クリスマスコンサートの一日
前回の続き~、ここからいよいよ本番です。


ステージの声出しが終わって、楽屋で喉を潤した後、
いよいよ本番。舞台袖に待機してドキドキしながら
時間を待ちます。(この時間が一番緊張。)


ベルが鳴っていよいよ開演。袖から舞台に出る時に、
オカピ先生が「リラックスしてね~(*・ω・)ノ」と声をかけて
送り出してくださいましたが、おそらくこの時は一番緊張
していて(; ̄Д ̄)顔がこわばっていたかと思われます(笑)。

クリスマスコンサート本番1

一曲目、「Ave Maria」でしたが、緊張しすぎて正直、 あまり覚えていません。とにかく必死だったかな。
ほんと祈るような気持ちだった気がします。

一曲目を歌い終えて少しほっとした後の団長挨拶で
団長が「歌って楽しいんだよ♪」って言った時、 団長挨拶あぁそうだよ、そうだよ、
楽しまなくちゃねって思いつつも、
まだまだ緊張していて、気持ちも体も
ちょっと固まっていた私。
緊張でうわぁと思った時はちらちら
横目で団員仲間の顔を確認してちょっと
安心してました。一人じゃないぞと。


割とリラックスして歌えたのは
三曲目以降くらいからだったかなぁ。
と慣れてきた頃に、あっという間に一部が終了。


予想以上に緊張して、ちょっと出し切れなかった感が
あったけど、泣いても笑っても本番は一回っきり。


あとは第三部はふっきってやるしかないと(`・ω・´)♪


楽屋に戻った時に、他の団員が、
「一番前に座っている子供さんが、こちらがにこやかに
歌うと嬉しそうにしていて、コワい顔してると
つまらなそうにしているんだよねー。」と言うのを聞いて、
「あーっ、私コワい顔前半たぶんしてた。ごめんねぇ。」
とちょっと反省。


第三部はソロオオカミもあるし、
とにかく楽しくやるぞと決めました。
何度も舞台を踏んでいる団員さんは客席に知り合いを
見つける余裕もあり、全然緊張しなかったみたいです。
楽屋で聞いてさすがっと思いました。


初心者は緊張によわい~~~(((( ;゚д゚)))Σ(=゚ω゚=;)
場数を踏めば私も堂々と出られるようになるかなぁ~。


楽屋へ戻って、一息入れて、
第三部のお話はまた次回に続きで~。