12月14日のクリスマスコンサートで歌うクリスマスソングの中に
「★ママがサンタにキッスした★」という歌があります。


その歌詞の中で、
「早く寝ないとサンタはやってこないよと~」
って歌詞があるのですが、みなさんの子供の頃のクリスマスはいかがでしたか?


わたしの家は小学校3~4年くらいまではサンタが来ていたような記憶があります。
姉はおそらくわたしよりは、早めに気がついていたのでしょうけれど、
ぼんやりした性格のわたしは怪しむこともなく、


(✪∞✪)「クリスマスプレゼント何頼もうかなぁ。おじいちゃんと
おばあちゃんには●●を買ってもらって、お父さんとお母さんには
●●を買ってもらうから、サンタさんには、●●を頼もう!」


という欲の塊のちびっこでした(笑)。
(早く両親はサンタの正体を明かしたかったでしょうね。)
結局1月生まれの私は、両親と祖父母からのプレゼントは、
誕生日とあわせて 大きいプレゼントをもらうことにだいたいなるんですけれど。


おそらく、11月くらいから両親がクリスマスプレゼントに
何が欲しいか、何気に探りをいれていたのでしょうけれど、
お手紙は前日に書いていた記憶があります。


また、それがっっ、サンタは万能だと思っていたので、
「おりがみ全種類」「ゲームウォッチ全種類」
(世代がばれますなー。)とひどいお願いの仕方で。
いやいやサンタさん、全種類ってずいぶん困ったでしょうね。


私がサンタなら「そんな欲深な子なら何もあげないっ(`□´)!
って言いたくなりますが。


あと他にもサンタさんを困らせたエピソードはあって、
幼稚園の頃、「どうしてもサンタの正体を暴くんだ!」と言って、
朝4時頃まで頑張って正座して起きていたそうです。


「早く寝ないとサンタはやってこないよ。」とは言われなかったんですかね。
その年、サンタは来たかって?来てましたよ。
クリスマスプレゼントを枕元にはおけなかったので、
仕方なく郵便受けに(笑)いやいや困ったお子様だったようです。


家庭によって、それぞれサンタ文化は違いますよね!!
家によっては、1ヶ月前からサンタさんに手紙を書いたり、中には、
サンタのふりをした親戚のおじさんに電話をしてもらってまでの
演出をする家もあるそう。


今は私の友人たちはお母さんの立場で子供にどうサンタの
演出をしようか、いつ正体をばらそうか、あれやこれや
考えている最中みたい。


自分が子供時代のサンタさん、今自分がやってるサンタさん、
色んなサンタさんがいると思います。


そんなことをあれこれ思いながら、会場の皆さんと
一緒に歌えたら、より楽しい歌かもしれませんね♪(o^∇^o)ノ♪


世のサンタさんたち、これから子供たちのプレゼント
希望調査から手配まで、大変ですね。がんばってくださーい。