夏祭クラシックス

真夏のクラシックイベント、夏祭クラシックスのブログです。 夏祭クラシックス2017は2017/8/12ミューザ川崎シンフォニーホールにてフォーレ「レクイエム」を中心に演奏します。

夏祭クラシックス2017は
フォーレ「レクイエム」&サン=サーンス「交響曲第3番オルガン付」&男声合唱

日時:2017年8月12日 14:00開演予定
場所:ミューザ川崎シンフォニーホール

《演奏会情報》岡田先生のリサイタル♪

みなさま、こんにちは(^^)
夏祭クラシックス2017事務局です。
練習レポも飽きてきたので、今日はひとつ素敵なお知らせを~

男声合唱の指揮と指導をされ、合唱団の指導もされ、
何より夏祭クラシックス2017実行委員長でいらっしゃる岡田直樹先生
ソロリサイタルを開かれることになりました。
°˖☆◝(^▿^)◜☆˖°°˖☆◝(^▿^)◜☆˖°°˖☆◝(^▿^)◜☆˖°

17862405_10212361277046299_6317236549340125735_n


岡田先生の得意とされるトスティ歌曲を中心に、後半は近代オペラアリア
大変聴きごたえのある演目を予定されています。
合唱指導のなかで歌われることはあっても、岡田先生の本気の歌はやはり演奏会でないと聴けません
この日は夏祭の練習もありませんし、ぜひ皆さまに足を運んでいただければと思います。

日時:5月27日(土)19時開演
場所:鶴見区民センターサルビア音楽ホールにて
曲目:
  〜トスティ歌曲より〜
  Addio(さようなら)
  Il pescatore canta(漁夫は歌う)
  Tormento(苦しみ)
  Tristezza(悲しみ) 他
  〜近代オペラ〜
  ポンキエッリ
  オペラ〈ジョコンダ〉より"空と海"
  チレア
  オペラ〈アルルの女〉より"ありふれた話"
  ジョルダーノ
  オペラ〈アンドレア・シェニエ〉より
  "五月の晴れた日のように" 他

入場料:3000円

チケットのお申込みは下記問合せでも結構ですし、練習の時岡田先生に直接でも大丈夫(これが一番喜んでいただける)ですし、
事務局の澤もお預かりしておりますので、どうぞお気軽にお声掛けください(*^-^*)

〈お問い合わせ〉
080-3304-2512(岡田)
http://www.okada-music-produce.jp/


リサイタルでは夏祭クラシックスのマドンナ 前田先生 がピアノ伴奏をされます。
これだけの曲をすべておひとりで演奏される前田先生への応援もぜひ当日客席で

よろしくお願いいたします


○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○


レクイエム合唱団員、特にアルト、もう少し増えると良いなぁと思っています。
(他パートもまだまだ募集中!)
合唱団は申込み前の見学もお受けしています。
よろしければ、ぜひ!!
     合唱団応募詳細 →合唱団募集】


オーケストラメンバーは
弦楽器(ヴァイオリン、ビオラ、チェロ)を追加募集継続中
     詳しくはこちらへ → 
【管弦楽団募集】

 

クリック支援お願いします!(目指せ1位!)FBのイイネ・ツイート等もお願いします!!
合唱・コーラス ブログランキングへ

 

4/22 フォーレレクイエム2回目

みなさまこんにちは。
復帰早々ブログ当番が回ってきました事務局長です。
長らく多忙で夏祭業務は代理にお任せしており、ご迷惑をおかけしました。
が、すでに代理とは言えない仕事ぶりに終始脱帽である。。。

さて、この日はフォーレもオケ練習も2回目。
初回の発会式には都合で参上できなかったので掛け持ちで皆様にご挨拶。
さっそくオケの視察、もといご挨拶にテアトルフォンテまで向かう。
聞いたこともない駅名に戸惑ったが人生3度目くらいの相鉄の旅である。

会場入りすると開始前ということで連絡事項の共有等がなされていた。せっかくなので舞台で皆様に一言ご挨拶をさせていただき、しばし見学。
DSC_0031

過去の記事でも触れているように、楽器によって人数にバラツキはあるもののとても上手い。
安心して聞いていられるしこれが公募なのか!?と見紛う程なのである。
オケの皆さま本番まで頑張ってください。

夜は合唱練習ということで、オケ練習をバックレて元住吉へと戻る。
疲れが出たのか爆睡している間に着いてしまった。。。

国際交流センターは開場が開始間際となり、バタバタの受付設営であったが関係各位のご協力でなんとか練習が開始できた。

そして、この日の指導は昨年に引き続き新堂先生である。
チャラ男に見えて意外と真面目な青年で、団員からの人望も厚い。初回にしておばさまお姉さま方を味方につけているあたりはさすがであろう(笑)
18090826_10212480020934822_1217785779_o
見学していた団員さんも続々と参加申込をしていただきありがたい限りである。

団員の満足度も非常に高いので是非、売上貢献団員のモチベーションとレベルアップをよろしくお願いします。

Allemenschen@じむきょくちょー

↓クリック支援お願いします。FBのイイネ・ツイート等もお願いします。
合唱・コーラス ブログランキングへ

P.S.
この日の寄り道は、地元でありながら普段あまり縁のないブレーメン通りの奥側。
蒲田の羽根つき餃子専門店!?のようだ。
ニイハオ 恵馨閣 元住吉店
https://tabelog.com/kanagawa/A1405/A140504/14065477/
17-04-25-20-19-44-092_deco
全身に染み渡るビール。そしてパリッパリの餃子。
餡はあっさり目で皮はモチモチ。至福である。
本ブログにもよく登場するSさん、留守中の代理業務お疲れ様でした。
翌日本番だというのに慰労会にお越しいただき感謝感謝。
ということで、本番までまた頑張ってくださいwww

オケも、合唱も、初練習!



IMG_1429
 
桜満開の4月8日(土)、夏祭クラシックス2017本番に向けて、
オーケストラも合唱も練習が始まりました!!
少し日が経ってしまいましたが、初回練習を事務局目線で追ってみます。

まずはわたくしSが、オーケストラ初回練習から。
 
□■□■□■□■□

4/8、午後1時から、フォーラム戸塚にてオーケストラ練習開始。
夏祭クラシックス初の公募オケ。
少し早めに会場入りして団員さんたちをお迎えして、と思っていましたが、
午前中の中原市民館での印刷任務が予定をおして、さらに電車遅延も重なって
集合3分前のぎりぎり到着💦💦
ホール入り口前にはすでにたくさんの楽器を持った方々。
焦りまくりながら会場を開け、まもなくマエストロの小森先生と実行委員長の岡田先生が現れ、
わらわらと会場設営から始まりました。

実はわたくし、事務局オケ担当をやっておりながら、
オーケストラの経験はおろか、楽器まったく演奏出来ません💦💦
なので、しょっぱなから団員の皆さまの後ろで右往左往。
何をどうしたら良いかわからぬうちに、椅子が並び、譜面台が並び、奏者の皆さまが着席し、
結団式が始まりました。
岡田実行委員長から挨拶など~
IMG_1434

その後マエストロに変わり、フォーレ・レクイエムから練習開始。
17796823_1840400149510865_6329767130184369135_n
 
途中、わたくしはこの後の合唱練習で配る配布物の準備作業があり
中座したので演奏は最初のほうしか聴いていられなかったのですが、
今日が初顔合わせ?と思うくらい音色が美しく、
これで全パートしっかり奏者が揃い練習を重ねたら、きっと本番は素晴らしい演奏となるに違いない!
と、ど素人のわたくしが言うのもですが、
小森先生も岡田先生も同じような感想を仰っていたので間違いないと思います。

練習時間終了間際に、オーケストラのインスペクターを務めてくださる吉川さんが
仕事先から急ぎ到着。
団員の皆さまにご挨拶をしてまもなくオケ練習初回が終わりました。

そして、設営の時と同様、オケの皆さま片付けも素早い!
あっという間に会場の椅子配置が元通りになり、無事片付け終了。

IMG_1430
 
 
気が付けばもう17時。
次は18時からのフォーレ・レクイエムの合唱練習。
わたくしは事務局のOさん、受付スタッフの皆さまが待つ中原市民館に急ぎ向かいました。
 
(ここで文章をOさんにばとんたっち(^^♪)
 
 
さて、フォーレ・レクイエム合唱練習、いよいよ開始です!
会場は、夏祭おなじみの川崎市中原市民館。準備のため早めに武蔵小杉の駅へ到着。
久しぶりの中原市民館ですが、やはりここが夏祭クラシックスのホームグラウンド、
なんとなく落ち着きます。
30分前に会場につくと、何ともう開場を待っている団員の方々が。
皆さん気合が入ってる。急いで受付の準備をして開場すると続々とみなさん集合。
6時前には席がほとんど埋まるくらいです。
例年になく会場が狭く感じるくらいでうれしい限りです。
IMG_1438

さて、早々に結団式を終えて恒例の団員交流、
継続参加の方も多いせいか、そちこちで「やあお久しぶり」など和気藹藹です。
夏祭恒例の宗教儀式(?)マメミンモー体操も無事完了して、早速練習が始まりました。

初日はまずアンコールの大地讃頌から、さすがに大地讃頌4回目ともなると初日からバッチリでした。
そのあと、岡田先生のラテン語発音の講義
(第九はドイツ語が大変でしたが今回はラテン語!!--ラテン語の発音にもイタリア式とドイツ式があるそうで、今回は当然イタリア式です)。
ラテン語はドイツ語ほど難しくないような気がするのは私だけか?ほとんどローマ字読みだしね。
そのあと、リベラメのさわりの部分を練習して初回練習は終了。
リベラメのユニゾンのところは本当にカッコいい!気持ちよく歌えました。
団員の皆さんの熱気に圧倒された初回練習でした。
 
□■□■□■□■□
 
と、いう感じでオケも合唱も、無事練習開始できました。
本業多忙で休業している事務局長もそろそろ復帰の予定。。。
8/12の本番にむけて、事務局もやっと通常営業?
皆さまが素晴らしい本番を迎えられますよう 
全力で頑張っていきますので、どうぞよろしくお願いします。
m( _ _ )m 
  
 
次のオーケストラ練習は4/22(土)13時から泉区民センターテアトルフォンテにて 
  
次のフォーレ・レクイエム合唱練習は、あれれ、またオケと同日
4/22(土)18時から川崎市国際交流センターにて 

参加の皆さまよろしくお願いいたします。


男声合唱も頑張っています!
o0480036013914883236

こちら、テノール若干追加募集中!!
シーシャンティをミューザ川崎で歌うまたとないチャンス!
いかがですか?
 
  
レクイエム合唱団員、もう、あと若干名募集です。
合唱団は申込み前の見学もお受けしています。
よろしければ、ぜひ!!
     合唱団応募詳細 →合唱団募集】


オーケストラメンバーは
弦楽器(ヴァイオリン、ビオラ、チェロ)の追加募集継続中
     詳しくはこちらへ → 
【管弦楽団募集】

 

 

↓クリック支援お願いします!FBのイイネ・ツイート等もお願いします!!
合唱・コーラス ブログランキングへ

小森先生からのメッセージ!!

皆さま、こんにちは
、咲きましたね!
4月になって、もうすぐ夏祭クラシックス2017合唱練習とオーケストラ練習が始まります!
それで、まもなく!!のここにきて、一つ、気になることが・・・
 

夏祭クラシックスの「夏祭」皆さまどうお読みになられます?

普通に読めばそうなるのだろう、とは思うのですが、
だいたい半分くらいの方が「なつまつり」と読んでくださいます。

でもね、実は、これ、「なつさい」なんです。
ほら、URLやメアドとか  natsusai となっているでしょう?
 
(*^_^*)

どうぞ「なつさいくらしっくす」とお読みくださいますよう、
よろしくお願いいたします。


さて、今日はマエストロの小森先生からお預かりしたメッセージをお届けします。
夏祭クラシックス2017の演目について、団員の皆さまと、
8月の本番を今から楽しみにしてくださっているお客様に向けて、したためてくださいました。
ぜひお読みくださいませ。



○●○●○●○●○
 

 
夏祭クラシック2017ではフォーレのレクイエムを取り上げるに当たり、
また会場がミューザ川崎シンフォニーホールという素晴らしい会場で、
なおかつ大オルガンのあるコンサートホールということで、
カップリングをサン=サーンスの交響曲第3番《オルガン付》にすることにした。
 我ながら妙なる組み合わせだと思っている(笑)。

サン=サーンスとフォーレはほぼ同時代に活躍し(サン=サーンスの方が10歳年長)、
師弟関係でもあった。
また二人の共通項として、作曲家でありオルガニスト(二人ともパリのマドレーヌ寺院のオルガニストを務めた)、
そして二人とも名教師として数々の弟子を育てたことも共通している。

しかしながら二人の作風は全く違っているのが興味深い。
サン=サーンスは古典推進派を頑(かたくな)に守り、
一方のフォーレは穏健な作風を示しながらも調性の可能性を広げ、
複雑な転調や近代フランス和声への橋渡しとなるような新しい風を吹かせている。

そんな二人の作品を一つの演奏会で聞くことができるということは大変興味深いことである。
交響曲にオルガン(ピアノ連弾も加わる)を取り入れるという斬新なことを行いながら、
あくまでも古典的で明快な作風のサン=サーンス。
レクイエムという宗教音楽の括りにありながら、複雑な転調や洒落た和声で色彩感のある作風に仕上げたフォーレ。
二つの作品の共通性と差異を、演奏者も観客も味わいながら楽しんでいただけたら幸いである。
 
そして二つの作品の架け橋となるのが「オルガン」。
両作品で全く異なる位置付けのオルガンだが、このミューザ川崎のオルガンを知り尽くした近藤岳さんがどのように描き分けてくれるのか、
そちらも大変楽しみである。


○●○●○●○●○


小森先生、ご寄稿くださりどうもありがとうございました。

さて、いよいよ、4月8日、練習開始!!
オーケストラの皆さま、合唱団の皆さま、
夏祭クラシックス2017実行委員一同、
皆さまとお会いできるのを楽しみにしております。



p.s.

練習開始に向けて準備繁忙の4/1、Oさんからとあるブツ(オケ団員配布用名札)を受け取るべく
男声合唱練習会場に潜入しましたら、なんと!新堂先生がいらっしゃいました。

17040101

あぁ、そうだった。岡田先生お仕事のため新堂先生が代行の回でした。 
タイミングよく始まった新堂先生による発声練習。
こっそり参加させていただきましたが、
昨年の夏祭クラシックス本番日以来で大変楽しく発声練習させていただきました。
その後、事務局任務の傍ら、男声練習を見学。

17040102

ピアノ弾きつつご指導の新堂先生もかっこいいけど、男声陣が歌うシーシャンティもカッコいい
本番がすごく楽しみです

それにしても岡田先生といい、新堂先生といい、個性的な発声練習はもはや夏祭クラシックスの定番

新堂先生へ
新堂先生の発声練習も岡田先生に負けず劣らずのユニークさだと思います
(^^)




合唱団への応募、まだ間に合います!!
     合唱団応募詳細 →合唱団募集】


オーケストラメンバーは
弦楽器(ヴァイオリン、ビオラ、チェロ)の追加募集継続中
     詳しくはこちらへ → 
【管弦楽団募集】

 

 

↓クリック支援お願いします!FBのイイネ・ツイート等もお願いします!!
合唱・コーラス ブログランキングへ

男声合唱2回目~なんと早くも!!!

みなさまこんにちは 事務局男声合唱担当のOでございます。
はやくも男声合唱、2回目の練習です

今回も前回と同じフォーラム戸塚で練習開始。
まずは、夏祭恒例の「マメミンモー体操」から。
今回は、新しく今日から参加の団員さんが1名、さらに見学の方が1名。
団員も増えてきて心強い限りです。
ところが、今回はテノールの出席率が悪く、トップテナーが一人という厳しい状況に
その分テナーは岡田先生の個人指導を受けられるという特典がありましたが(^-^)

さて、前回やった「酔っ払い水夫」歌の続きからです。
相変わらず英語の早口言葉におじさまたちは苦戦しておりますが、
何と今日から参加の新人団員が、昨年厳しい?ドイツ語指導をして頂いた?アキラ先輩の後輩であることが判明 
今年はアキラ先輩がいないので英語は大丈夫かなーと心配していた団員たちはホット胸をなでおろしたのであります。
早速「Sailor」発音はーーーと厳しい いやいや ありがたい指導をしてもらいました。
ありがとうございます。これで今年も一安心です

さらに、今回は早くもピアニストの前田先生が応援に駆けつけてくれました。
IMG_1096

おじ様たちはにこにこ(^O^)。岡田先生もにこにこ(^O^)
セカンドテナーの面々は前田先生に音取特訓までしてもらえるという特典
今日はテナーが少なくてよかったなぞとホクホクでございました。

IMG_1102

少しですが録音も。

練習録音 ①
練習録音 ②
 
そんなこんなで、「酔っ払い水夫」を何とか通しで歌えるところまでこぎつけました。
めでたしめでたし
 


練習終えて、先生方と事務局でご飯を~とお店に入れば、何と男声合唱メンバー二人と遭遇。
すでに自発的な懇親会が始まっておりました

お店からは応援プレート

o0480064113898478779

『合唱団最高!!!』



男声合唱三回目の練習は、4月1日(土)フォーラム戸塚です。
次回はイケメン新堂先生の登場です。ご期待ください!


○●○●○●○●○


いよいよ合唱団員募集の締め切り3/31が迫ってきました。
参加を希望される方は、お申込みをお急ぎくださいね

・夏祭クラシックスの合唱って、どんな感じなんだろう?
・初心者だけど、練習についていけるかしら?
・楽譜が読めないけど、歌えるだろうか?
そんな不安をお持ちの方は4/8の初回練習にぜひ見学に来てみてください

・練習に出られない日が何日かある。大丈夫だろうか?
・仕事を終えてからだと、練習開始時間に間に合わない時がある。
そんなご心配はどうぞ事務局にご相談ください。
 
 
「この会に参加して良かった」 
夏祭クラシックス2017をそんな人生の思い出の1ページに出来たらいいなと思っています。
皆さまのご参加を心よりお待ちしております。


合唱団応募詳細 →合唱団募集】


オーケストラメンバーも追加募集中
詳しくはこちらへ → 【管弦楽団募集】

 

 

↓クリック支援お願いします!FBのイイネ・ツイート等もお願いします!!
合唱・コーラス ブログランキングへ


最新記事
記事検索
What's BayProject

演奏会企画集団:クラシックイノベートと合唱団横浜ベイコールのアカウントです/オーケストラと合唱をメインとした夏祭クラシックスを中心に、様々なイベントを企画しています/お気軽に絡んでくださいませ!共演希望や持ち込み企画なども大歓迎/ボランティアスタッフも随時募集中/横浜ベイコールは約20名のアットホームな合唱団/月2回横浜川崎地区で練習中。


友だち追加

Twitter