:一般4000円


♪指揮 西谷亮
♪ソリスト:大橋絵里(ソプラノ)、堀万里絵(アルト)
三浦義孝(テノール)、古澤利人(バス)
合唱: ブロッサムフィルと第九を歌う会
合唱指揮: 古澤利人
曲目: ベートーベン交響曲第9番ニ短調作品125「合唱つき」


詳細:http://www.blossom-music.co.jp/schedule/concert.html
=========================================