今日も合唱スタッフパンダです。


私の合唱パートは、ソプラノです♪ヾ(=^▽^=)ノ
高い音なら割と出る方だと思っています。と言うか、昔から高い声しか出ません。
学生の時の合唱コンクールから、ずっとソプラノパートでアルトを歌ったことが
いまだかつてありません。普段の声も高めでキンキンしている方でして。


音楽の授業や合唱コンクールで、えらいはりきって声を出していたものの、
周囲の並びのクラスメイトに声が大きすぎて、うるさいからセーブしろと
言われたことがあり、それから単独で歌う音楽のテスト以外では
なんとなく控えめに歌うようになってしまい、合唱コンクールは
心からあまり楽しめなかった気がします(´Д⊂)。・゚・(ノД`)
なんだか歌い足りないと、消化不良を起こしていた感じがいつもありました。


でも今は、思い切って出しすぎても、うるさがられることもなく、私の声量じゃ
むしろ足りないくらいなので、思い切って歌えて、とっても気持ちがよいです。
思い切って歌いすぎて、時々自信満々に間違えますがねぇ・・・。( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽ


ずーっとソプラノの私は、たまにアルトさんに憧れます。
もともとアルトの声の方って、落ち着いて見えて、かっこいいじゃないですか。
私は常にキンキン、キャーキャーしているので、もっと落ち着いて かっこいい女性になりたいなと思うこともあるのです。
(え、声のせいじゃないの?それって。)歳を重ねてくると、
特にアルトさんのかっこよさがほしくなる。練習しようかな。


でもアルトさんに聞くと、なかにはソプラノの高い声に憧れると
言う方もいたりして・・・。ないものねだりなのかな、お互い。


第九もソプラノで歌ったので、そのうちアルトも歌えるようになったら、
楽しいかもなと思います。ソプラノ、アルト両使いできたらかっこいいなぁぁ。


でも、ソプラノってどの歌も主旋律がほとんどで、メロディは
一番簡単ったら簡単なところばかり歌わせてもらっているので、


ちょっと主旋律から外れただけで、挙動不審になっている私には
まだまだアルトへの道は険しそうです(; ̄Д ̄)
(テノールさんは、もう異次元ですな。)


クリスマスコンサート、自信をもって(もちろん間違えずに!)
思い切って歌えるようにソプラノがんばりますっ!