こんにちは。フロイデです。前回の続きです。


めずらしくやる気になった僕ですが、言葉が先か、
音を先にするか考えました。


その時、『俺とお前はね論』が思い浮かびます。これは何かと言うと、
僕にRock 'n' rollのかっこよさと、素晴らしさを教えてくれた
HOUND DOGのボーカル、大友康平氏のあるコメントから来ています。


HOUND DOGは20数年前、ff(フォルテシモ)や、AMBITIOUSなどを
ヒットさせ、武道館15日間連続コンサートなど次々と記録を
塗り替えながら全国を回っていました。


フロイデ少年も高校生のとき小遣いでチケット買って
武道館に友達と行きました。雨の降るバレンタインデーでしたけど(笑)。


その大友康平が、映画に初主演するということで、
オールナイトニッポンに特番で出ました。大友康平が、愚痴りました。


『だいたいよぉ、事務所の社長が勝手にきめたからよぉ(汗)、
仕方なくやってるけどよ。幼稚園のお遊戯会から芝居なんてやってねぇんだよ。
だいたいよぉ、セリフなんて覚えられねぇんだよ(汗)(汗)。 ♪俺とお前はね♪とかメロディーがねえとよ。ガハハ』


はい。長くなりましたが、これです。歌なんだから、
メロディーがあって当然なんです。どっちが先か、ではなく、
両方同時に覚えていくのが一番いいというか、早いと思います。


特に知らない外国語なんだから。ということで、家で休みの日に
歌いました。通勤中も聞き始めました。でも、不安はありました。
仲間がほしい。そう思いました。


さあ、ふろいでに仲間はできるのでしょうか。


それは、次回の講釈で。


フロイデ。