夏祭クラシックス

真夏のクラシックイベント、夏祭クラシックスのブログです。 夏祭クラシックス2017は2017/8/12ミューザ川崎シンフォニーホールにてフォーレ「レクイエム」を中心に演奏します。

夏祭クラシックス2017は
フォーレ「レクイエム」&サン=サーンス「交響曲第3番オルガン付」&男声合唱

日時:2017年8月12日 14:00開演予定
場所:ミューザ川崎シンフォニーホール

チケット販売中 !!

皆さま、こんにちは(^^)
夏祭クラシックス実行委員会です。

前回の記事でも少し書きましたが、6/1にチケットが発売開始となりまして、
先週の練習で、団員の皆さまには販売ご協力のお願いをさせていただきました。

requiem


さてさて、チケットですが、お買い求め方法は4通りあります。

① 団員から買う
② ミューザ川崎のチケットセンターで買う
③ チケットぴあ・プレイガイド・コンビニで買う🍀
④ 当日会場で買う
💦

一番のお勧めはやはり①の団員から、でしょうか。
オーケストラの方でも合唱の方でも大丈夫です。
お友達、お知り合いに団員がいましたらぜひお声掛けくださいませ。


「知り合いに団員いないのよ」という方、
「いるけど、なかなか会う機会なくて~」という方は②と③がお勧め
「ミューザまで買いに行くのは大変💦」という方は、でしょうか。
いずれも写真に写っているチケットではなくなりますが、確実にお買い求めいただける方法です。
Pコードは331615ですので、よろしくお願いいたします。


「当日にならなきゃ、行けるかどうかわからない」という方は④になりますね。。。
でも、④はあまりお勧め出来ません。
座席数には限りがあり、①②③の販売でもしも完売してしまったら
④の当日券の販売はありません。(やるからには前売り完売を目指します!!)
また、前売りとなる①②③は入場料2000円ですが、④の当日券は2500円。。。

どうしても、の場合は仕方ありませんが、ぜひご都合調整されて
前売りでお買い求めいただくのが、事務局からのお勧めでございます。


今年は会場が音響素晴らしい、ミューザ川崎シンフォニーホール
ミューザ川崎専属オルガニストの近藤岳さんをお招きし、
オーディションで選ばれたソリストの中山美紀さん小仁所良一さんとともに迎える本番、
オケも、合唱も、マエストロの小森先生から期待の声をいただいており、
男声合唱も積極的な自主練習まで励んで本番を目指しています。
ぜひ多くの皆さまにお越しいただき、
我々とともに音楽の祭典「夏祭クラシックス」を盛り上げていただきたい!!


8月12日(土)14時開演「夏祭クラシックス2017」ぜひ聴きにいらしてください。

皆さまのご来場を心よりお待ち申し上げます。



○●○●○●○●○

チケット、こちらでも買えまーす!
チケットぴあ「夏祭クラシックス2017」


○●○●○●○●○


クリック支援お願いします!  FBのいいね・リツイート等もお願いします!!

     皆さまのクリック支援で順位2を継続中~~
   どうもありがとうございます。
     引き続きの ご支援よろしくお願いしますm(_ _)m
       ↓

新堂先生の演奏会♪ご案内

皆さま、こんにちは!
夏祭クラシックス実行委員会です

本番のチケットの一般販売が始まって、お問い合わせのお電話を頂いたりしています。
夏祭クラシックスも今年で4年目。
ミューザ川崎に会場が移って注目度が少しは上がったのかしら?
 
 
さてさて、今日も演奏会のお知らせです。
今回は合唱団の指導をしてくださっている新堂先生ご出演のコンサートです!

o0480068013927629895


・6月9日(金)
L'incontro casuale ガラコンサート
於:葛飾シンフォニーヒルズ アイリスホール
(京成線「青砥」駅下車 徒歩5分)
午後6時半開演(6時開場)
全席自由:3000円

o0480068013927629903

新堂先生が東京藝術大学を卒業する際に同級生と
L'incontro casuale(イタリア語で”邂逅”という意味)という団体を作られ
モーツァルト《コシ・ファン・トゥッテ》を上演されたそうですが、 
その公演から5年の月日を経て、当時のメンバーに新たな仲間を加え、
ガラ・コンサートとして再演の運びとなったそうです
 
「それぞれが大学院やオペラ研修所だけでなく
様々な機会や分野にわたり研鑽を積んで進化した姿を
皆さまにお届けしたい!」と仰られています。
 
当日のプログラムは、モーツァルトからプッチーニまで、
多岐に渡り”オペラの美味しいところどり
演目もさることながら
新堂先生はじめ若々しいメンバーでのコンサート。
素敵な金曜の夜をお過ごしいただけそうです

若干ですがまだチケットのご用意が出来るとのこと。
6/3の合唱練習の時にお持ちくださるそうですので、
お求めになりたい方は新堂先生にお声掛けくださいませ~~
(数枚お預かりをしていますので、オケの方は事務方のSまでお声掛け下さい






クリック支援お願いします!  FBのいいね・リツイート等もお願いします!!

     皆さまのクリック支援で順位2に復活いたしました。
   どうもありがとうございます。
    引き続きの ご支援よろしくお願いしますm(_ _)m
       ↓













男声練習早くも7回目!

さて、久々の登場ですが、男声担当のOでございます。
男声合唱の練習、今回は「横浜市指定文化財」という
何とも仰々しい肩書のついた「
大倉山記念館」での練習です。

2017052802


大倉山記念館は昭和7年の建造

http://o-kurayama.com/
夕暮れ時の洋館はなかなかの趣があり、私は横浜ベイコールの練習などで
何回も通った懐かしの会場ですが、男声練習は今回初めてかな??
ということで(ご存知の方はご存知でしょうが)東横線大倉山の駅からの
胸突き八丁の急坂を、息を切らしながら(途中で一度休憩して)
何とか登ってまいりました。


男声合唱の練習も、気が付けば早くも7回目、
今年は海の男の歌―
シーシャンティ
早口言葉の「What shall we do with the drunken sailor」から始まった練習も
ついに終曲の「Blow the man down」
これを仕上げれば(仕上がるか)シーシャンティー5曲の音取完了です

とはいうものの、最初のほうでやった曲を覚えているかどうか、
私ははなはだ自信がないのですが 


ともかく、発声練習もそこそこに、前回練習した「A-Roving」をサラッと
おさらいして、「Blow the man down」の練習に入ります。
そういえば、今回は夏祭恒例のマメミンモーがなかったような?
ともかく、バスまたはバリトンソロから始まってソロとコーラスの掛け合いが
特徴のこの曲、ソロの希望者は?との岡田先生の問いかけに、
何とトップテナーのFさんが手をあげました
すでにソロパートの譜読みも準備万端のようでーーー
低音部分も含めて万全でした

2017052801


今回のシーシャンティーは、
初参加にもかかわらずバリトンパートを引っ張ってもらい
LowlandsのソロまでバッチリのAさん、
A-Rovingで色っぽいテノールソロを聞かせてくれるDさん、
毎回英語の発音指導をしてくれる現役学生のWさんなどなど、
私たちアラ還→アラ古希軍団は、若者パワーに助けられっぱなしです。


そんなこんなで、「Blow the man down」の音取も無事(何とか?)終了。
次回はいよいよ「斎太郎節」
やっと日本語の歌が歌える、と胸をなでおろしておりますが、
バスバリトンの低声部は「
エンヤーオット、エンヤーオット」の
リズム特訓が待っております


終了後は、久しぶりの大倉山で串カツ
串カツ

ミニ懇親会で盛り上がりました




クリック支援お願いします!  FBのいいね・リツイート等もお願いします!!

     ちょっと更新空いたらランキングがガタッと落ちてしまいました(T_T)
     ご支援よろしくお願いしますm(_ _)m
       ↓

印刷中〜!

皆さま、こんにちは😊
夏祭クラシックス2017実行委員会 事務局です。

合唱団、オーケストラ共に、練習の回を重ねつつありますが、
我々事務局も本番に向けて準備を進めています。

その第一弾を今日は皆さまにご報告!!

18217002_1335822773165272_1779246398_n (1)

ジャジャーン!!
本番宣伝用フライヤーです!!

今回のメイン演目、フォーレ・レクイエムのイメージを考えて
選んだデザイン、如何でしょうか?

先週原稿校了し、現在チラシ印刷中。
来週末には事務局局員の自宅にどどーんと届く予定。

フライヤーは川崎市内各公共施設、横浜市内の団体等への配架・配布をはじめ
演奏会パンフレット等への挟み込みなど広報宣伝に使っていきます。
合唱団、オーケストラの皆様にも練習会場でお配りいたしますので、
ご友人お知り合いの方々へのご案内に使っていただければと思います。

フライヤーのデザインを元に目下チケットも製作中!
こちらは6月1日販売開始を目指して準備中です。
もうしばらくお待ちくださいね。

演奏会情報の詳細はHPにてご案内しています

演奏会情報

どうぞよろしくお願いいたします。


○●○●○●○●○

合唱団応募、今ならまだ間に合います!
特にアルト!大歓迎です!!
(他パートもお受けしています)
申込み前の見学も受付中~ 
  合唱団応募詳細 →合唱団募集】


オケ奏者は弦楽器(1stVn、2ndVn、Vla、Vc)追加募集継続中
 詳しくはこちらへ → 【管弦楽団募集】


クリック支援お願いします!  FBのいいね・リツイート等もお願いします!!

 



 

U Boj って?

唐突ですが、皆さまは「UBOJ」をご存じでしょうか?

昨年の夏祭クラシックスにご参加、もしくは公演にご来場くださった方は
ご存知と思いますが、多くの方は知らないと思います。
 
-----
  
ウ・ボイ、ウ・ボイ(クロアチア語: U boj, u boj、日本語訳: 戦へ、戦へ)はクロアチアの愛国歌。イヴァン・ザイツによって1866年に作曲された。作詞はフラーニョ・マルコヴィッチ。
10年後に「ウ・ボイ」は1876年にザイツが作曲した歌劇・『ニコラ・シュビッチ・ズリンスキ』に取り入れられて、混声合唱に編曲され、終曲として歌われる。
なお、「ウ・ボイ」を直訳すれば確かに「戦いへ」だが
歌劇を観劇する限り、これは「突撃!」と解釈すべきである。
 
-----
 
上記はウィキペディアの引用ですが、これだけではよくわからないですよね。
そう、U Bojはウ・ボイと読む、クロアチア語の歌詞の勇ましい曲です。
とりあえず言葉で説明するより、一聴していただくほうが早い!ので
動画を紹介しますね。
まずは、日本でUBOJと言えば!の関西学院グリークラブの音源から。
  

思わず行進したくなるような。男声合唱ってやっぱりカッコいいわ~!

これを昨年は、合唱団の皆さまには客席でお客様に紛れて座っていただき、
サプライズのモブスタイルの演出で演奏に加わっていただいたのですが、
それが大変な好評をいただきまして、今年もぜひ!!というわけです。
ここで、本当なら昨年の動画をお見せしたい!・・・のですけど、
諸般の事情(単に編集作業が出来ていないだけ)のため出すこと叶わず(>_<)
代わりに女声も入ったものをご紹介しておきますね。
 

(何故この動画を選んだ?と実行委員長に問われそう

昨年参加された皆様へ
斬新な演出が得意な岡田直樹率いる夏祭クラシックス、
同じ曲を同じ演出ではいたしません!!
(会場の客席配置の都合も大きいのですけれど~(^^;))
今年は今年の演出を、思い切り楽しんでいただきたいと思っております。

初めての方へ
馴染みの薄いクロアチア語ですが、カタカナの読み方表を楽譜と一緒にお渡ししますので、ご心配なく


なお、演出に際しまして、合唱団の皆さまへは多少のご協力のお願いをさせていただきます。
何卒ご理解の上ご協力賜りますようお願い申し上げます m(_ _)m


詳細は明日の合唱練習にて



次回の夏祭クラシックス2017 合唱練習
5月6日(土)18:00~20:45
川崎市国際交流センター(東急線元住吉駅下車)です。

UBOJの楽譜は当日会場にてお渡しします。
大地讃頌とレクイエムの楽譜もお持ちください。
練習録音を事務局で録っておりますが、それぞれ個人で録音されても結構です。

GW真っ只中ですが、ご参加よろしくお願いします。
 

○●○●○●○●○

合唱団応募、今ならまだ間に合います!
特にアルト!大歓迎です!!
(他パートもお受けしています)
申込み前の見学も受付中~ 
  合唱団応募詳細 →合唱団募集】


オケ団員も追加募集継続中~~
特にVn!!(1st,2ndともに)
Va、Vc、Obも!!
他管楽器も若干空きがありますので、よろしければお問い合わせください
 詳しくはこちらへ → 【管弦楽団募集】


クリック支援お願いします!(目指せ1位!)FBのイイネ・ツイート等もお願いします!!
合唱・コーラス ブログランキングへ


P.S.
それでもって、実は今年、本番会場のある川崎市とクロアチアのリエカ市が
姉妹都市提携を締結して40周年だそうです。
\(^o^)/メデタイ

何か、上手いことタイアップできないかしら?
練習会場として使わせていただいている国際交流センターではこんな企画もあるようですよ。

「クロアチア・オーストリア10日間の旅」

 
あらら、募集期限過ぎちゃっていますね。残念~~


 



 
最新記事
記事検索
What's BayProject

演奏会企画集団:クラシックイノベートと合唱団横浜ベイコールのアカウントです/オーケストラと合唱をメインとした夏祭クラシックスを中心に、様々なイベントを企画しています/お気軽に絡んでくださいませ!共演希望や持ち込み企画なども大歓迎/ボランティアスタッフも随時募集中/横浜ベイコールは約20名のアットホームな合唱団/月2回横浜川崎地区で練習中。


友だち追加

Twitter