こんにちは。昨日エリズィウムから紹介されましたフロイデです。
テノール担当しています。
今日は、昨日のドイツ語ネームについてお話します。


実はこのドイツ語ネーム、最初は僕がフロイデと名乗ったとこから始まりました。
ある日第九の懇親会があって、自己紹介することになりました。順番は後のほうだったので、
どうやったらインパクトがあるか≒どうやったら覚えてもらえるかを考えていました。


で、自分の番がやってきました。とっさに
「どうも、フロイデです」
と言った、言ってしまったのです。みんな優しい人達でして、結構笑ってくれました。
帰りに早速フロイデと呼んでくれる人もいたし、Face Bookで友達承認依頼が結構きたりと、予想以上の効果? でした。


ちなみに、去年初心者同士で第九を経験した盟友を、僕の自己紹介中に
「アーレメンシェン」と名づけたのも僕です。その後、自分で名乗りだす者もいて、
いい意味で何でも言い合える関係になって、結構楽しくやってます。
合唱始めてから、友達が増えました。


さあ、あなたも合唱一緒にやりませんか?
歌が好き、カラオケ好き、なんて人も大歓迎です。
みんな最初は初心者です。

さあ、次回は第九の歌詞についてとしますか。
それでは、次回の講釈で。

Freude